Itoo Software 最新情報
2011年12月29日
Forest Pack Pro 3.7.3b アップデート
Forest Pack Pro 3.7.3b アップデート
Itoo Software社は、Forest Pack Pro の最新"ベータ"バージョン「3.7.3 beta」をリリースしました。
Itoo Software社のユーザーパネルからダウンロードいただけます。(※サブスクリプションが有効なユーザー様のみ)

Forest Pack Pro 3.7.3b

マテリアル処理の改良:
  • 新しく"マテリアルオプティマイザー(最適化)"ツールを追加。このツールは任意のレンダラー用にマテリアルを最適化するツールです。以下の機能を持っています:

    * 3dsMax標準マテリアルをVRay (VRayMtl) もしくは Mental Ray ( Arch & Design)に変換
    * Forest Colorマップをdiffuse mapsに適用|
    * Forestマテリアルを適用 (ビルボードタイプのみ)
    * Opacityマップのフィルタリングを無効 (葉のテクスチャーを綺麗に切り抜く為に推奨されます)

    このツールは現在選択しているForestオブジェクトのみに適用されます。マテリアルオプティマイザー(最適化)にはForestオブジェクトの"Material"ロールアウトのボタンから、もしくは3dsMaxユーリティパネルの"Forest Tools"内のボタンから呼びだす事ができます。
    なお、開発元のテストでは標準マテリアルで8分46秒だったシーンが、マテリアルを最適化する事で1分42秒まで短縮されたケースも確認しています。
不具合修正:
  • Areasでオープン・スプラインを除外(Exclude)で重ねて使用した場合、正しく除外処理されない問題
  • UV Surfaceで、distributionのずれが発生する問題
  • SurfaceタイプのAreasが、必要以上に再生成を行う問題
  • SurfaceタイプのAreasで、複数のSurfaceを使う場合、正しく全てのSurfaceに適用されない問題


RailClone Lite/Pro 1.3.0 アップデート
RailClone Lite/Pro 1.3.0 アップデート
Itoo Software社は、RailClone Lite/Pro の最新安定バージョン「1.3.0」をリリースしました。
Itoo Software社のユーザーパネルからダウンロードいただけます。(※サブスクリプションが有効なユーザー様のみ)
無料のlite版も更新されています。

RailClone Lite/Pro 1.3.0
  • 新しく「RailClone Tools」ユーティリティを追加。このユーティリティはRailCloneオブジェクトを通常の3dsMax編集可能メッシュに変換します。こちらを使用してRailCloneを持っていないクライアントの為に、RailCloneが必要のないmaxシーンに変換する事ができます。また、外部レンダーエンジンがサポートするネイティブなインスタンスに変換したり、外部レンダーエンジン用にRailCloneオブジェクトを出力する事ができます。
  • Displayパネルに"Disable Object"オプションを追加。RailCloneオブジェクトのビューポート表示とレンダリングの両方を無効にします。
  • VRayもしくはmentalrayシェーダーを使った場合に発生するジオメトリ的な異常を修正
2011年12月01日
Forest Pack Pro 3.7.2b アップデート


Itoo Software社は、Forest Pack Pro の最新"ベータ"バージョン「3.7.2 beta」をリリースしました。
Itoo Software社のユーザーパネルからダウンロードいただけます。(※サブスクリプションが有効なユーザー様のみ)

Forest Pack Pro 3.7.2b

Painting Areasの改良:

