MODO® 12 Series

クリエイティブの始まりはMODOから

MODOはゲームやバーチャルリアリティといったリアル系のアセット制作やコンセプトデザイン、映像制作、更には建築パースやプロダクトデザイン、繊細なディテールまで求められるプロダクトの設計など、ハイエンドなモデリングから、UV、リギング、3Dプリント、スカルプティング、アニメーション、レンダリングに至るまで、ユーザーへより快適、かつ効率的な3D制作環境を提供します。

主な機能

Modeling

機会系のデザインから柔らかい素材(モノ)、キャラクタや植物などの多岐にわたるモデルデータを制作する必要が迫られても、MODOはCADツールのように精密な設定が可能なツールと、柔軟なサブディビジョンサーフェス、そして手続き型のプロシージャルモデリングツールを組み合わせる事で対応できます。

Animation

MODOにおけるアニメーションは、モデリングやアニメーションツールと連動する用に実装されています。モデリングで使用されているのと同じツールが、アニメーションシステムでも直接ご利用になれます。MODOを使用すれば極めて正確なメカニカルアニメーション、また間接型に完全対応したスキンcharacterアニメーションを作ることが出来ます。

Rendering

MODOのレンダラーはスピード、品質の点において、他のどんなレンダラーにも引けを取らない結果を出力します。OpenColorIOにも対応しており、コンポジットの工程で必要となる様々なレンダーパスも容易に出力が可能です。

その他詳細はMODO Japanグループのページでご確認ください。