ブログ

ZBrushCore 2021.6.2 無償アップデートがリリース

ZBrushCore 2021.6.2 無償アップデートがリリース

Pixologic社は ZBrushCore の新バージョン 「ZBrushCore 2021.6.2」の提供を開始致しました。既存の ZBrushCoreユーザー様に無償で提供されます。

この新しいバージョンでは、入門者でも十分に利用可能なスカルプティングアプリケーションであるというビジョンを維持しながら、上位ZBrushの機能セットと歩調を一致させ、ZBrushCoreをより強力にしました。

※Mac版ユーザーへ注意: ZBrushCore 2021.6.2 より Mac OS 10.11 以降のみサポートされます。

新機能の多くは、以下のPixologicライブストリーム内で使用されていることが示されています。

アップデート手順:

ZBrushCore 2021 から 2021.6.2 にアップデートするには、2つの方法があります。お好みのものを使用してください。

  • ZBrushCore 2021 をご利用中でパソコンがインターネットに接続できる場合、2021/2021インストールフォルダーに見つかるZUpgraderアプリケーション(updaterアプリケーションでは無い点に注意!)を実行するだけです。後は画面の指示に従ってください。
  • もしくは現在のバージョンをアンイストールして、PixologicのMy LicensesページからZBrushCore 2021.6フルインストーラーをダウンロードできます。

 

ZBrushCore 2021.6.2 新機能

メッシュバルーン [Mesh Balloon]
メッシュバルーンはベースメッシュを驚くほど高速に作成できるブラシです。メッシュバルーンでベースを作成したら即座にスカルプトに入る事ができます。使い方は “ラッソ”(投げ輪)のマスキングで希望の形の輪郭を描くだけです。 ZBrushCoreは、その輪郭を編集可能なメッシュに即座に変換します。次にスカルプティングに直接ジャンプするか、輪郭を追加・削除したり、またはカットするなど、輪郭を引き続き調整する事ができます。形状を変更はリアルタイムで更新されるため、結果がどうなるかを推測する必要はありません。

ラッソ(投げ輪)、円(サークル)、長方形(レクタングル)、およびカーブのストロークタイプがサポートされており、アルファも組み合わせて使用できます。またラッソ選択ブラシでもレイジーマウスをサポートするようになりました。

メッシュバルーンは、バルーン(風船)のように丸く膨らんだ有機的な形状を作成します。この効果は広い場所では厚く、細い場所では薄くなる様にメッシュが生成されます。


リアルタイムのアンビエントオクルージョン
メッシュに適用された微細なディテールを確認できる様に、リアルタイムにアンビエントオクルージョンを追加して表示します。この効果により、モデルのどの部分に追加のディテールが必要かを素早く確認できます。作品をリアルタイムでよりハッキリと表示させる事ができます。


デフォーマの追加
ZBrushCoreに次のデフォーマが追加されました。

Offset, Inflate, Scale, Skew, Stretch, Smooth, Smooth All


シックスキン
「シックスキン」を使用すると、本当の意味で粘土を表面に加えたり、取り除いたり、移動させたりする効果を加える事ができます。これにより、メッシュがまるで本物の粘土で作り出されたかのようになります。また、シックスキンは一定の高さや深さを持った鱗やみぞを作り出す為にも活用する事ができます。

コントラスト
スカルプトしたディテールもう少し強く(深く)強調できないか思った事はありませんか? 実際に3Dプリントしてみたらディテールが薄くて、もっと強調するべきだったと思った事はありませんか? 新しい”コントラスト”スライダーを使用すると、全体のディテールをグローバルに強調する事ができます。また”コントラスト”ブラシを使用すると、特定の領域に焦点を合わせてディテールを強調する事ができます。特定の深さを個別に適用でき、リアルタイムで調整することもできるため、調整を何度でも自由に行うことができます。

穴閉じ
3Dプリント用に完全に閉じたメッシュにする必要がありますか?新しい”穴閉じ”オプションは、1クリックでモデルの穴を閉じる機能を提供します。

ターンテーブルムービー
ターンテーブルムービーをレンダリングして、モデルをあらゆる方向から見せる事ができます。YouTubeまたはVimeoにアップロードして、ZBrushCentralまたは他の場所で共有できます。

3DConnexion社の3Dマウスをサポート
ナビゲーション操作をキーボード+スタイラスから解放します。3Dconnexion社のSpacemouseを使用すると、コントローラーにわずかに触れるだけでZBrush内のモデルを拡大縮小したり回転できます。回転とズームを同時に行ったり、スカルプティングポジションを壊すことなく、関心のある場所を中心に回転できます。
ナビゲーション操作にキーボード+スタイラスのアションを減らす事ができるので、腱鞘炎の予防にも最適です。


その他の追加機能
上記の主要な更新に加えて、ZBrushCoreには他にも機能拡張が含まれています。

  • ZBrushCoreの起動時に、最後に保存されたプロジェクトが開かれる様になりました。(環境設定から無効化する事もできます)
  • スティッキーホットキーを環境設定で有効化すると、スライダーパラメーターに割り当てられたホットキーを「押し続ける」事で操作できるようになりました。ホットキーを押しながらカーソルを移動するとホットキーが離されるまでスライダーが調整されます。つまり少ないクリックで同じ結果を得る事ができるようになりました。
  • 全てのブラシのラッソストロークでレイジーマウスを使用できます。

ZBrushCore の製品案内はこちら

関連記事

ページ上部へ戻る