ブログ

V-Ray Next for SketchUp, update 2が提供開始

V-Ray Next for SketchUp, update 2が提供開始

CHAOS GROUPは SketchUp用のV-Ray最新アップデート “V-Ray Next for SketchUp, update 2” をリリース致しました。

既存V-Ray Next for SketchUpユーザー様に無償アップグレードです。今すぐCHAOS GROUPのアカウントよりダウンロードいただけます評価版もアップデートしています。

“V-Ray Next for SketchUp, update 2” の主な更新内容:

  • SketchUp 2020 サポート
    V-Rayは最新のSketchUpバージョンをサポートします。
  • RTX サポート(*)
    NVIDIA RTXテクノロジーを利用してV-Ray GPUの速度をアクセラレートできます。(*)RTXをサポートするGPUデバイスが別途必要です。(RTXは純粋にアクセラレーション効果です。RTXサポートGPUが無くてもV-Ray GPUは利用可能です。)
  • カラーアシスタント
    V-Rayカラーピッカーに搭載された新しいカラーアシスタント機能を使用して、適切な色相、彩度、値のバリエーションを選択できます。
  • Proxyのマテリアル管理が簡単
    プロキシメッシュを読み込みまたは作成すると、V-RayはProxy用のマテリアルスロット・セットを自動的に生成し、マテリアルの管理を容易にします。
  • 部分的なシーン出力
    選択したジオメトリ(と適用されたマテリアル)だけを含む.vrsceneファイルをエクスポートできます。
  • マテリアルの改良
    すべてのシーンマテリアルの基本的なシェーディング構造をアトリビュートとして分離しました。ユーザーは必要に応じてアトリビュートを追加または削除してマテリアルを構築できます。
  • VRscanの拡張
    VRScanマテリアルにTri-Planarテクスチャ投影モードが追加され、VRScanマテリアルを適用するオブジェクトにUVマッピングが不要になりました。
  • 統一化されたインストーラー
    サポートするSketchUpのバージョンや、V-Rayに必要なプログラム(V-Ray SketchUp/V-Ray CLOUD/V-Ray Swarm/License Server)は全て1つのインストーラーでインストールできるようになりました。個別にダウンロードする必要はありません。
  • カラーテーマ
    新しい「明るい」カラーテーマが利用可能になり、V-Rayユーザーインターフェイスの外観を白い色調に変更できるようになりました。

詳しいリリースノートは弊社購入ユーザー向けのサポートページを参照ください。(要ログイン)

V-Ray Next for SketchUpの製品案内はこちらへ

関連記事

ページ上部へ戻る