メモ: 3.7.1bで作成したペインティングエリアを3.7.2bで読み込むとズレて表示されるかもしれません。これを避けるには3.7.1bでペインティングエリアをスプラインエリアに変換して保存してください。
  • ペインティングエリアの境界線がビューポートに表示されるようになりました。
  • ペインティングエリア境界線がForestオブジェクトのローカル座標に保持されるようにしました。Forestオブジェクトを動かすとペインティングエリアも移動します。
  • 新しく"Preview Falloff"を追加。ペインティング中はフォールオフ効果を無効にする事ができます。(このオプションはデフォルトで有効)
不具合修正:
  • Open splineを使うとmaxがクラッシュする不具合を修正
  • 密度(Density)フォールオフで減少カーブを使用した場合の不具合を修正
  • mentalrayのレンダーエレメントでObjectIDが正しく動作しない不具合を修正
  • HQフリー植物ライブラリで使用しているマップへのパスを、maxへのForestパス設定時に含むようにしました。
  • BackburnerレンダーノードでForestプラグインを最初に使用した時、Forestライブラリーへのテクスチャーパスを3dsMaxのテクスチャー検索パスに自動的に追加するようになりました。
  • 自動マテリアルを非マルチサブオブジェクトマテリアルと入れ替えるとmaxがクラッシュする問題を修正
  • レンダリングの前後に非常に稀にクラッシュを引き起こす問題を修正
2011年11月16日
Forest Pack Pro 3.7.1b アップデート
Forest Pack Pro 3.7.1 ベータ版
Itoo Software社は、Forest Pack Pro の最新"ベータ"バージョン「3.7.1 beta」をリリースしました。
Itoo Software社のユーザーパネルからダウンロードいただけます。(※サブスクリプションが有効なユーザー様のみ)

注意その1:Betaバージョンは Forest Pro のサブスクリプションが有効の場合のみご利用いただけます。お使いのサブスクリプションがいつ切れるのかは、Itoo Softwareライセンスマネージャー(Windowsスタート>>プログラム>>Itoo Software>>License Server>>License Manager)を起動し、ライセンスの"Detailes.."ボタンから確認する事ができます。

注意その2:今回リリースするForest Pack Pro 3.7.1 Betaはベータ版です。最終バージョンではありません。十分に注意して制作していますが、まだ見つかっていない潜在的な不具合等で3dsMaxがクラッシュしたり、最悪の場合シーンファイルが失われる可能性があります。またベータ版のパラメーターが正式バージョンでは別のパラメーターに変化する可能が高いです。(シーンに互換性がなくなります)。クリティカルな仕事を行っている場合はベータ版のご利用は控えていただきますようお願い申し上げます。
さらに、v3.7からAreaと分布(distribution)が旧バージョンから大幅に変更されている点に注意してください。旧バージョンで作成したシーンは新バージョンで必ずしも同じ結果を生成するとは限らないでしょう。


0~30秒:新ベータではForestオブジェクト内で複数の含む/除外エリア指定が可能になっています。
30~50秒:家オブジェクトを使って直接リアルタイムに除外指定を行なっています
50~1:30:ペイントによるスキャッタエリア指定
1:30~2:10:スキャッタするオブジェクトをオブジェクトリストから自由な組合せて選択できます
2:10~2:50:スプラインエリアをペイントエリアに変換して編集後、さらにスプラインエリアに再変換して編集しています
2:50~End:エリアタイプ毎に分布密度を調整しています
------------------------------------

今回の3.7.1よりスキャッタの範囲を指定する"Areas"パネルが一新されました。旧バージョンでは1種類の範囲しか利用できませんでしたが、今回の3.7より複数のエリアを組合せて利用する事が可能です。

エリアには次の3つのタイプを利用できます:
  • スプライン
    旧バージョンと同じエリアタイプで、スプラインで囲まれた範囲を"含む"もしくは"除外"する形でスキャッタ範囲を指定できます。なお、閉じたスプラインと開いたスプラインを自動認識します。開いたスプラインの場合旧バージョンの"Following Spline"と同じ動作を行います。 なおスプラインでのエリア指定はペイントのエリアタイプに変換する事ができます。
  • ジオメトリック・オブジェクト
    メッシュを使ってスキャッタを除外する範囲を指定できます。例えばオブジェクトの内側だけ除外する等の指定ができます。なおジオメトリタイプのエリア指定は高密度メッシュを使う場合やリアルタイム性を考慮して範囲の計算が簡略化されています。内部的にはトップビューから選択したジオメトリをForestオブジェクトに対してプロジェクションペイント(2次元投影)する形で範囲がセットされます。

