ブログ

Chaos Phoenix 4.41 hotfix

Chaos Phoenix 4.41 hotfix

Phoenix FD 4.41 hotfixにより、3ds Max 2022でのGPU プレビューとVelocityストリームライン・プレビューのサポートが追加されました。

また、以前のように液体パーティクルのみを使用する代わりに、パーティクル・チャネルの組み合わせに基づいて FLIP液体のアダプティブ グリッドを拡張する機能を追加しました。

Property Listerは現在、Phoenixノード プロパティのアニメーションをサポートし、複数の選択と複数のノードのプロパティを一度に作成する機能を備えています。その他の多くの有用な改善と修正も行われています。

シミュレーションとキャッシュの処理に関して多くの修正を行い、巨大なシミュレーション グリッドをメッシュ化できるようにしました。また、多くのコアを備えたマシンで発生したさまざまな問題を修正しています。

Chaosのアカウントよりダウンロード頂けます。

Phoenix FD 4.41 hotfixの変更点

新機能

FLIP SOLVER
* 複数のパーティクル システムの組み合わせに基づいて、Liquidのグリッドを自動拡張します。(リキッドのアダプティブグリッド)

改良

GPU プレビュー
* 3ds Max 2022にて GPUプレビューに対応 (3dsMax)

プロパティリスタ
* プロパティリストでパラメーターのアニメーションをサポート。右クリックでキーフレームを操作できます。
* Shift キーを押しながら複数選択。複数のノードのノードプロパティを一度に作成。テーブルの一番上の行を固定、などの機能を追加

プレビュー
* Velocityストリームのプレビューが再度利用可能になりました(3dsMax)

TURBULENCE
* Turbulenceのサイズにdistance(距離)アトリビュートを使用できます。(Maya)

シミュレーションのネットワークサブミット
* 3dsmaxbatch.exeシミュレーションの冗長性を向上 (3dsMax)

ユーザーインターフェース
* Make Body Static、Mass、Density、Apply Gravity、 Buoyancy per-nodeプロパティのアニメーション化を許可 (3dsMax)
* ドラッグ パーティクルは FLIP ソルバでサポートされていないため、液体ソースでは非表示されます

その他不具合の修正

Phoenix FD 3dsMax および Phoenix FD Maya の詳細を参照ください

関連記事

ページ上部へ戻る