Pixologic ZBrush 4R8用プラグインページ公開。マイナーアップデートと追加プラグイン

Pixologicは、ZBrush 4R8用のプラグインダウンロードページを公開しました。

http://pixologic.com/zbrush/downloadcenter/zplugins/

なお主要なPixologic公式プラグインは全てZBrush 4R8のインストーラーに含まれているので別途ダウンロードする必要はありません。ZBrush 4R8リリース後にプラグインのアップデートがあるとこのページで配布されます。

さっそく「ScaleMaster 4R8 v2.2」「ZBrush To PhotoshopCC v2.1」にアップデートしていますので、よく利用される方はアップデートしてください。(上書きインストールします。)

また、Pixologicの社員が個人的に作成したプラグインも公開されています。 (以下はZBrush 4R8に含まれていません)

“Ring Master”は、正確にmm単位のリング状のベースメッシュを生成するプラグインです。外部アプリケーションの必要無しにZBrushだけで正確な大きさの指輪やブレスレットのベースを作るのにとても役立ちます。さらにプラグインにはリングの周囲に沿って宝石を並べたり、凹みをつけたり、マスクを生成する機能があります。

 

“NanoTile Textures”は、ZBrushの”ナノメッシュ”, “インサートメッシュ”, “ラップモードでの平面スカルプト”機能を使ってタイリング・テクスチャーを作成するプラグインです。このツールを使ってタイルモデルを作成すると、シームレスに繋がるタイリングテクスチャーマップを簡単に作成できます。テクスチャーはBPRを使ってレンダリングされ RGB、アルベド、アンビエントオクルージョン、法線マップ、バンプマップ、ポリグループID、ハイトマップが生成されます。

 

“Z CNC”は切削(CNCフライス加工)用のモデル生成を助けてくれるプラグインです。プラグインは正確な寸法の材料メッシュの生成、彫刻の深度、切削彫刻向けブラシ設定等を行います。

 

“ZStartup Master”は、ZBrush起動時に実行されるカスタムな”DefaultZScript”を作成するプラグインです。例えばZBrush起動時に特定のモデルを開いたり、特定のブラシを選択したり、特定のSpotLightイメージをセットしたり、特定のZappLinkビューにセットしたりする事ができるでしょう。

 

“PanelLoop Preset”は19の視覚的なアイコンを使ってパネルループ設定を登録・呼び出しする事ができるプラグインです。ユーザーがパネルループ設定を登録すると自動的にアイコンが作成され、後から視覚的に選択する事ができます。

 

“Clean Tool Master”は、複数のサブツールに対して特定のプロセスを適用するプラグインです。例えばモーフターゲットを作成、削除したり、3Dレイヤーのベイク、サーフェスノイズのトグル、Undo履歴の削除等を複数のサブツールに1クリックで適用できます。

 

“ZRepeat It”はZScriptを格納し選択されたサブツール、可視のサブツール、全てのサブツールに対して処理を適用する事ができるプラグインです。このツールで例えば「マスクをクリア」「モーフターゲットを削除」「3Dレイヤを全てベイク」等のサブツールに対する処理を簡単に自動化する事ができます。

 

プラグイン共通のインストール方法:

1. ZBrush 4R8 を終了します。
2. ダウンロードしたプラグインの Zip ファイルを展開します。
3. “プラグイン名_Install”フォルダが作成されますので、このフォルダの「中身」 (‘プラグイン.zsc’ と ‘プラグイン_4R8’フォルダ) をPixologic/ZBrush 4R8/ZStartup/ZPlugs64/ フォルダへコピーします。※1つのzscファイルとフォルダをセットでコピーしてください。
4. ZBrush 4R8を起動します。
5. ZPlugins タブの中にプラグインが追加されているのをご確認ください。
6. プラグインには未知の不具合がある可能性があります。念のためデータを保存してからご利用ください。

ZBrush 4R8 の製品紹介はこちらへ

 

EVERMOTION : archmodels vol.188 [インテリア雑貨]がリリース (3dsMax, CINEMA 4D用素材集)

archmodels vol.188 – コマーシャル、建築パース等に使用できるインテリア雑貨、小物の詳細な3Dモデルが
計 34 点収録
3dsMaxデータに加えて、CINEMA 4Dの質感設定済みデータも収録されています。(AdvancedRenderおよびV-RayForC4D)

archmodels 188のカタログはこちらへ

RailClone Lite/Pro 3.0.7 メジャーアップデートをリリース (3dsMax用スキャッタプラグイン)

