ブログ

ForestPack 7 ベータ更新(7.0.4)

ForestPack 7 ベータ更新(7.0.4)

ItooSoftwareは ForestPack 7 ベータを更新しました(7.0.4b)

 

リリースノート

Forest Pack Pro 7.0.4b

* ライブラリブラウザ->Settingsに新しいオプションを追加(両方のオプションはデフォルトで有効になっています。):
* “Add maps to 3DS Max texture paths”(3dsMaxのテクスチャパスを追加)を有効にすると、ForestPackは全てののライブラリパスと「maps」フォルダを再帰的にスキャンしして、それらを3DSMaxユーザーのパスに追加します。 (これは、forestpack.iniで定義されているオプション「collectTexturePaths」と同じです)
* “Exclude Network paths”(ネットワークパスを除外)を有効にすると、ネットワークパスはマップのスキャンプロセスから除外されます。
* マテリアル->Saturation(彩度)はイメージの明るさを保持する様にアルゴリズムを改良し、カラーコレクションプラグインと同じ出力になります。
* Material Optimizer->”Apply Forest Color”にTranslucency mapオプションを追加
* Geometry->Normalize/Randomize 操作のUIパフォーマンスを改良
* アイテムを選択し”Library Browser->Import Billboards”でクラッシュする問題を修正
* 以前のバージョンと互換性を保つ為にV-Rayで”Object ID”の挙動を変更:
* IDがゼロより大きい場合、ForestオブジェクトのIDが使用されます。そうでない場合は、ソースジオメトリのIDが使用されます
* ForestオブジェクトでV-Rayの選択マスクが機能しない問題を修正
* ライブラリブラウザでカタログの変更を保存する場合に「いいえ」をクリックしたときの動作を修正しました(以前のカタログコンテンツが復元されます)。
* Qtスタイルを3DSMaxのスタイルとのマッチングする様に改善しました。

Forest Pack Pro 7.0.3b

* ForestListerはフォントサイズに合わせて適切に調整されます
* General->Settingsにフォントセレクタを追加。 このフォントはForestのカスタムダイアログ (Library Browser, Effects, etc.)でのみ有効です。
* ジオメトリリストで複数のアイテムを追加または更新するUIのレスポンスが向上しました。
* Distribution->Particle Flow でTyFlowをサポート
* これを使用するには、TyFlowオブジェクトで”Interfaces->Enable Particle Interace”をオンにする必要があります。
* X/Yアスペクト比が異なるジオメトリを使用した場合にコリジョンチェックが正しく機能しない不具合を修正しました。
* 既存のシーンの分布を維持するために、修正はこのベータ版で新しく作成されたオブジェクトにのみ適用されます。なお以前のFPオブジェクトを「アップグレード」して、最新FP7で作成された様にする場合は、オブジェクトを選択してMaxscriptから次のコマンドを実行します:$.trees.resetCreatedVersion()
* バックスラッシュの代わりに通常のスラッシュを使用してテクスチャパスをチェックする不具合を修正しました。
* 大きなメッシュとマテリアルIDフィルタを使用すると、ReferenceによるDistributionでは、意図したよりも少ないアイテムがビューポートに表示される不具合を修正

Forest Pack Pro 7.0.2b

* ライセンスの読み取りに関するランダムエラーを修正


Forest Pack Pro 7.0.1b

* Datasmith exporterの問題を修正
* Custom Edit mモードでクラッシュする問題を修正
* Forest Color/Forest と Arnold + Active Shade でクラッシュふる問題を修正
* 現在 Color/Edge はArnoldでのActive Shadeをサポートしていません。この対応でクラッシュが防がれています。
* DisplayモードがProxyに設定されている場合にorest Toolsでインスタンス化されると誤ったスケールに変換される問題を修正
* グループジオメトリをDistribution Path/Particle モードで使用した場合の不具合を修正
* マテリアル->Color Correction->Saturationの問題を修正
* ライセンスは、[ファイル]-> [リセット/新規]イベント以外に、Maxを閉じた直後に解放されます。
* ファイル名にマクロを使用している場合、ライブラリブラウザ->Edit Item->Material/Objectが機能し無い問題
* ライブラリブラウザ->Edit ItemにMacrosボタンを追加
* Custom Edit モードでTransform->Z Random が二重に適用される問題を修正
* V-Ray IPRで更新されない問題を修正
* 環境変数からライセンス設定が読み込まれない不具合を修正
* ライセンスがない場合にフォレストオブジェクトを作成するとクラッシュする問題を修正

ForestPack  7.0.0b のリリースノートは以下を参照

関連記事

ページ上部へ戻る