FumeFX は、Autodesk 3ds max, Maya用の強力なフルイドダイナミクス・プラグインで、リアルな炎、煙、爆発、その他ガス状流体のシミュレーションとレンダリング用に設計されています。流体ガスの動作の繊細さと複雑さを表現に特に優れており、それはVFXアーティスト、ゲーム開発者、コマーシャル映像、科学技術映像など、複雑な大気現象を視覚化する全ての人に推奨できる製品です。



FumeFXのスピード、使いやすさ、品質から映画「Thor」のVFX表現に最適なツールとして選択されました。クロスプラットフォームのAPIにより、Maya内でシミュレーションを視覚化およびレンダリングするためのツールスイートを構築できました。この柔軟性によりFumeFXを既存の照明パイプラインにそのまま利用できました。Sitni Sati社の強力なサポートにより、Mayaで初のFumeFXを採用した大規模プロジェクトを成功させました。今後世界中の映画で使用される事を楽しみにしています。

Luma Pictures社 CGスーパバイザ Richard Sutherland氏によるコメント


FumeFX 5.0 新機能

FumeFXの最新版は、創造性を解放し退屈な作業を最小限に抑える独自のツールセットをアーティストに提供します。 FumeFXコアを書き換えた結果、ソルバーの不安定性を恐れることなくあらゆる不規則なオブジェクトをシミュレーションに使用できます。新しく実装されたconservative advection、MayaビューポートでのGPUプレビュー、高速シミュレーション、.fxdマルチスレッド非可逆圧縮、などの数多くの新機能が提供されています。

Copyright Sitni Sati 2018.


映画およびゲームでの採用例

Video clips are courtesy of Blur Studio, Iloura, Hydraulx, Luma Pictures, Mr. X, Pixomondo, Mr. Ruairi Robinson and Uncharted Territory.


ワークフロー

FumeFXユーザーインターフェイスはMayaのアトリビュートエディターに統合されており、すべての主要な流体シミュレーションコンポーネントを一括操作可能で、シミュレーションのセットアップを簡単かつ効率的にしています。 GPUでアクセラレートされたMayaビューポート2.0内でフルイドプレビューにより、シミュレーション中にユーザーがリアルタイムにパラメーターを変更し即時フィードバックを得る事ができます。

FumeFX interface

インターフェース

FumeFXインターフェースは、シミュレーション、レンダリング、プリセット、ソースパラメーターの操作を1か所に集約しています。シミュレーションキャッシュをすばやく簡単にナビゲートし、シミュレーションパラメーターを直感的に制御できます。
FumeFX GPU accelerated viewport

GPUビューポート

GPUビューポート表示は、最終レンダリングに近い画像を生成し、シミュレーションの見た目と動作に関するフィードバックをリアルタイムに提供します。なおシミュレーション中にビューポート表示を .pngファイルとしてエクスポートできます。場合によってはこの画像でも利用できるでしょう。

* Maya 2015ext1 以降でのみサポート

FumeFX network simulation

ネットワーク

作業効率を高めるために、FumeFXではBackBurner、Deadline、またはリモートデスクトップアプリケーションを利用してFumeFXまたはFumeFX SLがインストールされている別のコンピューターでシミュレーションタスクを実行できます。

Interviews


  • FumeFX interview with Bottleship VFX

    Hristo Velev from Bottleship VFX made his name creating destruction and particle dynamics on spectacles like ‘2012’, ‘Sucker Punch’, ‘Iron Man 3’, among others. Very active in the animation community, authored several training packages. One of the founders of Bottleship in 2013, positioned as FX lead and general co-manager.


    Click here to read the whole interview.

