RailClone

RailClone 3: 簡単で高機能なパラメトリックモデリング

Play

製品プレモーションビデオ

新着情報

Autodesk社の協力により、3ds Max 2019リースと同時にサポート致しました。
Itoo社の3ds Max 2019サポートアナウンス

どこで利用されている?

RailCloneが活躍する場面

Archviz, RailClone

建築ビュジュアリゼーション

RailCloneのルールベースの配列と変形アルゴリズムは、建築のモデリングにうってつけな手法です。手すり、階段、床、天井、外装、ファサードなどを簡単に作成できます。

Visual Effects, RailClone

ビジュアルエフェクト

RailCloneの高度なインスタンス・エンジンは、僅かなメモリ消費で巨大なオブジェクトをレンダリングする事ができます。本物のように細部にこだわったオブジェクトを作成し、通常の方法では重すぎてレンダリングできないようなシーンを構築しレンダリングする事ができます。

Architecture, Engineering, Construction, RailClone

建築、建設、都市設計

RailCloneは、各種CAD(AEC)アプリケーションと組み合わせて利用する事ができます。 Autocad、Revit、Civil 3Dや、その他の互換CADソフトウェアからベースとなるガイドラインを読み込んで、そのライン上にRailClone・オブジェクトを生成する事ができます。プレゼンテーション・レンダリングだけでなく、デザイン・プロセス段階から活躍できるソフトウェアです。

なぜRailCloneなのか?

RailCloneは業界をリードするパラメトリックモデリング手法を3dsMaxにもたらします。RailCloneを使えば、プログラミング知識を必要とせずに手続き型のオブジェクトを作成できます。

RailCloneは他のパラメトリックツールとは異なります。特徴的なのは極一般的なモデリング方法を使用して作成されたジオメトリを配置したり操作したりしてパラメトリックなオブジェクトを作成します。つまり、3ds Maxでモデリングできる物は全て、RailCloneで利用できます。

サードパーティ製のスクリプトを組み合わせたり、また誰かにツールの作成を依頼する必要もありません。 RailCloneのユニークなワークフローにより、RailClone1つでほぼすべてのパラメトリックオブジェクトを作成できます。

主な機能紹介

Play ItVersatile, RailClone

多用途

RailCloneの創造性に制限はありません。特定モデル用に設計された他のスクリプトやプラグインとは異なり、RailCloneではあらゆる人工的な構造物をパラメトリックに作成できます。

Play Iteasy to use, RailClone

使いやすいインターフェース

RailCloneでは、解りやすいノードエディタを使用して構造物を作成します。RailCloneではプログラミングに関する知識はほとんど必要ありません。

Play Itfast, RailClone

高速!

RailCloneは完全にマルチスレッド化されており、スピードと効率化の為の高度な最適化が行われています。何千もの非常に細かいパーツで作成された巨大なパラメトリックオブジェクトを作成およびレンダリングすることができます。

Play Itadaptive, RailClone

つなぎ目無し

RailCloneではジオメトリを変形およびスライスしてシームレスなオブジェクトを作成します。構造のルールを設定するだけで、必要なすべての変形・接続処理が自動的に適用されます!

Play Itsmart, RailClone

スマートな傾斜対応

RailCloneでは斜めのパスとサーフェスに沿ってジオメトリを変形させる高度なアルゴリズムを使用して、つじつまのあったパラメトリックオブジェクトを生成できます。斜めに配置された壁、階段、手すり、欄干、階段状のフェンスもRailCloneで簡単に作成できます。

Play ItReady to go, RailClone

直ぐに使えるライブラリ

RailClone Proには、フェンス、手すり、柵、道路、壁など、あらかじめ定義された350以上のスタイルが用意されています。ライブラリブラウザは完全にカスタマイズ可能で、ワンクリックで新しいカテゴリやモデルを追加して社内やネットで共有することができます。

全ての機能詳細はこちらを参照

機能詳細

RailCloneは 2バージョンあります

RailClone Pro

RailClone・Proでは、X,Y,Zの3軸にジオメトリを変形する高度なモード、無制限のセグメントとジェネレータ、RailCloneツール、オブジェクトを編集可能なメッシュに変換する機能を備えています。プロバージョンには、350を超えるスタイルプリセット・ライブラリと、ライブラリを編集して独自のオブジェクトを追加する機能も含まれています。

さらに、RailClone・Proでは、テクニカルサポートの提供、ベータ版へのアクセス、および期間中のアップデートを追加費用無しでご利用いただけます。

RailClone Lite

RailClone・Liteは無償で配布されている機能制限版のRailCloneです(商用利用可) RailClone・Proの多くの機能を提供しますが「最大3つのセグメント」「1つのジェネレータ」「平面スプライン」のみ利用可能という制限があります。ライト版ではプリセットスタイルが限られており、RailClone・Tool(ユーティリティ)、編集可能メッシュへの変換、ライブラリの編集機能も提供されていません。

Pro版とLite版の機能差リストはこちらを参照ください。