    このオブジェクトタイプのエリアでは2つのパラメーターが使用できます:
    • Top limit:除外が計算される"メッシュ側"の高さの上限です。
    • Map Size:除外に使用される内部的なビットマップの解像度を指定します。(デフォルトでは512) 複雑なオブジェクトの形に合わせて正確に除外したい場合、この解像度を引き上げる事で正確さを向上できます。(特に大きなオブジェクトを使う場合に効果的です)
  • ペイント
    アイテムを配置(or除外)する場所をペイントブラシを使って直接指定する事ができます。ペイントでのエリア指定はスプラインのエリアタイプに変換する事ができます。
"スプライン"と"ペイント"のエリアタイプは次のパラメーターを指定できます:
  • "除外/含む" モード
  • 分布マップ(Dist.Map)の上書き:エリア毎にユニークな分布マップを定義できます。またスケールおよびしきい値を調整できます。
  • モデルの選択:Forestのジオメトリリスト内から現在のエリアで使用するモデルを選択する事ができます。
  • フォールオフを適用:エリアのフォールオフを適用できます。(密度とスケーリング)
メモ:Areaリストの並び順には意味があります。除外エリアはリストで下になるエリアにのみ効果があります。

新機能および変更点のリスト:
  • 新しいForestオブジェクトはエリアスプラインに自動的にリンク(親子付け)されません。必要であれば手動でリンクする必要があります。3.7以降ではエリアスプラインのスケーリングはエリアの拡大縮小となります。旧バージョンのようにエリアスプラインのスケーリングに合わせてForestオブジェクトのスケーリングされない点に注意してください。
  • 複雑で巨大なスプラインがストレス無く扱えるようにスキャッタリングのパフォーマンスを大幅に改善しました。
  • Areasパネル >> Scale Falloffに"Affect Height only"オプションを追加。高さだけスケーリングさせる事ができます。
  • 減少するフォールオフが利用可能になりました。
  • VRay Proxyのポイントクラウド・レンダリングをサポートしました。(VRayProxyがさらに軽くなります。)
  • カメラからの距離でスケーリングのフォールオフを適用可能になりました。
  • カメラの"環境範囲"に基づいてフォールオフを適用するオプションを追加
  • Generateモードで、アイテムのプロパティを取得するMaxscriptが働くようになりました。
  • Maxscript機能 getFullTransform(n)を追加。アイテムのローカル座標行列を返します。
不具合の修正:
  • ピューポート上のアイテム最大数がより正確に動作します。
  • マニュアルアップデートを使う場合、レンダリング後に適切にアップデートされます。
  • ビルボードの読み込みに関するいくつかの不具合を修正
  • VRayで頂点カラーがレンダリングされない問題を修正
  • TransformロールアウトでMin/Max値が反転していた問題を修正
  • ネットワークパス上にあるDistributionマップファイル検索方法を改善
  • カスタムエディットモードではカメラクリップを無効にするように変更
  • Maxwellプロクシーを使用した場合の不安定問題を修正
  • VRayレンダリングにおけるメモリリークを引き起こす潜在的な原因を
  • mentalrayにて、隠されたレイヤー上にある設定が原因で"locating instance fmr_..."エラーが表示される問題を修正
Forest Pack Pro 用サンプルシーン
ForestPackProを使用した完全なシーンデータがダウンロードいただけます(Freeデータ)
VRayのレンダリング設定、植物、岩、テクスチャー等全てが付属しています。

なお、このシーンをレンダリングするには:3dsMax 2010以上、Forest Pack pro 3.6以上、V-Ray2.0 が必要です。(ForestLite不可)

ダウンロードはこちらへ
2011年10月11日
RailClone Pro 1.2.5 アップデート
RailClone Pro 1.2.5 アップデート
RailClone Pro 1.2.5 通常版のメジャーアップデート。
  • スタイルライブリーに50のアイテムが追加されました。
サブスクリプション対象のユーザー様はItoo Software社のユーザーパネルから今すぐダウンロードいただけます。
サブスクリプションに加入でないユーザー様は有償のアップグレードとなります。

RailClone Proのスタイルライブラリーカタログはこちらへ
2011年10月01日
Forest Pack Pro 3.6.2 メンテナンスアップデート
Forest Pack Pro 3.6.2 メンテナンスアップデート
Forest Pack Pro 3.6.2 通常版のメンテナンスアップデート。
  • mentalrayにおけるForest Colorの"Tint by Element"の不具合を修正
  • Forestオブジェクトで3Dテクスチャー(特にVRayDistanceTex)が正しく機能するようになりました。
  • アタッチ/デタッチ作業で不具合が発生する問題を修正
2011年08月10日
RailClone Pro 日本語PDFマニュアル付属
RailClone Pro 日本語PDFマニュアル付

