ブログ

ZBrush Catalina (MacOS 10.15)対応は現在調査中[10月15日更新]

[この文章のソースはPixologicサポートのこちらです][10月15日更新]

Catalina(macOS 10.15)は2019年10月初めに正式リリースされました。

10月14日の時点で、ZBrushCoreとZBrushの両方に以下の問題が確認されています:

  • ファイルを保存しようとすると、ZBrushCoreがクラッシュします。
  • ZBrushでは上書き保存ができません。(これを回避するには、毎回新しいファイル名で保存する必要があります)

この問題によりZBrushをメインにMacを利用されている場合、現時点でCatalinaにアップグレードすることはお勧めできないことを意味します。 特にZBrushCoreユーザー様は、Pixologicより修正が提供されるまで絶対にアップグレードしないでください。

CatalinaにアップグレードしてPixologic製品に問題が発生した場合は、Pixologicサポートに報告ください。なお問題ついて可能な限り詳細に報告をお願い致します[英語に翻訳して報告をお願いします]。問題が深刻で作業できないと判断される場合は、適切なバックアップがあれば、古いOSバージョンに戻すことができます。これを行うには、Macをセーフモードで起動し、mac OSのユーティリティメニューから「Time Machineバックアップからのリストア」オプションを選択します

Pixologicは調査を終了次第、Catalinaにアップグレードしても安全であることをお知らせ致します。

Thank you!

ZBrushの製品案内はこちらへ

関連記事

営業日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31  
ページ上部へ戻る