[3Dスキャン] Agisoft PhotoScan v1.3.4 マイナーアップデートがリリース (バグ修正)

Agisoft社は PhotoScanの最新バージョン Version 1.3.3アップデートをリリース致しました。

既存ユーザーは無償でアップデートいただけます。ライセンスキーは既存バージョンと共通です。
ダウンロードは弊社サポートサイトもしくはPhotoScan紹介ページよりダウンロード可能です。評価版も最新バージョンとなっておりますので、是非お試しください。

Version 1.3.4 build 5067 (18 September 2017)

Standard および Professional 共通の変更点

  • バグ修正

PhotoScan Professional の詳細はこちら

[3Dスキャン] Agisoft PhotoScan v1.3.3 マイナーアップデートがリリース

Agisoft社は PhotoScanの最新バージョン Version 1.3.3アップデートをリリース致しました。

既存ユーザーは無償でアップデートいただけます。ライセンスキーは既存バージョンと共通です。
ダウンロードは弊社サポートサイトもしくはPhotoScan紹介ページよりダウンロード可能です。評価版も最新バージョンとなっておりますので、是非お試しください。

Version 1.3.3 build 4827 (16 August 2017)

Standard および Professional 共通の変更点

  • 追加:OpenGLのバックエンドオプションを追加(windowsのみ) /  –opengl コマンドラインオプション

以下はProfessional版のみ

  • 追加:2Dシェイププロファイルの書き出しに対応
  • 追加:オルソモザイク(KMZ)のエクスポートダイアログの”ネットワークリンクを保存”オプションを追加
  • 追加:カメラのエクスポート対応フォーマットに”DAT(.dat)/EM Summit XML(.smtxml)”形式を追加
  • 追加:Network Monitorにサーバーログを表示
  • 追加:Network Monitorにバッチリストのimport/exportコマンドを追加 /  Agisoft Batch List形式(.json)
    【PhotoScan Batch Jobファイルとは異なります】
  • 追加:Network MonitorのバッチコマンドにSetNodeLimitオプションを追加
    【ジョブに参加させる台数を制限します。0 = 無制限】
  • 追加:Network Monitorのノード画面で、ノードの”GPU Mask”と”CPU Enable”コマンドを追加
  • 追加:Network Monitorのバッチリスト画面に”Username”と”Last Error”列を追加

PhotoScan Standardの詳細はこちら

PhotoScan Professional の詳細はこちら

 

[3Dスキャン] Agisoft PhotoScan v1.3.2 マイナーアップデートがリリース

Agisoft社は PhotoScanの最新バージョン Version 1.3.2アップデートをリリース致しました。

既存ユーザーは無償でアップデートいただけます。ライセンスキーは既存バージョンと共通です。
ダウンロードは弊社サポートサイトもしくはPhotoScan紹介ページよりダウンロード可能です。評価版も最新バージョンとなっておりますので、是非お試しください。

Version 1.3.2 Build 4164 (15 May 2017)

Standard および Professional 共通の変更点

  • 追加:メッシュ構築で”頂点カラーを計算する”(Calculate vertex colors)オプションを追加
  • 修正:各種バグフィックス

以下はProfessional版のみ

  • 追加:設定ダイアログに”リッチPythonコンソールを有効”を追加

PhotoScan Standardの詳細はこちら

PhotoScan Professional の詳細はこちら

[3Dスキャン] Agisoft PhotoScan v1.3.1 マイナーアップデートがリリース

Agisoft社は PhotoScanの最新バージョン Version 1.3.1アップデートをリリース致しました。

既存ユーザーは無償でアップデートいただけます。ライセンスキーは既存バージョンと共通です。
ダウンロードは弊社サポートサイトもしくはPhotoScan紹介ページよりダウンロード可能です。評価版も最新バージョンとなっておりますので、是非お試しください。

Version 1.3.1 Build 4030(4 April 2017)

Standard および Professional 共通の変更点

  • 追加:写真ビューに画像座標とズーム表示を追加
  • 追加:Photosペインの詳細ビューにオリエンテーション[方向]列を追加。
  • 対応:TGAイメージフォーマットをサポート
  • 追加:アップロードコマンドのデータサイズ表示が追加されました。
  • 追加:モデルビューでダブルクリックした箇所を視点の中心になるよう操作を追加。
  • 拡張:スムースモデルコマンドに小数点以下の数値が入力できるよう拡張。(細かな強度調整が可能)

