Forest Packの基本操作

Forest Pack

今回はForest Packのライブラリーを使用した簡単な基本操作についてご案内致します。

 

ここにひとつの庭がございます。

まず簡単にライブラリーから木を配置してみましょう。

Create(作成)パネルからItoo Software→Forest Packを選択します。

Forest Pack選択したら、今度はSelectを選択してライブラリーを開きます。

 

 

ライブラリーを開くと右のパネルの中の3DからStarter Libraryを選択します。

試しにAmericanElm1を選択します。

選択したらImportSelectedを選択します。

選択したら、今度は配置を行っていきます。ModeからCustom Editにチェックを入れます。

 

チェックをしたら配置を行いたい部分にクリックをします。

簡単に配置することができましたね。またこちら現在ポイントクラウド表示になっています。こちら[Modify (変更)]パネルのviewportの中から表示を変更することができます。

こちらデフォルトはポイントクラウド表示になっており、操作を行う上でも軽いポイントクラウドを推奨しております。

サイズはPropertiesのScaleから大きさを変更することができます。

今度はオブジェクトに対して、草を生やしていきます。

再度Create(作成)パネル>Itoo Software>Forest Packを選択し、Selectを選択します。

右のパネルの中からPresets→Lawnsを選択します。

Common grass01を選択し、ImportSelectedを選択します。

 

 

今度はオブジェクトに対して配置を行うのでGenerateを選択します。

草を生やしたいオブジェクトをクリックします。

簡単ですね。こちらシェイプレイヤーに対しても行うことができます。

Transformタブで数値を入力することで移動、回転、スケールの幅を各自設定することができます。

 

Rail Clonでは簡単な操作で草、花を生やしたり、木を配置することができます。また、軽い動作で山を作成することもできます。

Rail Clonは以下からご購入できます。よろしければご検討ください。

itoo | 株式会社オークオンラインショップ

 

この記事を書いた人
福田

ZBrushをはじめてまだ数ヶ月の未熟者ですが初心者なりに精一杯お客様をサポートできるようにがんばります!!好きなものは寿司です!!

福田をフォローする
Forest Pack
初心者講座