RailClone Pro 日本語PDFマニュアル付きとなりました。

railcloneの情報はこちらへ
2011年08月01日
Forest Pack Pro/Lite 3.6 公式リリース
Forest Pack Pro/Lite 公式リリース

Itoo Software社は、Forest Pack Pro/Lite の公式メジャーアップデート「3.6」をリリースしました。

サブスクリプション対象のユーザー様はItoo Software社のユーザーパネルから今すぐダウンロードいただけます。
サブスクリプションに加入でないユーザー様は有償のアップグレードとなります。

v3.6の日本語マニュアルは現在作成中です。完成次第ご案内致します。

無料で期間制限無しのLiteバージョンもv3.6にアップデートされていますのでこちらからダウンロードしてお試しください

Forest Pack Pro リリースノートはこちらをご参照ください

2011年07月22日
Forest Pack Pro 3.5.4 ベータ版リリース
Forest Pack Pro 3.5.4 ベータ版リリース

Itoo Software社は、Forest Pack Pro の最新"ベータ"バージョン「3.5.4 beta」をリリースしました。

Itoo Software社のユーザーパネルからダウンロードいただけます。(※サブスクリプションが有効なユーザー様のみ)

Forest Pack Pro 3.5.4 beta での変更点:
==========================


新機能
  • UVに基づいてスキャッタを行う場合に、UVに対して向きを合わせる機能とUVに合わせてスケーリングする機能を追加
  • Forest Lite/Proの3Dライブラリーに、有償の樹木素材集「HQ Plants」から10モデルを無償で収録



不具合の修正:
  • 空のサーフェスを選択した場合に不安定になる問題を修正
  • カメラのイメージ比率が4/3未満である場合でもカメラクリッピングが正しく働くようになりました。
  • いくつかNitrousビュー表示の問題を修正
  • 新しいビューポート表示オプション: "Use DirectX acceleration"を追加 (デフォルトで有効)
    • このオプションを無効にした場合、Forestのビューポート描画からハードウェア描画ルーチンを無効にします。
    • このオプションは3dsMax 2012のNitorusビューでポイントクラウド表示する場合にいくつかのビデオカードで報告された互換性問題を解決する為に追加されました。max2012でポイントクラウド表示した場合に描画がおかしい場合はこのオプションを無効にしてみてください。
2011年07月05日
RailClone Lite/Pro 1.2.1メンテナンスリリース
Itoo Software社は、RailClone Lite/Pro の最新バージョン「1.2.1」をリリースしました。
メンテナンスリリースです。

Itoo Software社のユーザーパネルからダウンロードいただけます。(※サブスクリプションが有効なユーザー様のみ)

RailClone Lite/Pro 1.2.1 の修正変更点:
  • スプライン頂点の種類でベベルが動作しない問題を修正
  • クアッドメニューからRailするスプラインをアサイン可能になりました。
    大量にスプラインがある場合は、目的のスプラインを選択しクアッドメニューからアサインで簡単に追加できます。
2011年06月14日
Forest Pack Pro 3.5.3 ベータ版を公開
Forest Pack Pro 3.5.3 ベータ
Itoo Software社は、Forest Pack Pro の最新"ベータ"バージョン「3.5.3 beta」をリリースしました。
先のベータで見つかった不具合を修正したメンテナンスリリースです。

Itoo Software社のユーザーパネルからダウンロードいただけます。(※サブスクリプションが有効なユーザー様のみ)

