ブログ

V-Ray 5 CINEMA 4D, Hotfix 1および日本語UI

V-Ray 5 CINEMA 4D, Hotfix 1

Chaos Groupは V-Ray 5 for CINEMA 4Dの Hotfix 1 [Build 5.00.43] をリリース致しました。主に不具合の修正です。Chaos Groupアカウントよりダウンロードいただけます。

また、V-Ray 5 CINEMA 4D 日本語UIリソースファイルを提供開始しました。
弊社V-Ray CINEMA 4Dユーザーサイト(要ログイン)よりダウンロードいただけます。

V-Ray 5 for CINEMA 4Dの Hotfix 1 [Build 5.00.43] 変更点

機能改良

* 旧バージョンシーンコンバーター: オブジェクトレイヤーの変換をサポート
* 旧バージョンシーンコンバーター: 変換サポート内容を強化 (マテリアルおよびコンポジットタグ)
* レンダーエレメント: Prevent drag and drop of non-render element objects in the render elements list
* VRSCENEエクスポーターはライトの可視性とレイヤーフラグを考慮するようになりました
* VRayVolumeGrid: ボリュームグリッドのプレビューロールアウトにコンテナとボクセルのプレビュー設定を追加
* Pythonスクリプト(c4dpy)からシーンコンバートに対応
* V-Ray3.7シーンを開くときに自動変換ポップアップウィンドウを無効にするオプションを追加


不具合の修正

* オブジェクトの可視アニメーションが機能しない問題
* V-RayがCinema4Dレイヤーの「レンダリング」オプションを尊重し無い問題
* 子オブジェクトに間違ったテクスチャ投影が行われる問題
* DRでレンダリングすると、ネイティブのC4Dノイズシェーダーが正しくレンダリングされない問題
* Phongタグがない場合、DRスレーブとは異なるバケットが発生する可能性がある問題
* アニメーションをレンダリングするときにDRが正しく機能しない問題
* V-Rayマテリアルで間違ったUVW座標を発生する問題
* VRayProxy:プロキシオブジェクトをコピーしても、割り当てられたマテリアルがコピーされない問題
* ジオメトリのクローンを作成すると、ディスプレイスメントが誤って適用される問題
* ObjectSelectREの「Use Mtl ID」パラメーターが機能しない問題
* コンテンツブラウザに保存されたオブジェクトに、適用されたマテリアルが表示されない問題
* IPR:サポートされていないカメラでIPRを開始すると、レンダリングボタンが非アクティブになります
* IPR:マテリアルプレビューシーンを変更したり、マテリアルを作成したりすると、VFB設定とレイヤーがリセットされます
* エクスポートされたアニメーションには、vrsceneに2番目のフレーム値が存在しない問題
* ポリゴン選択へのマテリアルの適用は「ポリゴン」モードでのみ行う必要があります
* VRayVolumeGrid:Cinema 4Dに2つ以上のVolumeGridが同じキャッシュをロードすると、タイムラインをスクロールしたときにプレビューが正しく更新されません
* マテリアルとテクスチャを微調整する際のインタラクティブとUIの応答性を向上
* V-Ray GPU:通常ディスプレイスメントマップで間違った法線が発生する問題
* V-Ray GPU:ライトキャッシュを使用した場合LPEが正しく出力されない問題

V-Ray 5 for CINEMA 4Dの製品案内はこちらへ

関連記事

ページ上部へ戻る