  • FumeFX interview with Anselm Seherr-Thoss

    Anselm von Seherr-Thoss has been a 3D VFX artist for many years and he's been award winning Visual Effects Technical Director and VES (Visual Effects Society) member with emphasis on particle based effects as well as Fluid Simulations, Shading and Post Production. He worked on movies like James Cameron's "Avatar", Transformers 4, Star Trek - Into Darkness, COSMOS: A Spacetime Odyssey, The Expendables 3, Northmen - A Viking Saga, G.I. Joe-Rise of Cobra, The A-Team, Ridley Scott's "Robin Hood", Priest, SuckerPunch(Previz) and many more.


    Click here to read the whole interview.

  • FumeFX interview with Luma Pictures on Thor movie

    This time we're presenting you an interview with Luma Pictures, a full service visual effects facility located in Santa Monica, California. In last ten years there have contributed to more than 60 films, including blockbusters such as Thor, Captain America: The First Avenger, The Green Hornet, Harry Potter and the Half-Blood Prince, Pirates of the Caribbean: At World's End and all four films in the Underworld series.


    Click here to read the whole interview.

  • FumeFX interview with Blur Studios

    Sitni Sati brings you exclusive interview with Kirby Miller, FX Supervisor at Blur Studio. Blur Studio is an award-winning production company based in Culver City, California. Established in 1995, Blur is built upon a solid foundation of artistic excellence and technical ingenuity. Producing stunning live action, animation, visual effects and design for any media platform is the heart and soul of our culture...


    Click here to read the whole interview.

  • FumeFX Green Lantern interview

    We present you an interview with Will Shepherd, a producer at Spatial Harmonics Group from Los Angeles. They have produced FX since 2009 for over 20 clients ranging from tradeshow floor graphics to feature film work.


    Click here to read the whole interview.

  • FumeFX interview with Luma Pictures on Captain America movie

    Over the last 2 years Luma Pictures has worked on several Marvel Films, which heavily relied on FumeFX and its toolset. Luma, after having collaborated with Sitni Sati on the FumeFX for Maya version during Thor, and the FumeFX Arnold Shader, put all that tech through its paces on Marvel’s “Captain America: The Winter Soldier”™ and “Ant-Man”™ films.


    Click here to read the whole interview.

  • FumeFX interview with Allan McKay

    Allan McKay has been in the VFX industry for 18 years and awarded as an Autodesk Max Master by Autodesk, Emmy award winning and also worked on many Oscar winning movies. During his career he’s been working on shows like Star Trek 2, God of War, Superman, Transformers 3, Looper, Flight, The Last Airbender, Priest, Daybreakers, Blade Trinity. He has also released numerous FumeFX training material on DVDs...


    Click here to read the whole interview.

  • FumeFX and interview with Iloura on Ghost Rider movie VFX

    Iloura is a creative studio. A collective of artists and technologists that make and enhance creative content for film and television productions, commercials and the ever-evolving world of experiential and interactive media. They have specialised in 3D and character animation, 2D VFX, and on-set VFX supervision and motion design.


    Click here to read the whole interview.

シミュレーション

FumeFXシミュレーションコアは絶えず改善および改良されており、最小限のシミュレーション時間で高レベルのリアリズムを実現しています。映画制作、ゲーム制作、広告制作、およびリアルな炎と煙の映像化を必要とする分野での10年以上の成功した使用により、ユーザーが信頼できる流体シミュレーションパッケージとして評価されています。映画 "2012"の様に街全体を破壊したりする場合でも、FumeFXは時間内にショットを達成することができます。

Realistic explosion in Maya

ソルバ

FumeFXのQCGソルバーは、速度と堅牢性が最適化されています。高度に並列化されたコードを使用して、最も要求の厳しいシミュレーションタスクでも実行できます。
Burning candle in Autodesk Maya

酸素による燃焼

FumeFX内のFireモデルは式に酸素が存在します。この新しいコンポーネントは、燃焼プロセスを創造的に制御する為のさまざまな新しい方法をもたらします。
FumeFX vorticity

速度

さまざまな渦度モデルを追加することで、視覚的に異なる渦タイプを選択できるようになり、FumeFXシミュレーションの外観がよりユニークになりました。
Dragon breath fire fluid simulation