ItooSoftware社は 3dsMax用スキャッタリングプラグイン 「RailClone Lite/Pro 3」 最新メジャーアップデートの安定バージョン(V3.0.7)をリリースしました。
サブスクリプション期間中のユーザー様はItooソフトのアカウントから今すぐダウンロードいただけます。(3.0.1~3.0.6はベータ版)

以下はRailClone3機能のハイライトです。

  • 追加:Randomize/TintマップのRailClone Colorを追加(Forest Colorと同等)
  • 追加:新しくマクロ機能を追加(ノードの作成/保存/共有が可能)
  • 改善:編集されたノードメモ、リストボックスの拡張、複数のアトリビュートやパラメータを簡単にエクスポートできるなど、作業を効率化するためにUIが改善されました。
  • 改善:Clipping機能の改善/ワンクリックで閉じたスプラインにスタイルを適用し、整列させることができます。
  • 追加:Style Linkingにより広大なシーン内にある複数のRailCloneオブジェクトを一括管理、更新
  • 追加:Update Manager経由でオンラインスタイルやマクロのダウンロード
  • 追加:数値パラメータにRetain Value Modeを追加/ Retain value機能の動作をオーバーライドします
  • 追加:屋根素材や外壁材の新しいライブラリを追加
  • 対応3ds Max 2018とV-Ray3.6に対応
    → Mental Rayおよび 3ds Max 2010/2011はサポート対象外となりました。
  • 【変更】:連続マッピング(Continuous mapping)機能が完全に新しく書き直されました。(メモ参照)
  • 追加:Generator機能への幾つかのオプションを追加

これによりRailClone 2で作成したマッピング結果とは異なる場合があります。また、RailClone 1で作成したセグメントマッピングは機能しませんのでご注意ください。

※今回のリリースは「安定版」です。アップデート可能な全てのユーザーにアップデートを推奨します。なお、今回のアップデートでは大幅なユーザーインターフェースの改善(変更)がありますので、今までとは若干異なる操作感となります。時間に余裕のあるときにアップデートしていただくことを強くおすすめします。

RailCloneの詳細はこちら

[3dsMax] V-Ray 3.60.02 for 3ds Max マイナーアップデートをリリース

ChaosGroupは 3dsMax用のV-Rayプラグインをアップデートしました。3.60の報告された不具合を修正するマイナーアップデートです。
ダウンロードはこちら(要ChaosGroup.comログイン)

Build 3.60.02 (official) (12 July 2017)
改良された機能

  • V-Ray: V-Rayのログ・ファイルの出力先を指定および3dsMaxログへコピーする環境変数を追加 (VRAY_SYSTEM_LOG_FILE, VRAY_LOG_CC_TO_DEBUGGER)
  • V-Ray: Max Transp.Level パラメーターの上限値を増加
  • V-Ray: 領域レンダリングを有効にしてネットワークレンダリングする場合に警告をログに出力します
  • V-Ray Toolbar: V-Rayマテリアルにリセットするフライアウトボタンを追加
  • VRayMultiSubTex: テクスチャーを通して順番をサイクルするオプションを追加
  • VRayMultiSubTex: スレートマテリアルエディタ内のVRayMultiSubTexノードスロットで実際のIDを表示するように改良

その他不具合の修正多数。全リリースノートは弊社V-Ray 3dsMax サポートページ(要ログイン)を参照ください。

V-Ray 3 for 3dsMaxの案内はこちらへ

EVERMOTION : archmodels vol.187 [ユーロ パレット]がリリース (3dsMax, CINEMA 4D用素材集)

archmodels vol.187 – コマーシャル、建築パース等に使用可能な”パレット材”で作成された高品質ソファやテーブルなどのモデルが 合計32 点収録。
3dsMaxデータに加えて、CINEMA 4Dの質感設定済みデータも収録されています。(AdvancedRenderおよびV-RayForC4D)

archmodels 187のカタログはこちらへ

V-Ray 3.5 for Revit リリース。既存ユーザー様は無償アップデート

ChaosGroupは autodesk社 Revit用のV-Ray最新アップデート「V-Ray 3.5 for Revit」をリリース致しました。

このアップデートでは、同じシーンで最大7倍の高速化が望める新「アダプティブ・ライト」アルゴリズムの導入に加えて、V-Ray Swarm ディストリビュートレンダリング・システムの改良およびAutodesk Revit 2018を公式サポートしました。

既存ユーザー様は無償でアップデートいただけます。今すぐChaosGroup.comアカウントよりダウンロード!