以下はProfessional版のみ

  • 追加:Preferences/[座標]ダイアログに測定単位オプションが追加。
  • 追加:[CSVインポート/エクスポート]ダイアログの[Enabled/有効]列を追加。
  • 追加:Orthoビューにラスター変換のパレットバーを追加。
  • 追加Generate Seamlines/シームラインの生成コマンドを追加。
  • 追加:生成された等高線に対するラベルを追加。
  • 追加:シェイプラベルの表示/非表示オプションをシェイプレイヤープロパティダイアログに追加。
  • 対応:シェイプカラーのインポート/エクスポート可能なファイル形式にKML形式をサポート
  • 追加:[形状の測定]ダイアログに Profile Length/[プロファイルの長さ]を追加。
  • 追加:[ラスター計算機]ダイアログでパレットの出力バンド選択を追加。
  • 対応:ModelビューとOrthoビューで複数の図形選択に対応。
  • 追加:オルソビューに選択ツールを追加。
  • 追加:SHP、KML、DXF形式でのマーカーの書き出しをサポートしました。
  • 追加:FBX形式の[モデルの書き出し]ダイアログボックスに[マーカー]オプションを追加。
  • 追加:マーカー誤差のグラフプロットをレポートに追加。
  • 対応:カラーモードでのDEMエクスポート/アップロードに対応。
  • 追加:オルソモザイクおよびオルソフォトのエクスポート設定に背景色オプションを追加。
  • 追加:オルソモザイク生成時のリージョンベースのクリッピングに対応。
  • 追加:DEM/オルソモザイクのエクスポートダイアログにタイルスキームの書き込みオプションを追加。
  • 追加:オフラインアクティベーション/ディエアクティベーションページに[プロキシ設定の確認]ボタンを追加。
  • 追加:アクティベーションダイアログにプロキシページを追加。
  • 追加:ネットワークモニタにFinishedカラムを追加。(Agisoft Network Monitor:ネットワーク分散処理用モニターツール)
  • 追加:写真ビューに定規[ruler]ツールを追加。
  • 拡張:定規ツールで、最初のポイント座標を表示する機能を拡張。
  • 改善:既存のチャンクからフレームをコピーできるよう[フレームを追加]コマンドを改善。

PhotoScan Standardの詳細はこちら

PhotoScan Professional の詳細はこちら

[3Dスキャン] Agisoft PhotoScan v1.3.0 マイナーアップデートが正式リリース

Agisoft社は PhotoScanの最新バージョン Version 1.3.0アップデートをリリース致しました。

既存ユーザーは無償でアップデートいただけます。ライセンスキーは既存バージョンと共通です。
ダウンロードは弊社サポートサイトもしくはPhotoScanページよりダウンロード可能です。評価版も最新バージョンとなっておりますので、是非お試しください。

今回のバージョンからPhotoScan “Professional”はフローティングライセンスに対応いたしました。 (Standard版はノードロック版のみ)
フローティングライセンスはRLMサーバーでの管理となり、スタンドアロンライセンスとは異なるフローティングライセンス専用のLicense Code が必要です。

Version 1.3.0 Build 3772(5 February 2017)

Standard および Professional 共通の変更点

  • イメージマッチングのGPUアクセラレーションに対応
  • プリファレンスダイアログで選択可能な modern テーマの高dpiモード設定を追加
  • [Add Folder/フォルダを追加]コマンドで各フォルダ毎にカメラグループを作成できるよう更新
  • 座標参照されていないチャンクのカメラのZ方向をマイナス方向に向けられるようAlignment/アライメントを更新
  • NVIDIA系グラフィックカードが搭載されている場合はCUDAを利用するように変更
  • [ Windows版 ]インストール時にデスクトップショートカットの作成オプションおよびインストールフォルダの変更に対応

Professional 版のみの変更点

  • ポイントクラウドカラーのマルチチャンネルに対応
  • カメラ座標データの向きのOPKアングルに対応
  • CSVインポートダイアログに新しく “accuracy/精度” 列選択を追加
  • レポートに[camera rotation error/カメラ回転エラー]を追加
  • Upload Orthomosaic/オルソモザイクをアップロード ダイアログにラスター変換オプションを追加
  • Preselection/予備選択の[ generic(汎用)/reference(カメラの座標から)]に個別の設定を追加
  • 平面投影におけるDEM生成を追加
  • Build orthomosaic/オルソモザイク構築 ダイアログに“Enable hole filling/穴埋めを有効にする”オプションを追加
  • Shape Attributes/ シェイプの属性をサポート
  • 14ビット符号化ターゲットに対応
  • マーカーの十字線オプションを環境設定ダイアログに追加
  • WIRISサーマルイメージフォーマットに対応
  • Model Viewの座標方向について、標準を南向きから北向きに変更
  • オルソモザイクの書き出しで背景が白になるよう更新
  • EPSGバージョンを9.0に更新
  • フローティングライセンスへの対応とライセンスの借用に対応(専用のフローティングライセンスが必要です。)

ネットワーク処理関連

  • ネットワークノード処理用のCPU/GPU設定の追加(効率化)
  • ネットワークノードの Quit/終了 コマンドを追加
  • network monitorに “Show Completed Batches”(終了したバッチの表示)チェックボックスを追加
  • network monitorに RAM/CPU の使用率表示を追加
  • network monitorに node/batch ログ表示を追加
  • network monitorに ホスト名表示 を追加
  • network monitorに 追加されたタスクパラメータ表示 を追加

Version 1.3.0 Build 3075(ベータ版で追加された機能)

Standard および Professional 共通の変更点

  • アルゴリズムの改善
    • ローリングシャッター方式をサポート
    • モザイクテクスチャブレンド品質の向上
    • オーバーラップ率の高い場合の高密度クラウド構築を最適化
    • 高密度クラウド編集時のパフォーマンスを最適化
  • ユーザーインターフェースのカスタム対応
    • 新規のGUIテーマ:Classic/クラシック、Dark/ダーク、Lightライト
    • 外観設定の拡張
    • モデルビューのカメラサイズを調整

