ブログ

V-Ray for CINEMA 4D, Update 1.2 リリース。Chaos Cosmosサポート

V-Ray for CINEMA 4D, Update 1.2 リリース。Chaos Cosmosサポート

Chaos社は V-Ray for CINEMA 4Dの最新アップデート「Build 5.10.22 (update 1.2) 」の提供を開始しました。
このアップデートではChaos Cosmos(ケイオス コズモズ)をサポートし、Chaos社が厳選した即レンダリングできるハイクオリティ素材集を無償で利用できます。V-Ray CollectionおよびV-Ray CINEMA 4Dのライセンス有効期限の方は無償でアップデートいただけます。

評価版でもChaos Cosmosをご利用いただけますので、ぜひお試しください。

Chaos Cosmos(ケイオス コズモズ)を使用して、スマートなV-Rayコンテンツのまったく新しい世界を探索してください。Chaos Cosmos(ケイオス コズモズ)は、レンダリングに即時対応モデルや美しいHDRIスカイなど、厳選された無料の高品質3Dアセットのライブラリで、内観と外観のシーンを簡単にセットアップできます。 V-Rayに組み込まれた新しいCosmosブラウザーを使用して、シーンに命を吹き込むのに最適なコンテンツを見つけてください。


V-Ray for CINEMA 4D Build 5.10.22 (update 1.2) の変更点:

新機能

  • Chaos Cosmos をサポート
  • V-Ray Normal Map テクスチャを追加
  • TexMix をクラッシックシェーダーとノードテクスチャーに追加

改良

  • マテリアルビューポートのプレビューは、一定の色でも遅くなる問題を改善
  • マテリアルプレビュー有効だと、シーンの読み込みが遅くなる問題を改善
  • Cinema4Dタグでモーションブラーの無効化を考慮します
  • プロキシのz軸を反転に対応し、右手座標系を持つ他のホストアプリケーションとの互換性が向上しました。
  • スカイモデルがImprovedに設定されている場合、VRaySkyのオゾンと濁度(Turbidity)のパラメーターは非アクティブになります


不具合の修正

  • ボリュームオブジェクトのレンダリング時に、V-Ray Sunから途中で寸断された影が生成される問題
  • VFBウィンドウを移動すると、内部の画像がちらつく問題
  • フィジカルカメラの垂直シフトパラメーターがプロダクションレンダリングのみ機能しない問題

V-Ray CINEMA 4Dの製品案内はこちらへ

関連記事

ページ上部へ戻る