ZBrush 基本操作

第5回:クイックセーブ

初めまして!株式会社オークのキャラクターオークちゃんです。

当サイトの記事を読んでZBrushを使えるようになったらと思っています。

第5回はクイックセーブをやりますよ!

始める前に

当記事ではZBrush4R8 P2を利用しています。

ZBrushのアップグレードなどの情報は株式会社オークの製品NEWSをご確認下さい。

ZBrushインストールからアクティベーションの手順は株式会社オークサポートページ(要ログイン)を参照下さい。

クイックセーブ

前回はアンドゥヒストリー(操作履歴)をやりましたね!
ZBrushにもクイックセーブという自動で保存する(プロジェクトをバックアップ)機能があるんです。
自動と手動の二種類の方法があるので挑戦してみましょう!
まずは手動での保存の方法です! 画面の右上にクイックセーブというボタンがありますよね?もしくはショートカットで'9'を押すとクイックセーブすることが出来るんです。

クイックセーブで保存されたプロジェクトはライトボックス>クイックセーブで開くことが出来ますよ

Windows 版では C:\ ユーザー\ パブリック\ パブリックのドキュメント\ZBrushData\ フォルダ [C:\Users\Public\Documents\ZBrushData]
Mac OS X では MacintoshHD >> ユーザー >> 共有 >> ZBrushData フォルダ [/Users/Public/ZBrushData]にクイックセーブのプロジェクトが保存されていますね。

次は自動での説明ですよ。デフォルトでは20分でオートセーブされるようになっています。そうそう!ZBrushを1分間使っていないと勝手に保存してくれる機能もあるんですよ!
でもこまめに保存されちゃうとデータが重い時、フリーズしちゃったり結構イライラするんですよね。
そこでメニューから環境設定>クイックセーブで設定を変えていきますよ。最大持続時間(分)でオートセーブされる時間を好みの時間に変えてみて!

待機時間(分)でZBrushを使っていないときのオートセーブの時間を変えてみてね!

履歴スキップでは自動クイックセーブをされる時にアンドゥ履歴を含むかを選択できるよ。有効にするとファイルが軽くなりますよ!

最大クイックセーブ数はデフォルトは10個だけど、10個クイックセーブで保存できて11個目を保存する時は一番古いクイックセーブが消えちゃうので気をつけてね!

クイックセーブの設定を変えたら必ず設定を保存しようね。やり方は前回の記事を参考にしましょう!じゃないとZBrushが次回忘れちゃいますからね。

次回は・・・

次回はカメラワークに挑戦しますよ。お楽しみに!