RailClone Pro 2 for 3ds Max (Design) パラメトリックモデリングツール

RailClone Lite 2(機能限定版ですが期間やレンダリング制限なし)をダウンロードしてRailCloneの実力をテストしてみてください!

多目的に使える
多目的に使える!
RailCloneは、autodesk 3dsMax(Design)用のパラメトリック・モデリング・プラグインです。この新しいモデリング機能を使えば、建築構造、都市設計、装飾デザイン等によく見られる複雑なパターンを持ったオブジェクトをフレキシブルに作成する事が可能です。

RailCloneはプリセットされている「形」に制限されません、ユーザーが作成した自由なジオメトリを使用してカスタムのパラメトリック・オブジェクトを定義する事ができるのが最大の特徴です。

RailCloneにはライブラリー機能が搭載されており、予め「フェンス」「レイル」「壁」「ガードレール」「手すり」等のよく使われるシェイプも収録しています。RailCloneProでは自分で作成したオブジェクトをライブラリへ追加し、オリジナルのパラメトリック・モデルライブリーを構築する事も可能です。
dummy box
高度なノード型インターフェース
RailClone 2では新しくノード接続型のスタイルエディターが装備されました。こちらでパーツ、ジェネレーター、構造ルールを複数定義し、非常に複雑なモデルを作成する事ができます。ノード型のスタイルエディタは一見複雑に見えますが、製作者にはフローの流れが把握しやすく、非常に効率的な構造定義を行える利点があります。

エレメントのランダム化、条件、パラメーターの定義等もわずかなクリックでフローに追加できます。
dummy box
高速!
RailClone 2では新しくポイントクラウド表示モードをサポートしました。加えて V-Rayおよびmental rayのネイティブインスタンスおよびProxyをサポートしています。これにより数十万パーツで構成される超複雑な構造物であっても 快適なビューポート操作をサポートし、最適化されたレンダリングパフォーマンスを提供します。

例えばこのRailCloneで作成された「橋」のモデルは V-Rayで 5分、メモリ消費 2GB以内 でレンダリングされました。(レンダラーのネイティブインスタンスをつかわなければ、メモリ飽和を引き起こしレンダリング不可能です。)
VRay and mentalray ネイティブサポート
dummy box
ジオメトリの調整
RailCloneは、配置やコーナーのつじつまが合うように必要な変換を全て自動的に適用します。例えばカーブでの滑らかに曲げる為に分割を加えたり、交差スライスをRailCloneが自動で適用します。ユーザーは単にルールを定義するだけです。RailCloneが自動的にジオメトリを調整します。
dummy box
マルチブロック構造体 (Arrays)
RailClone 2 では "Generators"(ジェネレーター) と呼ばれるマルチ・ブロック構造体をサポートしました。

これを上手く利用するとビデオのような、全ての棚が可変できるパラメトリックな本棚も作る事ができます。
dummy box
傾斜やコーナーの自動調整
直線的に作成した構造物を斜めに並べたり曲げる場合無理が生じる事がありますが、RailCloneは高度なアルゴリズムを使用し、傾斜やステップ、コーナー部分のつじつまを自動的に合わせます。

傾斜した壁や手すり付きの階段も問題なく作成可能です。
dummy box
ネスト(入れ子)構造
RailCloneは、RailCloneで作ったオブジェクトをRailCloneする事ができます。(入れ子構造)
たった数個のオブジェクトから驚くべき複雑な構造体を創りだす事が可能です。
dummy box
スタイルライブラリー
RailClone Proには、150を超える予め作成された「フェンス」「レール」「壁」「道路」「障害物」などのスタイルライブラーが付属しています。

ライブラリーにはユーザー自身で追加する事も可能です。新しいカテゴリー新しいモデルを追加し、いつでも1クリックで呼び出す事が可能です。

RailCloneProに付属するスタイルライブラリー一覧はこちらへ
dummy box
dummy box
original materials: Copyright © 1999 - 2013 Itoo Software