ブログ

ZBrush 2021.1.2 アップデータが公開

ZBrush 2021.1.2 アップデータが公開

Pixologic社は ZBrush 2021.1.2 アップデータをリリース致しました。この重要なアップデートには、以下の内容が含まれています:

拡張と更新

  • クレイポリッシュサーフェスを調整
  • ギズモ3Dの回転スナップを更新
  • サブツールの名前変更ダイアログボックスを通常のサイズに戻しました
  • BPR NPRフィルターのレンダリングの問題を修正
  • 引き算メッシュでダイナメッシュがクラッシュする問題を解決
  • ZSketchの安定性を改善
  • 曲率によるマスク(Mask By Smoothness)を調整
  • NanoMeshサブツールのコピーとペーストの問題を修正
  • ドキュメント >> 倍サイズ(Double)の安定性を修正
  • ジオメトリが分解されるになる原因となるモーフターゲット問題を修正しました
  • ZModeler >> Poly >> Inset >> Polygroup Island を三角形に適用するとクラッシュする問題を修正
  • 環境設定 >> パフォーマンス >> 最適化 モードの安定性を向上
  • ポイントの結合問題を調整
  • NoiseMakerの角度(Angles)で45度を使用できるようになりました
  • 環境設定 >> パーフォーマンス >> “最適化”の設定がコンフィグファイルに記憶されるようになりました
  • ロックされたカスタムインターフェイスボタンを削除できるようになりました
  • キャンバスレイヤーに関する問題を修正
  • Rollブラシの方向マスキングの問題を解決
  • OBJインポート時の頂点カラー問題を解決
  • ギズモ3Dでスクリーン空間での移動時の安定性を改善
  • 2.5Dモード時のSimpleブラシでcolor sprayストロークが正しく働いていない問題が解決
  • FBXのエクスポートが修正され、3dsMaxで正しくポリペイントが表示されます
  • Alembicでエクスポートする場合にUVが結合されるようになりました
    環境設定 >> GoZの表示問題を修正
  • デシメーションマスターはレイヤーが記録モードにいるかをチェックします。

ZBrush 2021 の主な更新内容は製品案内ページを参照ください。

アップデート手順:

ZBrush 2021から 2021.1.2 にアップデートするには、2つの方法があります。お好みのものを使用してください。

  • ZBrush 2021 をご利用中でパソコンがインターネットに接続できる場合、ZBrush 2021インストールフォルダーに見つかるZUpgraderアプリケーション(updaterアプリケーションでは無い点に注意!)を実行するだけです。後は画面の指示に従ってください。
  • もしくは現在のバージョンをアンイストールして、PixologicのMy LicensesページからZBrush 2021.1.2フルインストーラーをダウンロードできます。

ZBrush 2020 以前のバージョンからアップグレードしたことがない場合は、ZBrush登録時のemailアドレスを持つPixologicアカウントでMy Licensesページにログインしてください(Pixologicアカウントが無い場合は登録emailでアカウントを新規作成してください)ログインしアカウントの登録emailがPixologicデータベースと一致しているとZBrush 2021.1にアップグレードするボタンが表示されます。画面の指示に従ってライセンスをアップグレードしてください。ライセンスをアップグレードしたら、新しいバージョンをダウンロードできます。

フローティングライセンスでご利用の場合、株式会社オークのサポートからemailでZBrush 2020.1.2 アップデータのダウンロードアドレスの通知があります。こちららダウンロードしてインストールしてください。ライセンスのセットアップ方法は前回と同じです。

Happy ZBrushing!

関連記事

ページ上部へ戻る