Agisoft PhotoScan

PhotoScan 1.0 プレリリース版 build 1795 リリース [3Dスキャナー]

PhotoScan 1.0  build 1795 (24 December 2013)がリリースされました。 ユーザー様は弊社サポートページよりダウンロードいただけます。ライセンスはバージョン 0.9.xと共通です。 スタンダードおよびプロフェッショナル版共通の変更的
  • GPU以外の OpenCLアクセラレーションデバイスをサポート (例:Xeon Phi)
  • COLLADA, FBX, 3DS, U3D ポリゴンモデルの読み込みをサポート
  • ASCII形式のフォーマット出力のパフォーマンスを向上。(OBJ, COLLADA, VRML, DXF)
  • アライメントのパフォーマンスを向上
  • 自由形状(Arbitraryモード)のシャープさを向上(Interpolation[補完モード]を有効時)
  • ハイトフィールドモードのメッシュ生成パフォーマンスの向上、およびメモリ消費量を改善
  • 複数テクスチャーを持つモデルの読み込みをサポート
  • バッチプロセスでチャンクの結合コマンド(Merge Chunks)処理を追加
  • チャンクの結合コマンドで、高密度ポイントクラウドの結合をサポート
  • 生成範囲のリセット(Reset Region)コマンドを追加
  • PhotoScanを再起動せずにメニュー言語を切り替える事ができるようになりました。
  • ビューのパースペクティブと正投影表示を切り替えるキーボードショートカットを追加
  • チャンクの右クリックメニューに各種処理を実行コマンドを追加
  • 8bit以外の色深度のPNG読み込み問題を修正
  • Mac OS 10.9 [Mavericks]での動作をサポート
プロフェッショナル版のみの変更点
  • オルソフォト生成時の傾斜出力を修正
  • パッチプロセスで写真の最適化(Optimize Photos)処理をサポート
  • マーカーを分類するオプションを追加
PhotoScanの詳細はこちらへ