Forest Pack Pro 3.5.3 ベータの修正変更点:
  • 3dsMax2012でカスタム・オブジェクトとしてXRefを使用するシーンをロードするとエラーが発生する問題を修正
  • 3dsMax2012にて複数のForest Objectを使用している場合、mentalrayのシーンのクリーニング段階でクラッシュを引き起こす問題を修正
  • "Random of Tint by Element"(エレメント毎にランダムな色調)が3dsMaxをリセットすると結果が異なってしまう問題を修正
  • "Random of Tint by Element"(エレメント毎にランダムな色調)で明らかなパターンが発生しないように改良。
  • mentalrayでクローン・オブジェクトのレンダリングに関して問題を起こす可能性のある箇所を見直しました。
  • 3.5.2bにて Custom Edit での作成時にクラッシュする問題を修正
2011年06月07日
RailClone Pro 1.2.0 をリリース
RailClone Pro 1.2.0 安定版をリリース
Itoo Software社は、RailClone Pro のメジャーアップデート「1.2.0」をリリースしました。
VRayおよびmentalrayプロクシーのサポート、マルチスレッド処理対応、セグメントボックスマッピング機能、3dsMax 2012サポート等の新機能の他不具合の修正を含んでいます。

※サブスクリプションユーザー様は無償でアップデート可能です。
Itoo Software社のユーザーパネルからダウンロードいただけます。

RailClone Pro 1.2.0 リリースノートはこちらを参照ください。
2011年05月23日
Forest Pack Pro 3.5.2 ベータ版を公開開
Itoo Software社は、Forest Pack Pro の最新"ベータ"バージョン「3.5.2 beta」をリリースしました。
先のベータで見つかった不具合を修正したメンテナンスリリースです。

Itoo Software社のユーザーパネルからダウンロードいただけます。(※サブスクリプションが有効なユーザー様のみ)

Forest Pack Pro 3.5.2 ベータの修正変更点:
  • アイテムがY軸に誤ってスケーリングされる問題
  • 特定のトポロジーを持つ高解像度メッシュで不安定になる問題
  • XRefを使用したシーンでアイテムの向きが不正になる問題
  • IRayをサポート。メモ:IRayはVRayやMental Rayのようなプロダクションレンダラーと異なり、大規模な高解像度オブジェクトの配置には対応していないようです。
  • ランダムスケーリングのアスペクト比固定(Lock Aspect ratio)をデフォルトでXYZにセット
2011年05月13日
Forest Pack Pro 3.5.1 ベータ版を公開
Forest Pack Pro 3.5.1 ベータ版
Itoo Software社は、Forest Pack Pro の最新"ベータ"バージョン「3.5.1 beta」をリリースしました。
Itoo Software社のユーザーパネルからダウンロードいただけます。(※サブスクリプションが有効なユーザー様のみ)

注意その1:Betaバージョンは Forest Pro のサブスクリプションが有効の場合のみご利用いただけます。Forest Pack Proは2011年3月20日よりサブスクリプション制度を導入しており、既存ユーザー様は購入から1年間無償でサブスクリプションが有効です。

お使いのサブスクリプションがいつ切れるのかは、Itoo Softwareライセンスマネージャー(Windowsスタート>>プログラム>>Itoo Software>>License Server>>License Manager)を起動し、ライセンスの"Detailes.."ボタンから確認する事ができます。

注意その2:今回リリースするForest Pack Pro 3.5.1 Betaはベータ版です。最終バージョンではありません。十分に注意して制作していますが、まだ見つかっていない潜在的な不具合等で3dsMaxがクラッシュしたり、最悪の場合シーンファイルが失われる可能性があります。またベータ版のパラメーターが正式バージョンでは別のパラメーターに変化する可能が高いです。(シーンに互換性がなくなります)。クリティカルな仕事を行っている場合はベータ版のご利用は控えていただきますようお願い申し上げます。

Forest Pack Pro 3.5.1 beta での変更点:
==========================


新機能
  • "Surface->Align to Normal" を "Direction" に変更。数値でサーフェスの向きに対するアイテムの方向を定義する事ができます。値: -100 (Down), 0 (法線), 100 (Up).
  • 新しい "Transform" オプション:
    • スケール"Scale"が XYZの3軸で設定可能としました。(以前はWidth/Heightの2軸)
    • "Scale->Lock aspect ratio"(スケールのアスペクト比を固定)を新しく3つのモード None, XY, XYZ に変更
    • 回転(Rotation)およびスケール(Scale)のマップをRGBの3値で調整する事ができます。X,Y,Zスケール範囲に各ピクセルのR,G,Bコンポーネントが掛け算されます。(RGB->XYZ)
  • MaxScript追加命令: getSize, setSize.(アイテムのXYZサイズを扱う為に使用してください。)

