作品紹介:CARTIER WINTERTALE

フランス、パリを拠点としているクリエイティブスタジオ「UNIT IMAGE」が、新作「CARTIER WINTERTALE」を公開しました。
3dsMax と Ornatrix を使っているとの事。
(レンダラーは現時点では不明です。ちなみに前作「ZOMBIU TRAILER」では V-RayOrnatrix を使用されています。)

作品本編

メイキング

http://vimeo.com/58538984

V-Ray RTでForestPackサポート

ChaosGroupが次のサービスパック(2.4)のV-Ray RTでForestPackをサポートする事を予告しました。
以下のビデオはV-Ray 2.40 の V-Ray RTでForestPackを使ったレンダリングデモです。

操作デモ

なお、ForestPackの他にもMultiScatterやその他のスキャッタリングプラグインのサポートも予定しています。(メーカーの協力次第)

V-Ray 1.6 for Softimageアップデートリリース


ChaosGroupは、V-Ray 1.6 for Softimageのリリースを発表しました。

このバージョンは、修正と最適化の多くと同様にいくつかの新機能が含まれています。
改良・追加された機能:
  • 分散(ディストリビュート)レンダリングをサポート
  • プロパティのオーバーライド(上書き)をサポート
  • Alembicメッシュのインポートをサポート
  • Enviroment Fogでのギズモ・オブジェクトのサポート
  • Sphereフェードのサポート
  • 新規ノイズテクスチャの追加
  • ICEのサポートを大幅に改良
  • 各種エクスポーターパフォーマンスの改良
  • マテリアルIDを含むMultimatteマテリアルの改良
  • V-Rayプロキシへのマルチクラスタジオメトリのマッピングを改良
V-Ray 1.5 for Softimageをご利用のお客様はChaosGroup公式サイトからログインし、ダウンロードページから最新ビルド(1.6)をダウンロードすることができます。
これらの追加機能につきましては、先に公開されました日本語ドキュメントページに反映されておりますので、そちらも参考にして頂ければと思います。

Itoo Software Showreel 2012

Itoo Softwareのショーリール 2012 が公開されました。

V-Ray Softimage 日本語マニュアル提供開始

V-Ray v1.5 for Softimage 日本語ドキュメントページ(オンライン版)を掲載しました。
ユーザー様は弊社V-Ray for Softimageサポートページ内でご覧いただけます。

参考になりましたら幸いです。

ZBrush 4R5 – 新機能ドキュメント日本語版提供開始

ZBrush 4R5 - 新機能ドキュメント日本語版

ZBrush 4R5 – 新機能ドキュメントの日本語版(PDF)の提供を開始しました。
ZBrush 4.0 印刷日本語マニュアルをお持ちのユーザー様は無償でダウンロードいただけます。

まだ”ZBrush 4 – 印刷日本語マニュアル″をお持ちで無い場合は、この機会にご購入をご検討ください。
ZBrush 4- 日本語マニュアルの価格やお見積もりはこちらへ

※弊社サポートページにはログインが必要です。アクセス方法やパスワードを忘れた方はサポート(support@oakcorp.net)まで、必ずZBrush購入時のユーザー情報を添えてご連絡ください。

RailClone Lite/Pro 1.4.3 アップデート

ItooSoftWareはRailClone Lite/Proの一般リリースバージョン(安定版)をアップデートしました。
このリリースは報告された不具合を修正するメンテナンスパッチです。
Itoo Software社のユーザーパネルからダウンロードいただけます。(※Itooサブスクリプションが有効なユーザー様のみ)

RailClone Liteバージョンも更新されています。

RailClone Lite/Pro 1.4.3

  • RailClone Tools(ユーティリティ)がソースオブジェクトのレイヤー階層を維持するようになりました
  • 修正: 3dsMax2013において非ASCII文字のファイル名およびパスからV-RayProxyが読み込まれない問題を修正
  • 修正:アクティブのライセンスが無い状態でRailCloneシーンを編集するとまれに不正なRailCloneオブジェクトが発生する潜在的な問題を除去

ZBrush 4R5用 ZAppLink修正パッチ公開

ZBrush 4R5 (12月21日リリース版)で ZAppLInkを使うと以下のエラーが必ず表示されます。

このエラーを修正するアップデートが2013年1月17日にリリースされました。Pixologicのダウンロードセンターから修正ファイルをダウンロードしてください。ダウンロードした「ZAppLink_4.0.zip」を展開すると「ZAppLink_4.0.zsc」と言う名前のファイルが出てきます。
このファイルを ZBrush 4R5フォルダ >> ZStartup >> ZPlugs >> ZAppLink_4.0.zsc ファイルに「上書きコピー」してください。

Windows版
C:\Program Files (x86)\Pixologic\ZBrush 4R5\ZStartup\ZPlugsファルダ内へ上書きコピー

Mac版
アプリケーション >> ZBrush 4R5 >> >> ZStartup >> ZPlugsフォルダ内へ上書きコピー

2013年1月の新製品 archmodels vol.122 をリリース

archmodels vol.122 – 詳細なディテールでモデリングされた中性ヨーロピアン調家具モデルを 52 点収録。
無料サンプルモデルもダウンロードいただけます。
3dsMaxデータに加えて、CINEMA 4D R11.5の質感設定済みデータも収録されています。(AdvancedRenderおよびV-RayForC4D)

カタログはこちらへ

Forest Pack Lite/Pro 3.9.6 アップデート

Forest Pack Pro 3.9.6 アップデート

ItooSoftWareはForestPackPro/Liteの一般リリースバージョン(安定版)をアップデートしました。(先日公開された4.0ベータとは異なります。)

このリリースは報告された不具合を修正するメンテナンスパッチです。
Itoo Software社のユーザーパネルからダウンロードいただけます。(※Itooサブスクリプションが有効なユーザー様のみ)

Forest Pack Liteバージョンも更新されています。

Forest Pack Lite/Pro 3.9.6

  • 修正: Animationロールアウトで RandomもしくはMapを使用している場合、正常に更新されない問題を修正
  • 修正: 3dsMax2013において非ASCII文字のファイル名およびパスからV-RayProxyが読み込まれない問題を修正
  • 修正:アクティブのライセンスが無い状態でForestシーンを編集するとまれに不正なForestオブジェクトが発生する潜在的な問題を除去
  • 修正:Maxscriptコマンド”trees.create”の不具合修正
1 62 63 64 65 66 67