ブログ

V-Ray for 3dsMax マイナーアップデート “3.10.03” がリリース

303update

ChaosGroupは V-Ray for 3dsMaxのマイナーアップデート “3.10.03” をリリースしました。
2015 Extension 2 および SP3 で ディストリビュートレンダリングのSpawnerがクラッシュする不具合が修正されています。
既存のV-Ray 3.0 for 3dsMaxユーザー様はChaosGroupのアカウントより今すぐダウンロード可能です。

Build 3.10.03 (official) (12 January 2015)
==============

改良された機能:
(*) V-Ray RT GPU: VertexColor テクスチャーをサポート;
(*) V-Ray RT GPU: VRayDirt の基本的なサポートを開始
(*) VRayMetaball: MaxScriptによる vector color ソースをサポート
(*) VRayProxy: “Force first map channel”オプションをデフォルトで無効にしました
(*) .vrmesh viewer: パーティクルのポイントサイズをコントロールするスライダーを追加
(*) .vrmesh viewer: ポイントサイズが 1.0 以上の場合のみOpenGLポイントスムージングを適用します

不具合の修正:
(*) V-Ray: 3ds Max 2015 + Extension 2 もしくは SP3 で リモートDRホストがクラッシュする問題
(*) V-Ray: 出力したvrsceneをV-Ray Standaloneでレンダリングする場合に ヘアーの法線スムージングが不正になる問題
(*) V-Ray: V-Ray RTをプロダクションレンダラーにセットした場合、MaxScript VFBコマンドが機能しない問題
(*) V-Ray RT: GI ambient occlusion パラメーターをサポート
(*) V-Ray RT: イラディアンスマップの”sample lookup”パラメーターが正しく出力されない問題
(*) V-Ray RT: V-Rayオブジェクトプロパティでジオメトリタイプを”default”が vrsceneに出力されない問題
(*) V-Ray RT GPU: UVW座標が不正な場合にクラッシュする問題
(*) V-Ray RT GPU: 重なった面の屈折計算でクラッシュする問題
(*) V-Ray RT GPU: DRホストからのLight Cacheの読み込み不具合
(*) VFB: 非数値エレメントにCurveカラー補正を加えるとクラッシュする問題
(*) VFB: ヒストリーからイメージを読み込んだ際に誤ったタイムスタンプが適用される問題
(*) VRayClipper: 交差サーフェス付近のエッジにアーティファクトが発生する問題
(*) VRayHDRI: 古いバージョンのDirect3Dドライバーで “ビットマップサイズに近づける”オプションが V-Ray HDRIマップで機能しない問題
(*) VRayHDRI: マップチャンネルが1以外の場合、ビューポートプレニューが働かない問題
(*) V-Ray RT: DiscタイプのライトにVRayColorマップをセットするとクラッシュする問題
(*) V-Ray RT: 複数の Disc タイプのライトを異なるカラーで使用した場合、1つのカラーのみでレンダリングされる問題
(*) VRayProxy: 頂点法線の情報が提供されない場合ディスプレイスメントマップを適用するとクラッシュする問題
(*) ply2vrmesh: alembicパーティクルの変換不具合を修正(変換データがレンダリングクラッシュを引き起こす問題)

V-Ray 3.0 for 3dsMax の製品案内はこちらへ

関連記事

営業日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページ上部へ戻る