ブログ

FumeFX 3dsMax 5.0.5 アップデート

FumeFX 3dsMax 5.0.5 アップデート

Sitni Sati社は 3ds Max用の FumeFX 5.0.5 アップデートをリリース致しました。
主に不具合の修正とArnold 5.4.0.2への対応です。Sitni Satiユーザーページよりダウンロードいただけます。

FumeFX |3dsMax 5.0.5修正内容:

ビューポート

  • “GPU Viewport Quality 5″で、はるかに高い解像度をサポートするようになりました。

シミュレーション

  • Conservative advectionでクラッシュするFumeFX4ソルバを修正
    遅延キャッシュがWavelet TurbulenceまたはPost Processingで機能しない問題を修正
  • Backburnerシミュレーションモードが機能ししない問題を修正
  • コリジョンジオメトリ内の速度(Velocity)を設定できてしまうWind forceを修正
  • 重なり合う領域が1ボクセルの厚さであった場合、N-Simがクラッシュする問題を修正
  • 特定条件でフローをブロックしていたFreeflowソースオプションを修正

I/O サブシステム

  • 32Gbより大きい.fdcファイルを出力する場合のIOエラーを修正

レンダリング

  • Arnold® 5.4.0.2 をサポート
  • Smoke および Fuel のシャドウの受信/キャストをデフォルトで有効化

FumeFX 3dsMax の購入はこちらより

関連記事

ページ上部へ戻る