ブログ

V-Ray 3.0 発売記念 期間限定基礎トレーニング「建築CGパース向けハンズオン基礎講習」(2014/1/22,23,27)

株式会社Too様 開催日程
2014年1月22日(水) 10:00 ~ 17:00(昼休み/休憩 含む)
2014年1月27日(月) 13:00 ~ 19:20(休憩 含む)

申し込みフォーム :1月22日、27日ご希望はこちら

株式会社ボーンデジタル様 開催日程
2014年1月23日(木) 13:00~19:00(休憩を含む)
申し込みフォーム :1月23日ご希望はこちら

(開催時間は進行状況によって前後します。予めご了承ください)

講座情報

期間:1日
時間:約6時間
価格:35,000円(お一人様)
人数:開催地 各募集ページをご確認ください。

いよいよリリース直前となったV-Ray3.0の発売を記念して期間限定キャンペーン価格にて基礎トレーニングをご提供します。

まずは2014年1月にはNewリリースのV-Ray3.0 for 3dsMaxによる「建築CGパース向けハンズオン基礎講習」を開催します。V-Ray3.0の新機能による建築CGの量産性を目的とした基本トレーニングです。

「V-Rayでもっと速くレンダリングしたい」「V-Rayの設定がいまひとつわからない」「最速レンダリングするためには?」「モヤモヤしたアーティファクトノイズを消したいのに設定方法がわからない!」「インテリアになった瞬間にすごい時間がかかる」「ライティングやマテリアルの最適化はどうするの?」など、建築CGレンダリングに必要なチューニングだけに目的を定めた基礎トレーニングです。標準設定からV-Ray 2.xでの基礎チューニング基本操作を行い、さらにV-Ray3.0の新機能を用いてレンダリングスピードを加速させるハンズオントレーニングです。

*知的財産権/著作権の都合上、本講座の録画・録音は固くご遠慮願います。

【受講のメリット】

NewリリースのV-Ray3.0 for 3dsMaxを使用し、建築CG向けに基本セッティングと新機能による更なる高速化を学びます。年々に低予算化していく建築CGのビジュアリゼーションには高速量産性が不可欠となっています。またアーティファクトノイズの発生を抑えるにはテクニックと最適設定がシーンごとに必要になります。これらの基本的な解決を基軸にハンズオントレーニングで学びます。主に経験の浅い若手新人向けのV-Ray3.0教育トレーニングとして構成しています。(3dsMax初心者を対象としたカリキュラムではありません。ご了承ください。)

【カリキュラム】

エクステリアとインテリアサンプルシーンを用いてシーンメイキングを行います。
従来のV-Ray2.xから継承される機能の最適化とV-Ray3.0の新機能を掛け合わせて建築CGパースに必要な基本トレーニングを行います。
※ 事前予告なしに一部内容は改定されることがあります。
※ 終了時間が延長することが度々あります。

■エクステリアメイキング

・エクステリア静止画のためのワークフロー解説
・V-Ray Elementsの出力のためのエクステリア建材データ整備とID設定
・Texture γとColor Mappingの設定
・V-Ray Sun/Skyの設置とV-Ray/RTによる初期Lighting Lookとパラメータ設計
・V-Ray Physical Cameraと標準カメラの使い分け
・アングルハントとキー割り当て
・Look Dev.用の初期汎用V-Ray設定
・V-Ray Materialによる建材マテリアルの設定とTexture Map
・V-Ray Materialの汎用高速化手法について
・Imterpolation設定による高速化と制限について
・植栽のProxy化と再配置
・V-Ray Furによる植栽設定
・Displaysment Mapによる凹凸表現とコントロール(外装材)
・Irradiance Mapによる一括キャッシュ作成手法とキャッシュマージについて
・Irradiance Mapの高速化技法
・V-Ray3.0新機能による高速化
・最終Lighting調整とエクステリア向け汎用セッティング
*(最速レンダリングを定義する設定ではありません。)
・VFB機能とアウトプット
・NUKEによるColor Correction(色校正と変更)とPhotoshop作業との違い(DEMO)
・HDR-Lightingによるエクステリアショットの設定と比較

■インテリアメイキング

・エクステリアとインテリアレンダリングでどこに注意する?
・インテリアレンダリングがエクステリアレンダリングより長時間になる理由
・アーティファクトはなぜ発生する?
・インテリアレンダリングの計算時間を短縮化するためには。
・V-Ray Elementsの出力のためのインテリア建材データ整備とID設定
・V-Ray LightによるインテリアライティングとIES設定
・V-Ray Physical Cameraと標準カメラの使い分け
・カメラパスアニメーション
・V-Ray/RTによるインテリアLighting Look Dev.
・インテリアおよび添景のV-Ray Material設定
・インテリアレンダリングの注意点
・インテリア向けGIエンジンの設定
・レンダリングエンジンの設定とパラメータの変更
・Physical Cameraによる被写界深度とモーションブラー効果
・V-Ray3.0新機能による高速化
・最終Lighting調整とインテリア向け汎用セッティング
*(最速レンダリングを定義する設定ではありません。)
・部材変更時のためのV-Ray3.0ユニーク機能による高速レンダリング
・NUKEによるColor Correction(色校正と変更)とPhotoshop作業との違い(DEMO)

■レンダリング環境設計とプラットフォームからの制限について(DEMO)

株式会社Too様 開催日程
2014年1月22日(水) 10:00 ~ 17:00(昼休み/休憩 含む)
2014年1月27日(月) 13:00 ~ 19:20(休憩 含む)

申し込みフォーム :1月22日、27日ご希望はこちら

株式会社ボーンデジタル様 開催日程
2014年1月23日(木)13:00~19:00(休憩を含む)
申し込みフォーム :1月23日ご希望はこちら

関連記事

営業日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31  
ページ上部へ戻る