SmartShooterユーザーガイド

  1. 概要
  2. ステータス情報
  3. カメラへの接続
  4. 撮影
  5. テザー撮影
  6. ショートカット
  7. 写真の表示
  8. 表示写真をズーム・パン
  9. カメラの設定を変える
  10. ライブビューの使用
  11. オプション変更
  12. スクリプトの実行

概要

SmartShooterはCanon/Nikon製のDSLR(デジタル一眼レフカメラ)をパソコンにUSBで接続し、リモートコントロールを行う高度なデジタルカメラ用のワークフローアプリケーションです。
SmartShooterは、パソコンからシャッター(リモートレリーズ)や露出調整、シャッタースピード等を制御することができます。
また撮影したデータを直接パソコンにダウンロードする為、直ぐさま写真を評価する事が可能です。(わざわざカメラからメモリーカードを取り出してパソコンに接続する必要がありません)
対応したDSLRではパソコン上でリアルタイムにライブビューできる為、大画面でフォーカスを確認するのに役立ちます。
強力なスクリプト機能を使用することで、設定を変えた複数の写真をバッチ撮影するなど非常に高度なカメラの制御を可能にします。

ステータス情報

現在の状態に関する情報が、SmartShooterのメインウィンドウの下部バーに表示されます。

ステータスバーには次のような場合に情報が表示されます:

  • 新しい写真が撮影された時
  • カメラから写真がダウンロード
  • 撮影した写真の表示処理
  • 新しいカメラを検出した時
  • カメラを接続・切断された時
  • エラーが発生した場合

以下のスクリーンショットの例では、写真のIMG_0002_1.JPGがダンロードされ、ディスプレイに描画された事を示しています。



カメラへの接続

SmartShooterを起動し、パソコンとカメラをUSBで接続しますと接続したカメラが検出されドロップダウンリストに表示されます。
接続したいカメラをプルダウンリストから選択し、[Connect]でSmartShooterと接続します。



もし正常に検出出来ずに再度検出し直したい場合は[Refresh List]ボタンをクリックしてください。
カメラをパソコンから繋ぎ直した場合も再度、[Refresh List]した後に[Connect]で接続してください。

複数のカメラへの接続

複数のカメラを接続した場合は、ドロップダウンリストにそれぞれのカメラが表示されます。
任意に使用したいカメラを選択して、[Connect]ボタンをクリックしてください。

撮影

写真を撮影するためには、[Shoot]をクリックするだけです。

写真が撮影されるとそれらは"Photos"ウィンドウにリスト化され追加されます。

Storageに[Disk:パソコンディスク]もしくは[Both:両方]が選択されている場合は自動的にカメラからダウンロードされ指定のフォルダに保存されビューに表示されます。

複数台のカメラで撮影する

複数台のカメラを接続した場合に、同時に撮影するにはCamera Controlsパネルで「Multiple Cameras」を選択してから[Shoot]ボタンを押してください。

テザー撮影

SmartShooterは、手動でカメラを使用することもできテザー撮影に使用することができます。
写真を撮影する度に、SmartShooterはこれを検知し[Photos]リストに写真が追加されます。
また自動的にイメージがダウンロードされ、SmartShooter側に表示することができます。

写真の表示

撮影された全ての画像は以下のスクリーンショットの様に[Photos]ウィンドウのリストに追加されます。



リストに追加されたいずれかの写真を表示したい場合は、リスト内の写真名をタブルクリックすることで表示されます。

表示写真をズーム・パン

表示した写真はマウスを使用して移動やズームが可能です

また表示されたライブビューも同様に操作できます。

ディスプレイの移動

ディスプレイを移動するにはマウスを左クリックしたまま任意の方向にマウスをドラッグします。もしくは中ボタンでドラッグしてください。

ディスプレイのズーム

ディスプレイをズームするには、マウスを右クリックしたまま上下にドラッグします。上下の動きに合わせてズームイン・アウトします。

もしくはマウスホイールを上下にするか、Shift+左クリックをドラッグして上下でも可能です。

ライブビューズーム領域の移動

Live Viewの Zoom が有効な場合、マウスを使ってライブビューのズーム領域を移動する事ができます。
マウスの中央ボタンを押して、マウスをドラッグしてください。
ボタンを放した時に、ライブビューのズーム領域はマウスを放した地点からできるだけ近い場所に置かれます。

なお、マウス中央ボタンの変わりに Ctrl+左ボタンドラッグでも可能です。


カメラの設定を変える

[Camera Controls]からSmartShooter側でカメラの設定を変更する事ができます。



次の設定を変更する事ができます。

  • Aperture:絞り
  • Shutter Speed:シャッタースピード
  • ISO:ISO感度
  • Exposure Compensation:露出補正
  • Quality:撮影品質(JPEG・RAW等)
  • Program Mode:プログラムモード
  • Metering Mode:測光モード
  • White Balance:ホワイトバランス