ライブラリーブラウザー:
  • 3dsMaxメッシュオブジェクトとビルボードをサポート
  • 複数選択をサポート:
    • SHIFTもしくはCTRLキーを押しながらEnterもしくは右クリック>>Use ItemsでForestに追加できます。
    • 複数選択して追加した場合、最初の物はジオメトリリストで現在選択している物を置き換えます。その他の物は単純にリストに追加されます。
  • 3dsMaxのシーンから、もしくはマテリアルライブリーからアイテムを読み込みする事ができます。
  • 結合(Merge)もしくはXRefとしてメッシュモデルをロードできます。
  • ブラウザウィンドウに 並び替えと名前によるフィルタ機能を追加
  • 左パネルでドラッグ&ドロップをサポート。移動やライブラリーのコピーができます(CTRLキー押しながらドラッグ)
  • システムライブラリーとユーザーライブラリーを分離。ライブラリーを作る為に管理者の許可は必要ありません。
  • システムライブラリーは常に「読み込みのみ」となります。変更したい場合はユーザーフォルダへコピーを作成してから変更を加えてください。
  • 相対・絶対パスをサポート。またテキストマクロもサポートしています。
  • ライブラリーロックオプションは不要となった為、削除しました。
  • 補助ダイアログをリサイズ可能にしました。
  • 新しいライブラリーは構造化されたXMLで定義されます。旧プレーンテキスト形式のライブラリーは自動的に変換されます。

修正と変更
  • VRay 2.0 SP1 および VRay 1.5 SP6 に対応
  • VRayとXrefシーンにあった潜在的なクラッシュ原因を解決
  • フォレストオブジェクトが複製される場合、ジオメトリ・リストのマテリアルがこれ以上複製されない問題
  • "Geometry->Consolidate materials"が無効の時、ポイントクラウド・ビューを使用するとクラッシュする問題
  • UV surface、Scale Area Falloffを使用中カスタムエディットにスイッチすると既存のディストリビューションが維持されない問題
  • カスタムエディット中にアイテムをスケーリングする場合、不均等スケールを使う事ができない問題
  • コリジョン判定が3.4.1と異なる結果を生成する問題
  • Surfaceを使用する場合、カスタムエディットモードでカメラ・クリッピングが適切に働かない問題
  • Surface->Place itemsが誤った場所にアイテムを配置する問題を修正
  • UV surfaces機能でカメラからのフォールオフが正しく利用できます
  • Maxscript命令 'SetRotation', 'GetRotation' が現在正しく働きます
  • 3dsMax 2012のNitrousにおける表示問題
  • Forest Colorに関する問題
  • "Material->Color Tint->Use on Custom Object" パラメーターを削除 (現在は常に適用されます)
  • 開いたスプラインで分配されたジオメトリに関する問題
2011年04月25日
RailClone Pro 1.1.3beta を公開
Itoo Software社は、RailClone Pro の最新"ベータ"バージョン「1.1.3b beta」をリリースしました。
Itoo Software社のユーザーパネルからダウンロードいただけます。(※サブスクリプションが有効なユーザー様のみ)

RailClone Pro 1.1.3betaの改良点:
  • Mental Ray用のgeometric shaderを追加
    • 1.1.2bでサポートしたVRay用の拡張(超巨大構造物サポート)がmentalrayでも利用可能になりました。
    • オブジェクトはオンザフライでネイティブのレンダーインスタンスに変換されます。
    • mrProxies サポート
    ※注意:MentalRay geometric shaderは現在 Randomness->Material ID、マッピング、Vertex welding(頂点融合)と互換性をもっていません。「Display->VRay/Mental shader」をOFFにする事でスタンダードモードに戻す事ができます。
不具合修正
  • 同じオブジェクトが異なる変換で複数のセグメントで使用される場合にVRayで不具合が発生する問題を修正
2011年04月20日
RailClone Pro 1.1.2beta を公開
RailClone Pro 1.1.2b ベータ版
Itoo Software社は、RailClone Pro の最新"ベータ"バージョン「1.1.2b beta」をリリースしました。
Itoo Software社のユーザーパネルからダウンロードいただけます。(※サブスクリプションが有効なユーザー様のみ)

