[3dsMaxプラグイン] Ornatrix V4 リリース!

file.download

Ephere社は10か月のベータテスト期間を終えて Ornatrix V4 for 3dsMax を販売開始しました。
Ornatrix V4では、パフォーマンスの向上、ブラシツールの改良、ダイナミクスの改良、新しいプリセットシステム等の新機能が提供されます。

Ornatrix V4 新規購入価格は 定価 75,600円 (税別)です。旧バージョンからのアップグレードは 2015年12月15日まで新規購入価格の50% off (37,800円 税込)です。12月16日以降はアップグレード価格が新規購入価格の25% off (56700円 税込)に変更となります。

Ornatrix V4の新機能

・グラフ/カーブエディタがパン/ズームに対応
・全てのグラフ/カーブエディタがUndo/Redoに対応
・Mesh from strand ビルボードのUVがストランドの暑さを考慮して生成されます。
・ヘアーに回転(Rotation)属性を追加
・Groomsプリセット .oxgroom (XML)をサポート
・Ox Guides from Shape モディファイヤでNURBS カーブをサポート
・どのストランド・コンポーネントが影響されるかをコントロールするオプションをground strandsモディファイヤに追加
・PhysX dynamicsで変形メッシュへの衝突をサポート
・ほぼ全てのマップ機能に反転オプションを追加
・一般的なMSIベースのインストーラーを使用し、より簡単にインストール可能になりました。
・SDKおよびMaxscriptからOrnatrixのバージョン情報にアクセスできます。
・Strand Multiplier モディファイヤで1個所から毛の束を生成する事に対応
・Hair from Mesh Stripsモディファイヤで垂直の毛を”あおぐ”事ができます。
・Edit Guidesのサブオブジェクトで選択セット名を表示します。
・3dsmax Designへのインストールオプションを追加
・ヘアストリップのパラメーターを変更する事ができます。
・カーブエディタ上の全てのポイントを移動・削除できます。
・Alembicエクスポート時にUP軸を選択できます。
・Alembicエクスポートにレンダリング時のヘアーを出力するオプションを追加
・オブジェクト毎にAlembicファイルを出力するオプションを追加
・ブラシパフォーマンスが大幅に向上
・プラシ強度やサイズの変更がリアルタイムにフィードバックされるように改良
・Pull brushで毛を真っ直ぐにする事ができます。
・Ctrlキーを押す必要無しに修正パネルからサーフェスブラシをロックする事ができます。
・Ornatrix ツールバーを追加
・3dsmax 2016 サポート
・V-Ray RTでレンダリングする場合、ヘアレンダリングを単純化するオプション(Quick hair)をVRayOrnatrixModに追加

その他不具合の修正多数

購入はこちらから

Ornatrix v3.0リリース開始

Ornatrix V3 Campaign

この度3dsMax用Hair/FurプラグインのOrnatrixv3.0がリリースされました。

V2.0と切らべてv3.0はセットアップに有利なツールバーとベータ版で搭載された短冊ポリゴンの間を補間する様にストランド(ガイド)を生成する機能が追加されました。

その他、多くのバグ修正を含むv3.0は、過去のバージョンのユーザー様であればアップグレードが可能となっております。

2014年 10月31日(金)発注手配完了分まで特価にてご提供しております!

購入はこちらから

Ornatrix v3 短冊メッシュを使ってヘアースタイリング新機能! (Hair from Mesh Strips)

現在ベータテスト中の Ornatrix v3 には、よくある短冊メッシュを使ってヘアースタイリングを行う新機能「Hair from Mesh Strips」が追加されました!
日本のモデラー様には馴染み深い機能でヘアーモデリングできるのではないでしょうか。

Ornatrix販売中です。

Ornatrix Alembic パイプラインのデモムービー

ephereがOrnatrix 101ビデオを投稿。
今回は、Alembic パイプラインの紹介です。Ornatrix 3 (現在ベータテスト中)は Alembic の出力をサポートしており、
3dsMaxで作成したヘアージオメトリやヘアーアニメーションをAlembicのヘアージオメトリとしてで出力できます。