N-Sim

シミュレーション時間を短縮する素晴らしいソリューションです。N-Simにより、ユーザーは複数の重複するグリッドを同時にシミュレートでき、フィールドが重なっているグリッド境界間で自動的に流体が伝播します。
Pyroclastic cloud

ウェーブレット・タービュランス

既存のFumeFXシミュレーションにディテールを追加する事が、かつてないほど容易になりました。ウェーブレット・タービュランスは、グリッドの解像度を向上させ爆発、火災、または煙を改善するための、高速でメモリ効率の良い予測可能な方法です。
Autodesk Maya building destruction

パーティクル

さまざまなFumeFXベースのオペレーターが究極のパーティクルコントロールを提供します。

お客様の声


  • FumeFX has been an essential part of our pipeline since it was first released. We rely on FumeFX to create everything from the most demanding fire and smoke simulations to more subtle atmospheric effects such as dust and sand. We have completely integrated FumeFX 2.0 which adds great new features and functionality to an already robust and stable VFX solution.

    Dave Hare, Tigar Hare Studios

  • In our production, we are using Fume FX since version 1.0 and we found it to be highly reliable and optimized fluid simulation software. Not to mention that it's highly versatile and really enjoyable tool to work with. Its simplicity yet complexity and compatibility with other 3dsmax plugins we use (Thinking Particles, final Render) makes it greatly malleable tool in a production pipeline for making amazing dynamic scenes for feature films . Sitni Sati plugins helped 3ds max to a great extent to become popular as it is now.

    Rif Dagher, Cg Supervisor, Pixel Magic, CG fluids Inc.

  • FumeFX is an amazing plugin for fire and gas simulations. It works perfectly for us at the Calgary Fire Department. Alot of the fire fighters here have noticed how much more realisticly the fire and smoke moves and how well it reacts to environments in comparison to other animations they have seen.

    Ryan Chamberlain, Graphic Modeling Designer, Calgary Fire Department

  • Fume FX is already the industry standard in Hollywood for recreating realistic pyrotechnics such as fire, smoke and explosions and other atmospheric FX. It is used by many of the leading visual fx houses around the world for movie and game production. With Fume FX 2.0's amazing new features such as Wavelet Turbulence, Retimer & Post Processing, the possibilities are endless! Not only with its abilities to exceed more simulation detail than ever deemed necessary, but also its flexibility and capabilities for speeding up production work flow. Recently used on many film productions I've been tied to, as well as in my CG Society Workshops I have developed, it has always exceeded expectations and sometimes been the key reason for many of the larger non Windows based studios I've worked with to look at 3D Studio Max as their CG fire solution. Fume FX is the backbone of my studio pipeline and I solely rely on its advanced integration into 3D Studio Max & Particle Flow to achieve results necessary for producing many of today's Blockbuster visual FX shots.

    Allan McKay, Catastrophic FX - Blur - Industrial Light + Magic

  • Using FumeFX since version 1, I have watched it grow from something great to something truly amazing. Every project I use it on it proves itself more and more to be hands down the fastest and most economical fire/smoke solver out on the market. Companies are really starting to take note to FumeFX and working it into their pipelines, and with the new features in 2.0 like the "Retimer and "Wavelet simming", I suspect even more companies will gain interest. It has proved to be the essential tool to get the job done in time for deadline on "2012", "Alice in Wonderland", X:men Wolverine", and most recently "The Sorcerer's Apprentice". Every company needs atleast one box with FumeFX on it....it might save your project.

    Andy Byrne, Sr. FX artist, Hydraulx - Asylumfx - Cafefx

  • FumeFX's speed, usability and quality made it out tool of choice while working on "Thor". It's cross platform API allowed us to create a suite of tools to visualize and render our simulations within Maya. This flexibility allowed us to utilize our existing lighting pipeline while integrating Fume into our studio. We continue to collaborate with Afterworks to expand on our initial Fume in Maya success and look forward to using FumeFX on future shows.

