ZBrush 基本操作

第4回:アンドゥヒストリー(操作履歴)

初めまして!株式会社オークのキャラクターオークちゃんです。

当サイトの記事を読んでZBrushを使えるようになったらと思っています。

第4回はUndo History(操作履歴)をやりますよ!

始める前に

当記事ではZBrush4R8 P2を利用しています。

ZBrushのアップグレードなどの情報は株式会社オークの製品NEWSをご確認下さい。

ZBrushインストールからアクティベーションの手順は株式会社オークサポートページ(要ログイン)を参照下さい。

Undo History(操作履歴)

前回はstandard・move・smoothの3つの基本的なブラシに挑戦しましたね!
デモヘッドの頭をモリモリしたんだけど、ちょっとやりすぎちゃったし戻したいな・・・。

こんな時はUndo History(アンドゥヒストリー)こと操作履歴を使いましょう!作業を戻りたい時はアンドゥといいCtrl+Zで1段階戻ることが出来ます。

アンドゥ(元に戻す)した後に戻りたい時はリドゥ(やり直し)といいCtrl+Shift+Zで戻ることが出来ます!

過去に戻って(アンドゥして)新しい操作をしちゃうとそれ以降の操作がすべて失われるので注意してね!
またアンドゥ履歴スライダーを利用する手もありますよ!グレーの四角が現在のアンドゥステップです。ここを左右に動かすとで任意のステップに移動する事ができますよ。

アンドゥ履歴はzprojectで保存した場合のみ保存ができます。Ztlで保存する時は履歴が保持されないので気をつけてね。ZPRとZTLの違いは第2回の記事を見てね。
アンドゥ履歴は最大10000ステップ遡ることが出来るよ!でもプロジェクトファイル(zpr)で保存する時はアンドゥ履歴を含んでいるので数ギガを超える事もあるので気をつけてね。

そこで!アンドゥ履歴に10000ものステップを入れる必要がないと思ったら、メニューから環境設定>アンドゥ履歴>最大アンドゥ履歴で減らすことが出来ますよ。

そしてアンドゥ履歴をプロジェクトファイルに含めるかどうかはメニューからファイル>アンドゥ履歴ボタンのON/OFFで選べるよ!

アンドゥ履歴のON/OFFを設定したら必ず環境設定を保存しましょう!そうしないと次回ZBrushが忘れちゃうよ。

次回は・・・

次回、第5回はクイックセーブに挑戦しますよ!お楽しみに。