ブログ

V-Ray 5 for SketchUp&Rhino のUpdate 2 がリリース

Chaos社は V-Ray 5 for SketchUpRhino Update2(5.20.01) リリース致しました。Update 2にはChaos Cosmosにマテリアルの追加、新機能のDecals、Scatter、V-Ray Visionの追加機能がついています。

V-Ray 5 ユーザー様は無償でダウンロード可能です。ダウンロードはこちらから

https://download.chaosgroup.com/

 

V-Ray 5 for RhinoとV-Ray 5 for SketchUpのリアルタイムビジュアライゼーションにより、デザイナーはより短時間でより多くの仕事をこなすことができるようになりました。V-Ray Visionの数多くの改良とChaos Vantageへの新しいLive Linkにより、ユーザーはプロセスのより多くの部分にリアルタイムレンダリングを導入し、RhinoやSketchUpで作業しながらより速いワークフローとフィードバックを実現することができます。

リアルタイムの動作を動画でご覧いただけます。

V-Ray 5 for SketchUp Update 2

新着情報

  • Scatter – 新しいスキャッタリングツールは、建築デザインのための地形構築に最適です。数百、数千、数百万のオブジェクトやChaos Cosmosモデルを直感的かつメモリ効率の良い方法で任意のサーフェスに追加して、詳細なシーンを作成できます。ユーザーは、複数のオブジェクトを同時に分散させ、そのサイズ、方向、密度をコントロールすることで、最大限のリアリズムを得ることができます。
  • Chaos Vantage Live Link – SketchUpユーザーはChaos Vantageを使ってデザインを次のレベルに引き上げることができます。新しいLive Linkでは、非常に複雑なシーンであっても、セットアップなしで純粋なレイトレースによるリアルタイムでの検討が可能です。 ユーザーは、モデルの実際の照明やマテリアルを操作し、アニメーションや画像を簡単に作成することができます。Vantageを最大限に活用するには、NVIDIA® RTXカードが必要です。
  • Chaos Cosmosのマテリアル – Chaosのレンダリング可能なV-Rayコンテンツの精選されたコレクションには、重要な新しいカテゴリーであるマテリアルが追加されています。ユーザーは、地形、タイル、木の床、レンガの壁などを含む200の新しいアセットを利用することができます。Cosmosのマテリアルは、そのまま使用することも、色、バンプ、光沢などをカスタマイズすることもできます。
  • V-Rayマテリアルの改良 – V-Rayマテリアル規格に新しく追加された機能により、ユーザーは複雑な透明および半透明のマテリアルを簡単に作成することができます。新しい薄肉反射コントロールは、あらゆる平面を素早くガラスに変えるのに最適で、窓、シャボン玉、葉っぱなどを簡単に作ることができます。Volumetric TranslucencyとSSSモードを使えば、皮膚、ワックス、プラスチックなどの表面下の散乱を伴う素材を設定することができます。
  • Decals – 新しいV-Rayデカールを使えば、あらゆる形状のオブジェクトにユニークなマテリアルを簡単に投影することができます。 デカールは、壁の落書き、道路のマーキング、製品のロゴのような効果を作り出すことができます。
  • ポストでのアーティスティックなコントロール – V-Ray Frame Bufferコンポジターは、最終的なレンダリングを磨くためのシャープとブラーの効果を備え、さらに多機能になりました。
  • レンダリングログ – V-Ray Frame Bufferの新しいログパネルは、レンダリングプロセスの詳細を表示し、デバッグやエラー報告を容易にします。

V-Ray Visionの新機能

  • スタンドアロン・アプリのエクスポート – ユーザーは実行ファイルを介して、クライアントや同僚とプロジェクトを共有することができます。 ファイルを受け取った人はV-Rayのライセンスを必要とせず、ナビゲーションコントロールやカラーコレクションパラメータなど、Visionの全機能を楽しむことができます。
  • ビデオエクスポート – VisionからアニメーションをWebMフォーマットのビデオとして直接エクスポートできるため、ユーザーは画像シーケンスを手動で組み合わせる必要がなくなります。
  • 太陽のアニメーションのサポート – SketchUpの太陽のアニメーションをVisionに読み込んで、素早く簡単にライティングスタディができるようになりました。
  • 草のサポート – プリセットの草を任意のサーフェスに簡単に追加できるので、リアルな地形を効率的に構築できます。
  • IESライトのサポート – IESライトプロファイルを使用して、Visionでよりリアルなプレゼンテーションができるようになりました。
  • その他の改善点 – 大量のシーンオブジェクトを処理するために、より最適化されたシステムが実装され、ロード時間の短縮につながりました。カメラが静止しているときに時間の経過とともに品質が向上するように、オブジェクトの画面上の反射が強化されました。パノラマ画像は従来よりも高品質でエクスポートでき、ユーザー定義のカメラの向きも考慮されます。

