ブログ

Ornatrix Maya V3 が発売開始

Ornatrix Maya V3 が発売開始

Ornatrix Maya V3 は、およそ2年間の活発な開発とベータテストの後に完成しました。このメジャーアップデートでは、GUI、パフォーマンス、ヘアーの表示、最適化、そしてもちろん機能など、ほぼすべての面でOrnatrix MayaV2を大幅に拡張しています。

既存のライセンスをアップグレードするのは簡単です。また今回、Ornatrix初のレンタルオプションも追加しました。

Ornatrix Maya V3 の新機能:

ガイドの編集

・ベースや数の変更からストランドを保持するトラッキング機能
・すべてのブラシがMayaネイティブツールになりました
・カスタムブラシが追加
・削除ブラシが追加
・Mayaツールとしてストランドを描画します
・ストランドの描画機能は、既存のストランドを延長および変更できます
・Edit Guides amount値が、ストランドの削除と作成に反映されます
・Edit Guides Shapeで適用されたコンポーネントをオフにする事ができます
・Ornatrixオペレーターをベイクしてシンプル化できます。

サーフェスへのコーミング

・Triangulation モード
・MayaツールとしてのSink編集
・サーフェスコーム、シンクは、ブラシのように新しいサーフェスまたは既存のヘアに対して作成できます。


Hair from Guides(ガイドからのヘアー生成)

・ヘアのパーツでストランドグループが使用できます
・Hair from GuidesでGuide proximityモードおよびbarycentric interpolation(重心補間)がデフォルト有効


Arnold Render

・ストランドチャンネルの出力サポート
・ARNOLDを使用している場合、作成されたヘアにaiStandardHairシェーダーが割り当てられます。


ヘアークランプ

・クランピングツールがMayaのシェルフに追加されました
・クランプヘア編集ツールは、選択したクランプヘアを表示するためにヘア選択のオーバーレイを使用します


Frizz

・長さを保持するオプションが追加

アニメーションキャッシュ

・録画の開始と終了フレームの指定オプション追加

Ground

・”Ground closest end” パラメーターを追加

その他

・AI アニメーター : 機械学習を使用して、事前定義されたアニメーションに基づいて髪の動きをトレーニングします
・ノイズオペレーター : 基本的なランダムな髪の動きをアニメーション化したり、髪の形にランダム性を追加します
・Smooth Surface operator : OpenSubDivを使用してサブディビジョンサーフェスのベースメッシュ上にストランドを密着します
・ヘアーサーフェスの依存関係に対するメモリ必要量が軽減され、ポリゴンベースメッシュでの作業が高速化され、メモリ使用量が少なくなります
・Strand group patterns : 単一ストランドのグループではなく、パターンを使用して必要に応じて一連のストランドグループのオペレーターをフィルタリングします
・Strand group blending : さまざまなオペレーターのストランドグループ間でブレンドを行う事ができます
・Multiple hair strand groups: 1本のストランドが複数のストランドグループに所属できるようになり、さまざまな効果をより細かく制御できるようになりました。
・USD (Universal Scene Description) での hair curve エクスポートをサポート

ビューポート表示

・ビューポートヘアレンダリングの速度が大幅に向上
・ヘアオーバーレイカラーでは、カスタム彩度のヘアでストランドグループ、チャネル値、および選択を直接示します

Ornatrix Maya の購入はこちらへ

関連記事

ページ上部へ戻る