ブログ

V-Ray 5 for Nuke 発売開始

V-Ray 5 for Nuke 発売開始

Chaos Groupは V-Ray 5 for Nuke を発売開始致しました。

既存のV-Ray Next for Nukeユーザー様は有償でのアップグレードとなります。

※V-Ray 3 for Nuke[初期リリース]からはアップグレードいただけません。これは V-Ray 3 > V-Ray Next > V-Ray 5 とアップグレードするのと、V-Ray 5 新規購入と価格が変わらない為です。またV-Ray 5 リリースされましたので、古いV-Ray 3 for Nukeのサポートは終了いたしました。


V-Ray 5 for Nukeの主な新機能:

ライトパスエクスプレッション(LPE)
ジオメトリだけでなく”光の挙動”を使用して非常に効率的な合成のための柔軟なマスクを作成できます。ビルトインのプリセットやLPE生成ツールにより簡単に始めることができますが、究極の制御のためにブーリアンを備えたスクリプトが用意されています

新しいVRaySkyモデル
新しいSun/Skyモデルで夕焼け時と太陽が沈んだ後の空をよりリアルに再現します。

V-Rayマテリアルに新レイヤー
新しいV-Rayマテリアルには、コートレイヤーとシーンレイヤーが組み込まれました。”コート”を使用するとニスを塗った木材などの反射コーティングを施した素材を簡単に作成できます。”シーン”を使用すると、シルク、サテン、ベルベットなどの生地を簡単に表現できます。

METALNESSパラメーター
“Metalness”による反射コントールに対応。リアルタイム系と同じ物理シェーダー用テクスチャーをV-Rayマテリアルでも利用いただけます。

VRayPluginMtl
V-Ray Nuke用にインターフェースを持たない、V-RayStandalone用に作成されたV-Ray用のプラグインシェーダーにアクセスできます。

VRayEnvironmentFog
テクスチャーを使用できるボリュームフォグが使用できます。さまざまなボリューメトリック表現を実現します。

V-Ray 5 for Nuke は Nuke 12.0, 12.1, 12.2 のWindowsおよびLinuxオペレーティングシステムの両方で正式に利用可能です。

V-Ray 5 for Nuke の製品詳細はこちらへ

関連記事

ページ上部へ戻る