    Richard Sutherland, CG Supervisor, Luma Pictures

  • FumeFX 2.0 is a huge step forward. The new post-processing features enable artists to re-time and add extra detail through wavelet turbulence greatly reducing the time needed to create simulation iterations. Also, the new per particle control on fume particle sources enables artists to maximize control over their simulations in conjunction with powerful particle systems like Thinking Particles. FumeFX 2.0 improves on a tool that was already best-in-class.

    Ari Sachter-Zeltzer, CG Effects Supervisor "2012" & owner of Shadowplay Studio

  • Fume FX is our goto package for all of our atmospheric needs. Fume's quality and speed are unparalleled in any other package. Our cinematics rely on Fume's ability to provide amazingly realistic, highly detailed, fantastic simulations which help bring Blizzard's worlds to life. Without it, our Director's vision would often be unachievable in any reasonable time frame. We're confident that whatever effect is demanded of us, Fume will be there to help us make it happen.

    Mike Kelleher, FX Supervisor, Blizzard Entertainment

柔軟性

柔軟性に関してFumeFXにはライバルがいません。そのツールは、グリッドデータに基づいて変更が行われるほぼすべてのシミュレーションパラメーターをユーザーが制御できるようにします。ボリュームエフェクトの形状を微調整するためにデフォーマーを使って曲げる事さえ可能です。クネクネ歪む竜巻の作成はかつてないほど容易になりました。

Tornado with FumeFX and Maya

レンダーワープ

最終アニメーションを微調整する必要があるかどうかにかかわらず、レンダーワープの使用には多くの可能性があります。マウスを数回クリックするだけで、ユーザーはキャッシュされたシミュレーションを歪ませ、Mayaビューポート内またはレンダリングされた画像内で結果の変形を直接見ることができます。
FumeFX Effectors

エフェクタ

ほぼすべてのシミュレーションパラメーターとフィールドをクリエイティブに制御できます。エフェクタを使用すると、速度によって渦度を制御したり、他のチャネル値に基づいて煙を生成したりするのが簡単です。エフェクタは、チャネルデータを次の段階に進化させます。
Maya simulation retiming

ポストプロセッシング

ポストプロセッシングを使用すると、ワークフローで不要になったチャネルを除外することで、キャッシュのリタイム、歪みのレンダー、さまざまなフォーマットへの変換、キャッシングの改善、ディスクスペースの節約を行うことができます。

採用作品


レンダリング

FumeFX for Mayaは、Arnold Render、V-Ray、mentalrayの独自のシェーディングサポートを備えています。 Redshift、Octane、Coronaなどの他のレンダラーは、OpenVDBファイル形式を使用してFumeFXキャッシュをレンダリングできます。

Rocket exhaust fire in Maya

レンダー

FumeFXには、レンダリングを高速化するためのイルミネーションマップと複数の散乱モデルが組み込まれています。またモーションブラーのレンダリングもサポートしています。
Smoke multiple scattering

シェーディング

FumeFXシェーダーには、アーティストに優しいコントロールを備えたブラックボディのファイアシェーダーが組み込まれており、シミュレートされた物理的な色に基づいて鮮明なディテールの光と煙の色をシャープに表現します。
Maya Arnold render

Arnold Renderer

ネイティブのFumeFX-Arnoldシェーダーの統合により、ユーザーはfxdからvdbへの変換を必要とせずに、ARNOLDで直接FumeFXの炎と煙をレンダリングできます。標準シェーダーは Normal、Depth、VelocityパスのAOVもサポートしています。

価格


¥94,600
(税込)
永久ライセンス
FumeFX Workstation
¥53,790
(税込)
1年レンタル
FumeFX Workstation
¥40,150
(税別)
4.x からアップグレード
FumeFX