V-Ray 3.5 for Revitの主な新機能:

  • Revit 2018 互換 – Autodesk Revit 2018を公式サポートしました
  • 新マテリアルライブラリ – 500を超える高品位プリセットマテリアルを同梱。殆どの質感をライブラリから選択して簡単に割り当てできます
  • インタラクティブ空気遠近 – 大気による霞(フォグ)効果をリアルタイムレンダリングで確認する事ができます
  • マテリアルID – Phtoshop等でレンダリングを編集する場合に便利なオブジェクトのマスクを生成する事ができます
  • V-Ray Swarmの改良 – 空いている Mac や Linux マシンもサブ・レンダリングマシンとして活用いただけます

V-Ray for Revit の商品詳細はこちらへ

V-Ray Rhino 3.40.03 アップデートをリリース

ChaosGroupは Rhino要のV-Ray最新アップデート “3.40.03” をリリースしました。このアップデートは主に不具合の修正が提供されます。

既存V-Ray 3 Rhompユーザー様は無償でアップデートいただけます。今すぐChaosGroupのアカウントからダウンロードいただけます。

V-Ray Rhino 3.40.03 主な改良点:

  • 同梱の V-Ray SWARMインストーラーを ver 1.4.1 に更新
  • リンクされたブロックを含むファイル開くと、マテリアル競合ウィンドウで“全て適用”オプションを認識しない問題を修正
  • メッシュライトを使用してSWARMレンダリングするとバケット間で明るさが異なる問題を修正
  • 隠されたレイヤーでも読み込まれたブロックがレンダリングされる問題を修正

V-Ray for Rhinoの製品情報はこちらへ

[Pixologic] ZBrush 4R8 P1 をリリース

Pixologic社は ZBrush 4R8  “Patch 1″を本日(2017年6月30日)にリリース致しました。[Source]

●新規

  • 4R8 Patch1の提供に伴い、フローティング・ライセンス用のインストーラーを提供開始
  • カラーにより調整(Modulate By Color)スライダーがナノメッシュに追加
  • ブーリアン設定( Boolean >> Preference)から、ブーリアンメッシュ作成(Make Boolean Mesh)が生成する一時ファイルを削除できるようになりました。
  • ClayTubesConstantブラシが追加。モーフターゲットが適用されている場合、表面から一定の深さでブラシ操作が行なえます。
  • ポリグループのアウトラインが付いたBrush3Dテンプレートプロジェクトが追加されました。これにより、VDMの準備がより簡単になりました。

●アップデート

IMM Viewer(IMMセレクター)

  • アイテムを挿入したり削除した場合に、IMMViewerが即座に内容を更新するように修正
  • 環境設定でIMM Viewerのオン/オフを切り替えるとすぐに反映されるように修正
  • IMM Viewer設定がUIコンフィグに保存されるよう変更

ブラシ関連

  • 旧バージョンで作成したブラシを読み込むと【ブラシメニュー >>  アルファとテクスチャ設定 >> “アダプティブ マップ サイズ”(Adaptive Map size)】がゼロ”0″で読み込まれ、4R8で利用できるように変更
  • ClayTubesブラシが旧バージョンと同じように使用できるように高速サンプル(FastSample)が標準になりました。
  • Shiftキーを押下(スムースモードに)してからストロークする場合、新しく搭載されたシフトライン機能(Shift-Line)が無効となるように変更

Z Modeler

  • エッジアクションの”挿入”(insert)の標準設定が、複数エッジループ(Multiple Edge loops)ではなく、単一エッジループ(Single Edge Loop)に変更

ユーザーインターフェース(UI)

  • カスタムパレットを自由に削除できるようになり、UIにもすぐに反映されるように修正
  • ボタンサイズが最大”120″までセットできるようになりました。これにより、大きなテキストやボタンの表示、高解像度ディスプレイにも最適化可能です。
  • Mac OS X上でフォントが見やすく修正。

