FAQ


PhotoScanに関するよくある質問をまとめました

総合Q&A

2012年~に販売されたデジタルカメラであればほぼどの機種でも大丈夫です。

標準的品質の再構築プロジェクトであれば500万画素以上のデジタルカメラが望ましいです。

解像度は高ければ高い程良い結果を得る事ができます。

不得意な被写体があります。主に以下に該当するオブジェクトや写真からオブジェクトを生成する事は難しいでしょう。

鏡、クロームメッキなど反射(スペキュラ)の強い光源下で撮影した写真

photoscan

毛羽立った物、(ファー類)

photoscan

透過するオブジェクト

photoscan

細く揺れるオブジェクト

模様や表面に変化のないオブジェクト

photoscan

白飛び、もしくは暗部が潰れている写真

photoscan

一部がぼやけている写真

photoscan

煙や炎など実態がないもの

ライセンスについて

何台でもパソコンにインストールすることは可能ですが、認証は所有しているライセンスの数しか行われません。

開発元に申請が必要ですが可能です。

利用しているマシンがインターネットに接続されていない場合、もしくは何らかの理由でオンライン接続できない場合はオフライン認証手順でライセンスを認証させることが出来ます。

詳しくは弊社サポートページ(要ログイン)かフォームよりお問合わせ下さい。

PhotoScan Standardについて

生成できるオブジェクトの詳細さに特に違いはありません。プロフェッショナル版はPhythonによる自動処理、地形情報の付加、地図用データの出力等に特化した製品です。

PhotoScan Professionalについて

いいえ。Pro版のネットワーク計算はネットワークインスタンス分のライセンスが必要となります。つまり10台を使って計算したい場合は単純にPro版10ライセンスを購入いただく必要があります。

操作方法について

ターンテーブルで撮影する事もできますが、変化しない背景を除外する為に全写真にマスキングが必要になります。従って、ターンテーブルの撮影ではマスクを抜きやすいバックグラウンドで撮影すべきでしょう。

非常に高度ですが適切な数のカメラリグさえ用意できれば、動いている物体の一瞬を3Dスキャニングできます。 要するに多方向からのスナップショットを一瞬で行えば良い訳です。

例えば 20台以上のカメラリグを組み上げ、1度にショットすれば、動いている物体の1瞬を3Dオブジェクトとしてキャプチャする事ができます。

必要ありません。全てお使いのパソコンだけで処理できます。インターネットに接続する必要もありません。

被写体を撮影する場合、以下のルールを守ってください。

photoscan

平面の撮影する場合は、1視点からではなく

photoscan

複数の視点から撮影してください

室内を撮影する場合、特定の撮影ポイントから撮影するのはではなく

photoscan

常に撮影ポイントを移動して撮影してください

オブジェクトを撮影する場合、特定の角度だけでなく

photoscan

各写真が60%以上オーバーラップするように撮影してください

PhotoScanのアルゴリズムは各写真のピクセルのマッチング情報から深度を判断する為、ピクセルレベルでマッチングできる情報が多い程精度が高くなります。

例えば左のように滑らかで表面上の変化が乏しいオブジェクトよりも、右ように、表面に微細なパターンが存在するオブジェクトの方が上手くディテールを捕らえる事ができます。

もし被写体に模様を載せる事ができるなら、模様ありと無し(テクスチャー用)の2パターン撮影する事を推奨します。

残念ながらPhotoScanにはディスプレイスメントマップの生成機能はありません。

なお指紋や毛穴等の超微細なディテールは、PhotoScanで生成した高解像度テクスチャーマップをグレースケールに変換してZBrushやレンダラーでディスプレイスメントマップとして割り当てる事で視覚的に十分な品質のディテールを得る事ができます。

(ディスプレイスメントマップに使う場合、撮影時に偏った陰影が無いように被写体に万遍なく照明を当てて写真を取ると良いでしょう。屋外では曇日の撮影が望ましいです。)

可能ですが、PhotoScanは写真のFOV(視野)、レンズディストーションの解析にEXIFデータを使用します。

EXIFデータ付きのデジカメ写真が最も信頼的が高くなります。EXIFデータが付加されていない画像の場合、デフォルトでは35mm換算で 50mm の焦点距離で撮影されたデータとして処理されます。

なおカメラのキャリブレーションパラメーターは手動で調整する事が可能です。

Toolsメニュー >> Preferences.. >> Generalタブで Language: を Jpanese にセットしてOKをクリックしてください。