Pixologicは新たな躍進の始まりとなる「ZBrush 4」をリリースしました。ZBrush 4ではこれまで以上に新しいツール、新エクステンション、機能拡張が導入されており、ZBrush 4はデジタルアート・ソフトウェアの新しい基準を確立する事になるでしょう。ZBrush 4は創作活動に新次元の自由度を提供してくれます。初期のコンセプトから最終完成型までのあらゆる場面でZBrushは活躍する事ができます。ZBrushと他の3Dアプリケーション間でのデータをやり取りも GoZ を使ってボタン1つで実行する事ができます。

新しい ZBrush 4 は ZBrush 3.5 で示された革新をさらに進めた形で進化しています。頭に思い浮かべた物を直感的に形にする機能としてZBrush 3.5 で加えられた QuickSketch, ZSketch, Remesh に加えて、ZBrush 4では新たに ShaodwBox, Clipブラシ, SubTools作業の改良が加えられています。ZBrushでのハードサーフェスのスカルプト(人工的な曲面のモデリング)は、オーガニックモデリングと同じくらい手軽で強力な機能となりました。ZBrush 4では、自動車のような非常に滑らかな人工的な曲面をキャラクターと同じような感覚で思いつくままに成形する事ができます。思いつくままにモデリングを行ったら、新しい SpotLight ポリペイント・プロジェクションシステムを使ってモデルにテクスチャーを描く事ができます。さらに、3Dプリンターにモデリングデータを送って、制作したモデルを実際に手に取る事も可能です!

3Dモデルを作成したら、それをより一層素晴らしく見せるべきです。ZBrush 4ではより自由度の高いアニメーションムービーを作成可能にするタイムライン機能が追加されました。ポーズのアニメーション、カメラのアニメーション、音楽とアニメーションのシンクロ、音声を読み込みリップシンクするアニメーションなどを全てZBrush内で作成する事ができます。 タイムラインはアニメーション以外にも、モデルの状態を記憶させ、ある状態からある状態に素早く簡単に切り替えながら作業を行う為の補助ツールとしても大変便利に使う事ができます。例えば、サブツールの表示・非表示をタイムラインに記憶しておき、素早く好みの表示状態に切り替えるなんて事にも使う事ができます。ZBrush4の新しい「ベストプレビューレンダー」(略してBPR)を使えば、作成したモデルを驚く程リアルにレンダリングする事ができます。新しいBPRでは、サブサーフェーススキャッタリング、アンビエントオクルージョン、ファイバー(短毛)、高精度なシャドウ、アンチエイリアスのレンダリングを驚くべきスピードでユーザーに提供します。

ZBrush アーティスト: Marc-Olivier Plouffe
 

各業界リーダーからZBrush 4への言葉:

“Pixologicは再び自身を凌駕してしまいました。ZBrush 4に至っては4次元世界に突入してしまっています。”
Christopher Brandstrom - 上級モデラー - Framestore

“ZBrushは箱いっぱいのLegoブロックの様な物です。ZBrushを学べば創れない物は何もありません。”
Kristian (ScudzAlmighty) Davidson - フリーランス3Dアーティスト

“ZBrush4を使うと無口になってしまいます。広範囲に渡る新機能はこのプログラムの可能性をさらに押し広げてしまいました。私は、まだこのソフトの全貌を掴み切れていません!”
Scott Spencer - デザイナー - Weta Workshop

“複雑な形をゼロから作り出す時は、多くの場合他の3Dパッケージに頼らなければなりませんでした。しかし、ZBrush 4の中の新しいShadowBox機能を使えば、もはや他の3Dパッケージに戻る必要はありません。”
Christopher Brandstrom - 上級モデラー - Framestore

 

ZBrush4 ベータテスターの作品




さらに多くの作品をZBrushイメージギャラリーで見る事ができます。