ブログ

Chaos社 V-Ray 5 Revit, Update 2 の提供を開始

Chaos社 V-Ray 5 Revit, Update 2 の提供を開始

Chaos社は V-Ray 5 for Revit、Update 2 をリリースしました。簡単にシーンを探索、更新でき、仕事に本当に役立つ一連の強力な新しいツールが追加されています。

V-Ray 5 for Revit、Update 2は、既存のV-Ray 5 for Revitユーザー様に無償アップデートです。Chaosアカウントよりダウロードをお願い致します。

評価版もアップデートされていますので、ぜひお試しください。

V-Ray 5 for Revit、Update 2 新機能

  • ホストのRevitプロジェクト内から、リンクされたV-Rayマテリアルとオブジェクトの置換にアクセスして制御できます
  • 選択したサーフェス上にさまざまなオブジェクトを分散(スキャッタ)させることにより、Revitモデル環境に密度のあるディテールを追加できます
  • RevitモデルをChaos Vantageにライブリンクし、純粋なレイトレーシングでリアルタイム表示・レンダリングできます
  • 地面、タイル、木組みの床、レンガの壁など、200を超える無料のアセットを備えたChaosCosmosの新しいマテリアルカテゴリが利用可能です
  • Cosmos3Dモデルのベースとなるマテリアルにアクセスして変更または置換することにより、Cosmos3Dモデルの外観をカスタマイズできます
  • V-Ray Visionのスタンドアロンで動作するライセンスフリーのexeエクスポート機能を使用して、クライアントや同僚とデザインを簡単に共有できます
  • V-Ray VisionでRevitのネイティブ日光シミュレーションを使用し、それらをV-Rayで映像としてレンダリングエクスポートして、クライアントと共有できます
  • V-Ray Visionの手続き型芝生サポートを使用して、任意の表面にリアルな草を生成してレンダリングできます
  • V-Ray Vision内でIESライトを視覚化可能で、実在するライトをあらゆるインテリアに追加できます
  • V-Ray Visionの新しいアンビエントライトモードを使用して、直射日光のない室内など、ライトの無い空間を視覚化します
  • V-Ray Materialの新しい薄壁(thin-walled)および半透明パラメータを使用して、複雑な透明および半透明のマテリアルを作成できます
  • V-Rayフレームバッファの新しいSharpen & Blurフィルタを使用して、ポスト効果でレンダリングによりはっきりとしたエッジを演出できます

新機能のデモンストレーションビデオ

Revitモデルとのリンクを簡単に編集・置換できます

Chaos Vantageとライブリンク機能で、Revitのシーンをリアルタイムにレイトレーシングレンダリング

Chaos Cosmosマテリアルが利用できるように。リアルな外観も短時間でセットアップ!

V-Ray VisionでRevitの太陽光シミュレーションを利用可能に。スタンドアロンで動作するライセンスフリーの.exeを生成して顧客に配布できます。
芝生やIESライトもV-Ray Visionで利用可能

V-Ray 5 for Revitの製品案内はこちらへ

関連記事

ページ上部へ戻る