ブログ

V-Ray 3.0 for 3dsMax 3.00.03 アップデート


ChaosGroupは V-Ray 3.0 for 3dsMax をアップデートしました。ビルドバージョンは 3.00.03 です。
主に不具合の修正です。Xeon環境でレンダーマスクが遅かった問題が解決しています!
ユーザー様はChaosGroupのアカウントから今すぐダウンロードいただけます。

Build 3.00.03 (official) (17 February 2014)
==============

不具合の修正:
(*) Xeonマシンなどの多スレッド環境でレンダーマスクが遅い(マスク部分でも計算している)問題を解決
(*) 多スレッド環境下でダイナミックメッシュを多用したシーンの計算が、旧V-Ray 2.4と比較して遅かった問題を改善
(*) スレートマテリアルエディタでV-Rayのテクスチャーが正しく更新されない問題
(*) V-Ray Stereoscopicで”Adjust resolution”を有効にし、3dsMaxフレームバッファを使用してディストリビュートレンダリングするとmaxがクラッシュする問題
(*) レンダーエレメントを有効にしてV-Ray Systemオプションの”Previous render”を変更するとmaxがクラッシュする問題
(*) V-Ray Systemオプションの”Check for missing maps”が影響して、パーティクルシステムのアニメーション出力されない問題
(*) 球状環境マップに3dsMaxのビットマップ読み込みを組合せて使用した場合 NaN(非数値)ピクセルが発生する問題
(*) マットオブジェクトとライトキャッシュの”Retrace”オプションを使った特定の条件でイラティアンスマップの計算が非常に遅くなる問題
(*) スタンドアローン用のVRayPluginがVRayUserColor/VRayUserScalar用のユーザープロパティを認識しない問題
(*) VRayVrmatMtlでVRayマテリアルエディターを開きプレビューするとmaxがクラッシュする問題
(*) VRayLightMtlで”Direct illumination”オプションを有効にした際に同じレイヤー内にヘルパーのメッシュライトが作成されない不具合
(*) VRayObjectSelectの vrayVFB チェックボックスをON/OFFすると 含む/除外 ウィンドウが表示される問題
(*) V-Ray RT: パーティクルのレンダリングを有効にするとモーションブラーが正しく計算されない問題
(*) V-Ray RT: VRayHDRI マップがバンプマップで働かない問題
(*) V-Ray RT GPU: ダイナミックジオメトリーの移動するとV-Rayスタンドアローンがクラッシュする問題
(*) V-Ray RT GPU: エリアライトのアーティファクトを修正

V-Ray 3.0 for 3dsMaxの詳細はこちらへ

関連記事

営業日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ページ上部へ戻る