Alembic ヘアーはMayaのAlembic読み込みで取り扱えます。V-Ray for Mayaをお持ちであれば、V-RayはAlembicを直接 V-Ray Proxyとして読み込めるので
大量のヘアーをストレス無くMayaに持ち込む事ができます。(ビューポート表示数を個別に変更できます。)

V-Ray 3 のプログレッシブサンプラーを使えば、ヘア-のプレビューも短時間で確認できます。

Ornatrix v2.2.5.0アップデート


Ephere社は3dsMax用HairツールのOrnatrixのv2.2.5.0アップデートを発表しました。

開発元ダウンロードページよりアカウントログイン後ダウンロードしてください。

Ornatrix v2.2.5.0チェンジログ
==========================
*修正:Guides from Guide mesh モデファイアで常にディストリビューション用メッシュが評価されないパイプラインのために、生成したヘアーが選択したディストリビューション用メッシュと一緒に移動しない問題を修正
*修正:Hair from guidesモデファイアはいくつかのフェースが大規模な毛数を持っている場合、アーティファクトを防ぐためにフェースあたりの均一な分布にヘアーカウントをし直す用に修正
*修正:内部修正
==========================

[作品紹介] Ornatrixを使ったぬいぐるみのチュートリアル

Ornatrixを使ったぬいぐるみのチュートリアル

チリ在住アーティスト Bruno Jiménez 氏が Ornatrix V-Ray for 3dsMax を使った非常にHigh Qualityなティディベア作成チュートリアルを掲載しています。
VRayOrnatrixMod を使ってVRayネイティブのヘアーとしてレンダリングされています。
[チュートリアルはこちらへ→] http://www.bjuice.fr/bjuice/?p=1128

現在弊社では Ornatrix の日本語マニュアルをリニューアル中です。
ユーザー様にはオンラインマニュアルとして提供予定です。

作品紹介:Blur Studio社 “The Elder Scrolls Online” シネマティック

作品紹介: Blur Studio社  The Elder Scrolls Online シネマティック

3D World のWEBサイトに米国Blur Studioの「The Elder Scrolls Online」のシネマティックに関するインタビュー記事が掲載されております。
http://www.3dworldmag.com/2013/02/12/blur-studio-on-the-elder-scrolls-online-cinematic/

Blur Studio社は以前からメインのレンダラーに V-Ray 2.0、ヘアーファー用ににOrnatrixを使用している事が知られています。

記事では、Elder Scrollsのプロジェクトでの新しい試みとしてBlurパイプライン上でのヘアーシステムの最適化を試みたとの事。(これを達成する為にV-Ray 2.0 とOrnatrixの最新バージョンを導入)

以前のパイプラインではヘアーを別パスでライティング・レンダリングし合成して馴染ませる手間を掛けていたが、最新のV-Ray2.0とOrnatrixの組み合わせではヘアーもGI等も含めて1パスでレンダリングできるので、複数パスの為のレンダリングバッチ、合成作業の短縮に繋がったそうです。

また、数千万ポリゴン、数百ギガバイトのテクスチャー、大量のディスプレイスメントマップで構成されるシーンの背景、キャラクター等を全て1パスでレンダリングする事にもチャレンジしたそうです。

※V-Rayレンダリングエンジンのコアは、これらを達成できるスマートなダイナミックメモリシステムを搭載しています。(レイトレーシング・オンデマンドでメッシュやテクスチャーの必要な部分だけをメモリに読み込む機能です。これを活用する事で無制限に巨大なシーンを一度にレンダリングする事ができます。)

作品紹介:CARTIER WINTERTALE

フランス、パリを拠点としているクリエイティブスタジオ「UNIT IMAGE」が、新作「CARTIER WINTERTALE」を公開しました。
3dsMax と Ornatrix を使っているとの事。
(レンダラーは現時点では不明です。ちなみに前作「ZOMBIU TRAILER」では V-RayOrnatrix を使用されています。)

作品本編

メイキング

http://vimeo.com/58538984