ブログ

Phoenix FD 4.20 3ds Maxアップデートリリース

Phoenix FD 4.20 3ds Maxアップデートリリース

CHAOS GROUPは Phoenix FD 4 for 3dsMaxの最新アップデート 4.20 をリリース致しました。Phoenix FD 4.20 では V-Ray 5 と 3ds Max 2021 を公式サポートしています。

また、スタンドアロンプレビューと3ds Maxでのプレビューを改善し、V-Ray GPUで パーティクルシェーダーのFogモードのレンダリングのサポートを追加し、フォグモードのパーティクルディスプレイスメントのサポートも追加しました。Phoenix FDのパーティクルシェーダーをV-Ray CPU IPRでもレンダリングできるようになりました。煙のシミュレーション用にTexUVWを改善し、エミッタのボリュームをTexUVWとRGBカラーでカラーリングできます。また内部で多くの変更を行ったので、開発を迅速に行うことができ、いつものように多くのバグを修正しました。

CHAOS GROUPのアカウントからダウンロード頂けます。

新機能

PHOENIX FD
* V-Ray 5 をサポート
* 3ds Max 2021 をサポート

SOURCES
* Volume BrushモードとVolume Injectモードで、表面テクスチャマップまたは頂点カラーを使用できます。これで、ボリュームをRGBまたはTexUVWでカラーリングした液体で満たして溶かすことができます。

PARTICLE SHADER
* V-Ray Next GPU と V-Ray 5 GPU でパーティクルシェーダーのFogモードをサポート
* パーティクルシェーダーをV-Ray CPU IPRモードでサポート

PREVIEW
* スタンドアロンプレビューからVelocity Streamlineプレビューを移植

STANDALONE PREVIEW
* スタンドアロンプレビューツールでパーティクルのプレビューをサポート

改良された機能

GRID SOLVER
* Smokeの場合と同様に、RGBチャネルをFuelで転送できるようになりました

SCENE BODY INTERACTION
* 押し出されない限り、流体の障害物またはエミッターとして3ds Maxのスプラインを移動させません。

PARTICLE SHADER
* パーティクルシェーダーのFogモードでディスプレイスメントマップをサポート

RENDER CURVES
* バックスペースキーでカラーグラデーションのポイントを削除できます

GPU PREVIEW
* 画像を保存するときに完全に透明な黒の背景色を使用します。

PREVIEW
* パーティクルプレビューのカラースケーリングを無効にするオプションを追加

CACHE I/O
* グリッド速度または液体パーティクルを含むフレームをブレンドするために高速化し、メモリ使用量を削減(タイムベンドコントロールを使用する場合)

VOLUME SHADER
* Fire Opacityカーブをゼロより上にオフセットするだけで、キャッシュデータなしでFireをレンダリングします(Physical Basedは1.0未満である必要があります)

STANDALONE PREVIEW
* TIFFフォーマットでのイメージ保存をサポート
* 自動削減がオフの場合の速度ストリームラインプレビューを最適化
* ログと情報ウィンドウを分割
* 実行可能ファイルの名前を「standalone_previewer」から「phoenix_previewer」に変更

SCRIPTING
* 新しいMaxScript関数 A_GetGridSize, $.getGridSize, $.getVersion を追加

USER INTERFACE
* Inputロールアウトの「Frm. Blend’」を「Grid Blend」に改名


削除された機能

PHOENIX FD
* V-Ray 3 のサポート終了
* 3ds Max 2015

その他不具合の修正多数

Phoenix FD 3dsMaxの製品情報はこちらへ

関連記事

ページ上部へ戻る