GoZ

  • “表示”(Visible)状態のサブツールが正常に転送先アプリケーションに転送されるように修正

プラグイン(Plugins)

  • 3Dプリントハブ(3D Print Hub)でVRMLを書き出す際、テクスチャーも書き出すように変更
  • 3Dプリントハブ(3D Print Hub)は”Preform”への対応および、表示状態の全てのサブツールをきちんと送れるように改善
  • 統合されたUVをFBX形式で書き出せるように改善

その他

  • ユニオンメッシュ作成(Make Union Mesh)がMac OSX 10.9(Mavericks)をサポート
  • 旧バージョン互換のため、タイムライン(Timeline)のサブツールトラック(Subtool-Track)が標準で無効化
  • トランスポーズライン(Transpose Line)の右クリックインフレート(膨張)が取り除かれました。(この機能は将来的にデフォーマーに置き換えられます。)
※これらの機能は総合的に重要な更新内容となります。上記以外にも細かく修正や更新が含まれています。

ZBrush 4R8に関する詳細はこちら

ZBrush 4R7以前のバージョンからアップグレードを行う場合は、Pixologic DownloadCenterへアクセスし、手順に従い最新版をダウンロードしてください。フルインストーラーがダウンロードできます。

ZBrush 4のシリアルをまだお持ちでない方(ZBrush 1 ~3.xユーザー)はPixologic SupportへSubmit A Ticket経由で最新版シリアルの発行を申請してください。

【ZBrush 4R8をすでにインストールしている方】は、ZBrush4R8のインストールフォルダに保存されている”ZUpgrader”を実行することで4R8から4R8P1へアップデートすることができます。

ZUpgraderでアップデートに失敗する場合は、ZBrush 4R8を一旦アンインストールを行ってからPixologic DownloadCenterへアクセスし、ZBrush 4R8 P1インストーラーをダウンロードして新規インストールを行ってください。その場合はZBrush 4R8 P1インストール後に再度ZBrushのアクティベーションが必要です。

 

3dsMax用の植物モデラー「GrowFX 1.9.9 SP5」がリリース, 3ds Max 2018対応

Exlevelは3dsMax用の植物モデリングプラグイン「GrowFX」の最新アップデート「GrowFX 1.9.9 SP5」をリリースしました。
アップデートはExlevel社のアカウントから今すぐダウンロードいただけます。

GrowFX 1.9.9 SP5 の変更点

  • 3dsMax 2018をサポート
  • ディストリビュータのポイントグループおよび全ディストリビュータの”Count rate(%)”に使用するアルゴリズムを改良。新バージョンではより正確な結果を返します。なおこの改良により、旧バージョンで作成した植物の見た目が少し変化する可能性がある点を予めご了承ください。
  • その他報告された不具合を修正

3ds Max用植物モデリングプラグイン GrowFXの詳細デモ版はこちらへ

Forest Pack Lite/Pro 5.4.0安定版アップデートをリリース (3dsMax用スキャッタプラグイン)

ItooSoftware社は 3dsMax用スキャッタリングプラグイン 「Forest Pack Lite/Pro 5.4.0」 最新安定バージョンをリリースしました。
サブスクリプション期間中のユーザー様はItooソフトのアカウントから今すぐダウンロードいただけます。 今回のアップデートは主にV-Ray 3.6への対応と3ds Max2018です。

※今回のリリースは「安定版」です。アップデート可能な全てのユーザーにアップデートを推奨します。

  • 対応3ds Max 2018とV-Ray3.6に対応
  • 改善:不透明なV-Rayマテリアルをレンダリングする際のパフォーマンスを向上
    この最適化はAreas » Edge Mode利用時には適用されません。
  • 修正:CoronaレンダラーでEdgeMode利用時にクラッシュする問題を修正
  • 修正(V-Ray):Custom Editモード時にForestPackオブジェクトが移動するバグを修正
  • 修正:幾つかのライブラリや関連ファイルがアンインストール時に残ってしまう問題を修正
  • 【サポート終了】:Windows XPへのサポートを終了

メモ:このバージョンは Mental Ray for 3ds Max 2018には対応していません

ForestPackProの詳細はこちら

1 2 3 4 5 6 7 8 67