ブログ

V-Ray 5 for SketchUp&Rhino のUpdate2.5がリリース

 

Chaos社は V-Ray 5 for SketchUpRhino Update2.5(5.20.06) リリース致しました。

Update2.5にはバグの修正と改善が含まれています

V-Ray 5 ユーザー様は無償でダウンロード可能です。ダウンロードはこちらから↓

https://download.chaosgroup.com

V-Ray 5 for SketchUp Update2.5

【改良とバグの修正】

  • V-Ray Swarmがバージョン1.4.7にアップデートされました。
  • Adaptive Bucket Splittingが実装されました。これは、レンダーバケットサイズを最適に使用するための新しい方法です。Adaptive Bucket Splittingは、新しいプロジェクトと古いプロジェクトの両方でデフォルトで有効になっています。
  • 出力画像が4040ピクセル平方より大きい場合、GPUライトキャッシュのプレビューが表示されなくなりました。
  • 特定の状況下でアセットプレビューが失敗する問題は解決されました。

V-Ray 5 for Rhino Update2.5

【改良とバグの修正】

  • V-Ray Swarmがバージョン1.4.7にアップデートされました。
  • Adaptive Bucket Splitting が実装されました。これは、レンダーバケットサイズを最適に使用するために新しい方法です。Adaptive Bucket Splittingは、新しいプロジェクトと古いプロジェクトの両方でデフォルトで有効になっています。
  • 出力画像が4040ピクセル平方より大きい場合、GPUライトキャッシュのプレビューが表示されなくなった
  • 特定の状況下でアセットプレビューが失敗する問題は解決されました。
  • V-Ray for Grasshopper で、インタラクティブな変更を連続して適用するとクラッシュする問題が解決されました。
  • Grasshopperで、変位を使用するマテリアルの連続性を保つオプションが尊重されるようになりました。
  • Rhino ベースのフォーカスソースで被写界深度を使用し、’焦点ぼかしなし…’オプションを使用すると、黒いイメージがレンダリングされるという問題が解決されました。
  • 特定の状況下で .tx マテリアル ライブラリ テクスチャがビューポート プレビューに表示されないという問題が解決されました。

関連記事

ページ上部へ戻る