チュートリアル&ノート

ライオンの像のチュートリアル

Metashape Standard版、Professional版ではともに写真から3次元モデルを生成することができます。今回はStandard版を利用してサンプル用の写真から実際に3次元モデルを生成してみましょう。

メモリ必要量の目安

この記事では、さまざまなタイプの測量(高高度空撮測量と近距離空撮測量)の一般的な処理に費やされたメモリ消費のピークと処理時間の例を示します。

航空測量の撮影ヒント(ドローン、UAV)

良好な品質の結果を得るには、写真のオーバラップ率を進行方向パスで80%以上、隣のパスと60%以上は確保してください。

手動でチャンクを整列する

この記事では、マーカーを使用せずに、さまざまなプロジェクトのモデルを手動で整列させる方法のワークフローについて説明します。この方法は MetaShapeスタンダード版でも可能です。