特定の設定を変更するには、ドロップダウンメニューをクリックして、必要な値を選択肢します。

利用可能なこれらの値は。カメラから検出したものです。

カメラのモードを変更したり、別のレンズに変更した場合は、これらの値は変化する場合があります。

もし、接続されたカメラを使用して手動で撮影している場合は、カメラの設定を変更することができますし、SmartShooterは変更を検出して[Camera Controls]の値に反映します。

ショートカット

Smart Shooterは以下のショートカットで操作できます。

Key 説明
T シャッターを押します
Z 接続している全てのカメラでシャッターを押します
F オートフォーカス
R 現在ロードしているスクリプトを実行します。
A 口径(aperture)設定を選択します。
S シャッタースピード(shutter speed)設定を選択します。
I ISO感度(ISO)設定を選択します。
E 露出(exposure)設定を選択します
Q 写真品質(photo quality)設定を選択します。
M 測光モード(metering mode)設定を選択します。
W ホワイトバランス(white balance)設定を選択します。
↑キー 現在選択している設定の値を変更します。
↓キー 現在選択している設定の値を変更します。

ライブビューの使用

お手持ちのカメラがライブビューをサポートしている場合、[Camera Controls]から"Live View"を有効(Enable)にすることでSmartShooterで使用出来ます。

この機能を使用すると、[Camera Controls]で変更した状態やカメラに映る被写体の変化を直ぐに確認できます。

カメラのフォーカスをライブビュー

ライブビューが有効になっている場合に、[Live View]の右側にあるフォーカスボタンが有効になります。この状態でフォーカスボタンをクリックすることでフォーカスを制御することができます。
3段階の変化量があり、それぞれ2つの送りボタンで、合計6つのボタンがあります。

ズームライブビュー

ライブビューの領域はUSBの転送レートの関係で画質が低下します。

本来の画質でプレビューする場合は[Live view]の"Zoom"のチェックを有効にします。

有効にすると、ライブビューのディスプレイ領域が縮小される代わりに、本来の画質での確認が可能になります。

もしライブビューディスプレイ領域の範囲外を確認したい場合はディスプレイ領域を左クリックでドラッグして移動することで、まるで虫眼鏡を動かしているようにプレビュー範囲を移動出来ます。

ライブビューをオーバーレイ表示

ディスプレイ上部のドロップダウンリストから任意のオーバーレイしたい項目を選び、スライダーを動かすことで撮影した画像に対して、ライブビュー等をオーバーレイすることができます。

前回撮影したものとの比較が容易に可能です。

ライブビューオーバーレイ・スライダーを使ってオーバーレイの透明度を調整する事ができます。(0~100%)

なおライブビューのZoomが有効な場合、ライブビューの拡大部分では透過は考慮されません。(周辺のイメージには透過が影響します。)

オプション変更

SmartShooterのオプションを使用するといくつかの項目を変更することができます。
Fileメニュー >> Options からアクセスできます。

例えば、撮影した画像の保存ディレクトリや拡張編集用のソフトウェアの選択、カメラを検出すると自動で接続するなどです。

他にも多数ありますので、一度確認してみましょう。


スクリプトの実行

スクリプトは"Script Controls"ウィンドウから実行できます。もしScript Controlsウィンドウが表示されないない場合、Displayメニュー >> Script Control から呼び出してください。

スクリプトの読み込みと実行

スクリプトを読み込むには Load Scriptボタンを押します。パネルにはスクリプトのパラメーターが表示されます。
パラメーターをセットしたら、"Run Script"ボタンを押して実行します。
連続シャッターによるカメラのゆれを防止するショット間隔時間(Time delay)や、最初のショットのみの延長(Initial delay)、開始時間(Start Time)は共通して設定する事ができます。
Samrt Shooterはスクリプトの終端に達するまでコマンドを実行します。

スクリプトを停止させる

スクリプトを手動で停止させたい場合は"Stop Script"ボタンを押してください。

サンプルスクリプト

Samrt ShooterにはデフォルトでHDR撮影、フォーカススタッキング、バルブ撮影、タイムラプス撮影等のスクリプトがいくつか付属しています。Scriptメニューから選択して実行してください。なおこれらスクリプトファイルはSmart Shooterインストールフォルダ内の Scriptsフォルダにソースコード(.tcl)があります。

スクリプトAPIリファレンス

SmartShooterのスクリプトAPIリファレンスに関してはSamrtShooter HPのこちらを参照してください

dummy box