ブログ

V-Ray Next for Rhino update 2.1が公開

V-Ray Next for Rhino update 2.1が公開

CHAOS GROUPはRhino 3D用のV-Ray Next のマイナーアップデート”V-Ray Next for Rhino update 2.1″を提供開始いたしました。多くのバグ修正と機能強化により、ユーザーのレンダリングエクスペリエンスが向上しています。V-Ray Next Rhinoユーザー様に無償のアップデートです。V-Ray Next for Rhinoユーザー様は今すぐCHAOS GROUPアカウントからダウンロード頂けます。

主な更新内容:

レンダリング品質スライダー:CPU、CUDA、RTXエンジン、プログレッシブおよびバケットサンプラータイプどのモードでも一貫した出力になるように調整されました。

領域レンダリング:Rhinoのビューポート上での領域レンダリングをサポートしました。

Grasshopperの改良:Grasshopperオブジェクトのアニメーションフレームを、Rhinoプロジェクト、拡張スクリプトアクセスなどと共にレンダリングできます。

安定性の向上:MultiMatteレンダーエレメント、Grasshopperのディスプレイスメントなどに関連するワークフロー全体の安定性が向上しました。

V-Ray Next Rhinoの製品案内はこちらへ

関連記事

ページ上部へ戻る