RailClone Pro 1.1.2betaの改良点:
  • 3ds Max 2012 をサポート
VRay関係:
  • 非常に大規模なオブジェクトを扱う場合のパフォーマンスを改善しメモリ消費量も縮小しました。ジオメトリはカメラの視野内でダイナミックに生成されます。これによりキロメートルを超える巨大なスプラインと複雑なオブジェクトを組み合わせてもレンダリングする事が可能です。
  • "use of render instances"オプションにおける、直線セグメントパス上のコーナーおよび均一配置を最適化
  • ネットワークレンダリングでProxyファイルを適切に検索するようになりました。
  • Geometry->Flip を使用した時に Proxyも正確に反映します。
2011年04月04日
Forest Pack Pro 3.5.0 beta を公開
Forest Pack Pro 3.5.0 ベータ版
Itoo Software社は、Forest Pack Pro の最新"ベータ"バージョン「3.5.0 beta」をリリースしました。
Itoo Software社のユーザーパネルからダウンロードいただけます。(※サブスクリプションが有効なユーザー様のみ)

注意その1:Betaバージョンは Forest Pro のサブスクリプションが有効の場合のみご利用いただけます。Forest Pack Proは2011年3月20日よりサブスクリプション制度を導入しており、既存ユーザー様は購入から1年間無償でサブスクリプションが有効です。

お使いのサブスクリプションがいつ切れるのかは、Itoo Softwareライセンスマネージャー(Windowsスタート>>プログラム>>Itoo Software>>License Server>>License Manager)を起動し、ライセンスの"Detailes.."ボタンから確認する事ができます。(図)

なお、アップデート(サブスクリプションのリニューアル)しても自動的には更新されません、必ず Add..ボタンから新しいアクティベーションコードを入力してライセンスを更新してください。


注意その2:今回リリースするForest Pack Pro 3.5.0 Betaはベータ版です。最終バージョンではありません。十分に注意して制作していますが、まだ見つかっていない潜在的な不具合等で3dsMaxがクラッシュしたり、最悪の場合シーンファイルが失われる可能性があります。クリティカルな仕事を行っている場合はベータ版のご利用は控えていただきますようお願い申し上げます。

Forest Pack Pro 3.5.0 beta での変更点:
==========================


新機能
  • UV座標を使用した3D空間スキャッタリングをサポート
    • Surfaceロールアウトでスキャッタリングモードを選択できます。(XY: 従来のモード, 2Dプロジェクションを使います。 UV: 新しい3Dモード。UV座標を使います)
    • ただし、Splines, Bitmap rotation, Dist.Map Channel (1に固定), カスタムエディットモードの "Link to Surface"など幾つかの機能はUVモードでは利用できません。
  • 新プラグイン : Forestアイテムにカラーバリエーションを加える新しい"Forest Colorマップ"を追加。従来の Forestマテリアルに似ていますが以下のような違いがあります。
    • "Forest Colorマップ"はマップです。マテリアルではありません。つまり拡散反射マップやスペキュラー、透明度マップなどにセットして利用する事が可能です。
    • "Forest Colorマップ"には10のランダムなカラー/テクスチャーマップがセットできます。パラメーターとして color / map / presence (%) / on-off を任意にセットできます。
    • ランダムカラーを5つのブレンドモードから指定できます。Normal(標準), Color(カラー), Additive(加算), Average(平均), Multiply(乗算)
    • ランダムカラーを「Item:アイテム」もしくは「Element:要素」に適用する事ができます。

      「アイテム」とはスキャッタするオブジェクトです(例えば樹木のオブジェクト)「要素」とは各「アイテム」のメッシュの一部分です(例えば樹木の葉の部分) これは非常に強力な機能で、例えば樹木の"葉"だけにランダムな色合いを加えたり、芝生の葉を個別にカラーリングする事が可能です。 「Item:アイテム」もしくは「Element:要素」への適用量は 0%~100%の強さでブレンドする事ができます。(サンプルイメージ参考)

