ブログ

V-Ray 5 for 3ds Max 2022対応版ダウンロード開始

V-Ray 5 for 3ds Max 2022対応版ダウンロード開始

Chaos社は V-Ray 5 for 3dsMax, Update 1.1 の「3ds Max 2022」対応バージョン(迅速対応版)をリリース致しました。Chaosのアカウントからダウンロードいただけます。

なお、3ds Max 2022対応バージョンには現在以下の既知の問題があります。今後のアップデートで修正される予定です。:

  • VRayVolumeGridのGPUプレビューが機能しません
  • VRayマテリアルのビューポート表示が機能しません
  • V-Rayマテリアルライブラリのサムネイルウィンドウが不安定です

また、3ds Max 2022よりAutodesk アプリケーションパッケージに対応し、プラグインはデフォルトで
C:\ProgramData\Autodesk\ApplicationPlugins\VRay3dsMax2022 にインストールされます。

なおChaosは十分なリクエストがある場合に、V-Ray Next for Max 2022を後日提供する可能性がある事を認めています。

V-Ray 5 for 3dsMaxの製品案内はこちらへ

関連記事

ページ上部へ戻る