V-Ray for Maya

V-Ray 3.0 for Maya 発売開始 !!

V-Ray-3-0-Maya-news-banner ChaosGroupは本日より V-Ray 3.0 for Maya の発売を開始しました。 V-Ray 3.0 for Mayaはアーティストの生産性に注目し、強力な新機能の他にレンダリングの根本的な高速化を加え、高速なルック・デベロップメントやレンダリングワークフローの効率化を提供します。V-Ray 3.0 for Maya は戦闘準備を整えました! 主な新機能:
  • レイトレーシング速度を根本から改良しレンダリングパフォーマンスが向上
  • シーンを素早く確認できる新しいプログレッシブタイプのイメージサンプラー
  • V-Ray RT GPU のビューポート表示、レンダーエレメント出力、アニメーション出力対応
  • ヘアーおよびファーのレンダリング速度を劇的に向上
  • アーティストが設定しやすい3レイヤー型SSSシェーダー VRaySkinMtl
  • Phoenix FDシェーダーを統合し、Houdini(OpenVDB)、FumeFX(Field3D)のボリュームをVRayで直接レンダリング
  • GIハイライトノイズを低減する Max Ray Intensity、大量ライトのパフォーマンスを改良するProbabilistic Light Sampling、選択したオブジェクトのピクセルだけをレンダリングする Render Masks
  • OpenColorIO, GGX BRDF, OpenEXR 2.2 (Deep), Ptex, Alembic 1.5 をサポート
  • Maya 2015 以降の Bifrost および XGen をサポート
V-Ray 3.0 for Maya の製品案内はこちらへ