      メモ:現在「Item:アイテム」もしくは「Element:要素」への適用は V-Rayおよびmentalrayで「メッシュオブジェクト」を使う場合のみ利用できます。 (Proxyへの適用は現在サポートしていません)
  • ポイントクラウドのパフォーマンスをさらに向上
  • Forestライブラリーで3Dオブジェクトの取り扱いが可能に。(注意:この機能はまだ開発段階です。次のベータで完全に実装が終わる予定。)

修正と変更
  • グラディエントを持ったRandom Tintがmentalrayで正しいカラーを表示しませんでした。
  • "Freeze All"が異なる方法として扱われる問題
  • mentalrayがアクティブなレンダラーの時以外は、Display->Hide Customがデフォルトで無効としました。
  • Forest Stats(ステータス)に"Hidden items"(隠されたアイテム)を追加 (Custom Editモードに限ります)
  • Forest LiteでRandom Tintを利用できるようにしました (Forest Colorプラグインが含まれます。)
  • MaxscriptからSurface Listが編集できるようにしました。
  • ネットワークレンダリング時のV-Ray Proxyファイルの検索を改善しました。
  • Distribution Mapsに ColorCorrect を使用しても適切に更新されるようになりました。

新機能のイメージ

UVをベースにした3D方向からのスキャッタリング

新しいランダムカラーミキシングの例:Item(樹木)とElement(葉)間のウェイトによる違いに注目してください。

ランダム無し


オブジェクト(Item)に100%ウェイトを置く事で、オブジェクト毎にランダムカラーが割り当てられます。


オブジェクト(Item) と 葉(Element) を半々でウェイトした例。オブジェクトと葉の両方でランダムカラーが出ています。


Elemntに100%ウェイトをつける事で、葉1枚1枚にランダムカラーが出ます。

芝生のElement(葉)に対してランダムカラーを割り当てた例。オブジェクト単位でなく「葉」1枚1枚単位でランダムなカラーを割り当てできます。


Forest Color マップのユーザーインターフェース
2011年03月17日
Forest Pack Pro サブスクリプション導入等
Forest Pack Pro サブスクリプション導入および値下げ
Itoo Software社は2011年3月20日より、Forest Pack Proにサブスクリプション制度を導入します。サブスクリプションを契約する事で1年間のアップデート(BEATA版へのアクセスとメジャーバージョンアップ)が提供されます。
なおサブスクリプションが切れても、契約時中にリリースされたバージョンは継続してご利用いただけます。

既存のユーザー様は購入時から1年間無償のサブスクリプション契約が提供されます。もしForestPackProを購入してから1年以上経過している場合、1年経過時点(無償のサブスクリプション期間)以降にリリースされたアップデートにはアクセスできなくなります。それ以降のアップデートにアクセスされたい場合はサブスクリプションをリニューアルいただく必要があります。

また、ForestPackPro のサブスクリプション制開始に伴い新規販売価格が値下げ[定価ベースで\34,650(税込)→\30,450(税込)]となりました。新規購入には1年間(もしくは3年)のサブスクリプションが含まれています。

ForestPackの購入案内はこちらへ

RailClonePro スペシャルディスカウント期間限定
RailConeProの販売を開始しました。現在リリース記念プロモーション中です。(期間限定)
RailCloneの詳細はこちらへ

ForestPack 芝生チュートリアル
ForestPackでリアルな芝生を作成するチュートリアルを掲載しました。
無償のライト版でも行えますのでぜひ挑戦してみてください。チュートリアルはこちらへ
2011年01月31日
Forest Pack Pro 3.4.1 をリリース
Itoo Software社はForest Pack Proのメンテナンスアップデート 3.4.1 をリリースしました。
既存ユーザー様に無償アップデートです。itoo社のコントロールパネルから今すぐダウンロードいただけます。
同じくLite版もアップデートされています。

Forest Pack Lite/Pro 3.4.1 変更点:
  • レンダリング時にアイテムがランダムに回転してしまう不具合を修正
  • V-Rayで高解像度ポリゴンメッシュとXrefを使った場合のメモリー消費量を改善
  • 高解像度オブジェクトを使用した場合に、V-Ray 2.0におけるメモリに関する潜在的な問題を修正
  • その他小さな不具合を修正
Forest Pack リリースノート
dummy box
original materials: Copyright © 1999 - 2013 Itoo Software