V-Ray 5 for Rhino Update 2

新着情報

  • Scatter – 新しいスキャッタリングツールは、建築デザインのための地形構築に最適です。数百、数千、数百万のオブジェクトやChaos Cosmosモデルを直感的かつメモリ効率の良い方法で任意のサーフェスに追加して、詳細なシーンを作成できます。ユーザーは、複数のオブジェクトを同時に分散させ、そのサイズ、方向、密度をコントロールすることで、最大限のリアリズムを得ることができます。
  • Chaos Vantage Live Link – Chaos Vantageでデザインを次のレベルに引き上げることができます。新しいLive Linkでは、非常に複雑なシーンであっても、セットアップなしで純粋なレイトレースによるリアルタイムでの検討が可能です。モデルの実際の照明やマテリアルをナビゲートして操作し、アニメーションや画像を簡単に作成することができます。Vantageを最大限に活用するには、NVIDIA® RTXカードが必要です。
  • Chaos Cosmosのマテリアル – Chaosのレンダリング可能なV-Rayコンテンツの精選されたコレクションには、重要な新しいカテゴリーであるマテリアルが追加されています。ユーザーは、地形、タイル、木の床、レンガの壁などを含む200の新しいアセットを利用することができます。Cosmosのマテリアルは、そのまま使用することも、色、バンプ、光沢などをカスタマイズすることもできます。
  • V-Rayマテリアルの改良 – V-Rayマテリアル規格に新しく追加された機能により、ユーザーは複雑な透明および半透明のマテリアルを簡単に作成することができます。新しい薄肉反射コントロールは、あらゆる平面を素早くガラスに変えるのに最適で、窓、シャボン玉、葉っぱなどを簡単に作ることができます。Volumetric TranslucencyとSSSモードを使えば、皮膚、ワックス、プラスチックなどの表面下の散乱を伴う素材を設定することができます。
  • Decals – 新しいV-Rayデカールを使えば、あらゆる形状のオブジェクトにユニークなマテリアルを簡単に投影することができます。 デカールは、壁の落書き、道路のマーキング、製品のロゴのような効果を作り出すことができます。
  • ポストでのアーティスティックなコントロール – V-Ray Frame Bufferコンポジターは、最終的なレンダリングを磨くためのシャープとブラーの効果を備え、さらに多機能になりました。
  • レンダリングログ – V-Ray Frame Bufferの新しいログパネルは、レンダリングプロセスの詳細を表示し、デバッグやエラー報告を容易にします。

V-Ray Visionの新機能

  • スタンドアロン・アプリのエクスポート – ユーザーは実行ファイルを介して、クライアントや同僚とプロジェクトを共有することができます。 ファイルを受け取った人はV-Rayのライセンスを必要とせず、ナビゲーションコントロールやカラーコレクションパラメータなど、Visionの全機能を楽しむことができます。
  • ビデオエクスポート – VisionからアニメーションをWebMフォーマットのビデオとして直接エクスポートできるため、ユーザーは画像シーケンスを手動で組み合わせる必要がなくなります。
  • 太陽のアニメーションのサポート – Rhinoの太陽のアニメーションをVisionに読み込んで、素早く簡単にライティングスタディができるようになりました。
  • 草のサポート – プリセットの草を任意のサーフェスに簡単に追加できるので、リアルな地形を効率的に構築できます。
  • IESライトのサポート – IESライトプロファイルを使用して、Visionでよりリアルなプレゼンテーションができるようになりました。
  • その他の改善点 – 大量のシーンオブジェクトを処理するために、より最適化されたシステムが実装され、ロード時間の短縮につながりました。カメラが静止しているときに時間の経過とともに品質が向上するように、オブジェクトの画面上の反射が強化されました。パノラマ画像は従来よりも高品質でエクスポートでき、ユーザー定義のカメラの向きも考慮されます。

V-RayforGrasshopperのアップデート

V-Ray for Rhinoでは、V-Ray for Grasshopperの重要なアップデートも紹介しています。V-Ray Lights、Scatter、Cosmosコンポーネントのフルレンジをサポートし、Live Linkノードから直接Chaos Vantageに接続できるようになりました。

V-Ray for Grasshopperの新機能

  • Update 2では、アルゴリズムでモデリングを行うRhinoユーザーに向けて、V-Ray for Grasshoppersに重要な新機能が多数導入されています。V-Ray Scatterノードは、大幅に簡素化された散乱ワークフローを提供します。新しいCosmosコンポーネントは、完全に機能するコンテンツブラウザとして機能し、ライブラリから3Dアセットを挿入、管理することができます。Chaos Vantageとの接続は、Live Linkノードを介して確立され、ユーザーはレイトレースされたリアルタイムで定義を検討することができます。V-Ray for Grasshopperは、IES Light、Spot Light、Omni Lightノードの追加により、V-Ray Lightsをフルレンジでサポートしています。最後に、カメラコンポーネントの改良により、自動露出の設定や被写界深度のコントロールが容易になりました。

関連記事

ページ上部へ戻る