V-Ray for CINEMA 4D

V-Ray for CINEMA 4D 1.9b アップデート

19b LAUBLabは V-Ray CINEMA 4D 1.9b マイナーアップデートをリリースしました。 ユーザー様は今直ぐ弊社V-Ray C4Dサポートページよりダウンロードいただけます。 (サポートページへのアクセス方法はV-Ray for CINEMA 4D購入時の案内メールに記載しております。) V-Ray CINEMA 4D 1.9bの変更点:
  • V-RayShaderに新しく"LayereMax" シェーダーを追加。レイヤーをPhotoShopのような演算モードで合成できるようになっています。(古いLayerシェーダーを使ったシーンをを開いた場合は、そのまま旧型のLayerシェーダーが適用されます)
  • V-RayShaderに "Maya noise"のような新しいシェーダーが追加されています。
  • CINEMA 4D用のシェーダープリセットライブラリーを提供。ダウンロードページからダウンロードできます。
  • Z-Depthレンダーチャンネルで"depth from camera"チェックを有効化する事で、Z-Depthの近点、遠点をカメラとリンクするようになりました。C4Dカメラの近点、遠点をアニメーションする事でZ-Depthもアニメートされます。
  • CINEMA 4Dのリニアワークフローを有効にすると、幾つかのシェーダーをベイクした時に白いピクセルが発生したり、誤ったガンマを出力する不具合を修正
  • 合成タグと屈折ボリュームの重ねあわせを同時に使用した場合の不具合を修正
次のアップデートで追加される可能性が高いシェーダー: ・3dsMaxで有名な "bercon" シェーダー ・Mayaで有名な "sampler info" シェーダー 新しく追加されたV-Rayシェーダーのライブラリーデータ。 shaderlib LayerMaxシェーダー。3dsMaxのレイヤーマップを完全にエミュレートしたシェーダーです。 new layer shader1 V-Ray for CINEMA 4D の製品案内はこちらへ