V-Ray for Softimage

V-Ray 1.7 for Softimage アップデートをリリース [2015サポート]

ChaosGroupは V-Ray 1.7 for Softimage をリリースしました。既存ユーザーへ無償アップデートです。 今直ぐChaosGroupのアカウントからダウンロードいただけます。 このバージョンでは Softimage 2015をサポートの他いくつか機能の追加および不具合の修正となっています。 V-Ray Softimage 1.7 新機能
  • Softimage 2015をサポート
  • イメージシーケンスをサポート (scene time source)
  • ICEの頂点カラーおよびウェイトマップをサポート
  • "Color to Scalars"シェーダーを実装
  • Softimage標準ライトの Diffuse および Specularオプションをサポート
  • VRayフォルダの場所をカスタマイズできるように VRaySetHelperFolderLocation SI カスタムコマンドを追加
  • ICE user normals をサポート
  • 領域レンダリングで浮動小数点(32bit)カラーをサポート
  • VRayMtlのReflectionに"Affect channels"オプションを追加
  • V-RayExtraTextureレンダーエレメントをサポート
  • VRaySamplerInfoTex"UV coord"のサンプリングタイプを追加
  • マテリアルインポーターはオリジナルマテリアルの名前を保持するようになりました
改良された機能
  • フレーム毎のvrscene出力を自動的ではなく、Pass Options | Archive で数値を設定できるオプションを追加
その他不具合多数... V-Ray for Softimageの商品説明ページはこちらへ