Professional 版のみの変更点

  • 新機能
    • 画像をベースにしたShape作成のサポート
    • ラスター変形のマルチ出力の拡張及びFalse Color/フォールスカラーをサポート
    • Render Photoコマンドを追加
  • スクリプトの拡張サポート
    • コマンドライン経由のスクリプト実行サポートを追加
    • アドバンスドPythonコンソールを追加
  • より多くの座標系をサポート
    • 座標系エディターの追加
    • OSGB36座標系をサポート
    • Geocentric[ジオセントリック]座標系をサポート
  • その他
    • 等高線をShapeレイヤーとして統合
    • ARAサーマル画像フォーマットをサポート
    • Shapeのカスタム可能なスタイルの追加
    • ワークスペースペーン内のマーカーやスケールバーのグループ化に対応
    • オルソビュー及び写真の内挿補間オプションの追加
    • マウスカーソルの改善によりマーカー配置時の精度を向上
    • 複数ユーザー環境でのプロジェクトロック機能を追加
    • フローティング・ライセンスをサポート

サポートページについては随時更新いたします。

PhotoScan Standardの詳細はこちら
PhotoScan Professional の詳細はこちら

[3Dスキャン] Agisoft PhotoScan v1.2.6 マイナーアップデートがリリース (Bug Fixのみ)

verup1.2.6

Agisoft社は PhotoScanの最新バージョン Version 1.2.6
アップデートをリリース致しました。

既存ユーザーは無償でアップデートいただけます。ライセンスキーは既存バージョンと共通です。
ダウンロードは弊社サポートサイトもしくはPhotoScanページより、デモ版も更新されています。

Version 1.2.6 Build 2834 (20 July 2016)※

※リリースノートの日付はJulyですが、公開日は8月20日です。

 

Standard および Professional 共通の変更点

  • Bug Fix (バグ内容未公開)

 

PhotoScanの詳細はこちらへ

[3Dスキャン] Agisoft PhotoScan v1.2.5 マイナーアップデートがリリース

verup

Agisoft社は PhotoScanの最新バージョン Version 1.2.5アップデートをリリース致しました。

既存ユーザーは無償でアップデートいただけます。ライセンスキーは既存バージョンと共通です。
ダウンロードは弊社サポートサイトもしくはPhotoScanページより、デモ版も更新されています。

Version 1.2.5 Build 2556 (13 June 2016)

Standard および Professional 共通の変更点

  • PointSceneアップロードサポート
  • DMG画像フォーマットをサポート
  • ワークスペースペーン内のチャンクの順番(並び順)変更に対応
  • ドラッグ&ドロップによるメッシュのインポートに対応
  • 高密度(Dense)クラウドのコンテキストメニューに “高密度クラウドを復元する”が追加
  • モデルビューポートのコンテキストメニューに “ビューをキャプチャーする” コマンドが追加
  • プリファレンスに“外観”タブが追加
  • パノラマ書き出しオプションに “色調補正”が追加
  • Distortion Prot[歪曲プロット]ダイアログにスケール選択が追加
  • “potree point”フォーマットバージョンが1.6にアップデート
  • “マスク読み込み”コマンド時に不足している画像を無視するよう修正

Professional 版のみの変更点

  • モデルビューモードでShape作成(ドローイング)をサポート
  • モデルビュー内のコンテキストメニューにShapeの“Measure”[測定]コマンドを追加
  • シェイプにラベルとレイヤープロパティを追加
  • タイルモデル構築ダイアログでソース選択に“メッシュ”を追加
  • DXFフォーマットの点群書き出しをサポート
  • 等高線の作成ダイアログオプションで “簡易等高線”オプションを追加
  • foot-based ローカル座標を追加 (Coordinate system (ft) )
  • シェイプ”測定”ダイアログの体積タブ項目に“基準面[以上/以下]の体積”を追加
  • オルソビュー内のコンテキストメニューに“高度を更新”コマンドを追加
  • ドローポリゴンでシェイプ作成後のコンテキストメニュー“画像割り当て”ダイアログでソート機能を追加
  • オルソビュー内にスケールバーとカラーバーを追加
  • DEMビューに“ヒルシェーディング”モードを追加
  • オルソ / モデルビューに定規ツールを追加
  • プリファレンスダイアログに “カメラ向きと角度をXMPメタデータから読み込む”を追加
  • 南向きの座標系に対してBuild Demダイアログ設定で “North Up”[北を上にする]オプションが追加
  • Network Monitorにバッチプロセスの詳細を追加
  • “potree point”フォーマットの書き出しで座標系選択を追加
  • 大きいサイズのGeoTiffを書き出す際のメモリ消費を低減
  • 大きいプロジェクトの高密度クラウドをネットワーク経由で生成する際のメモリ消費を低減
  • EPSGバージョンを8.9にアップデート

 

PhotoScanの詳細はこちらへ

[3Dスキャン] Agisoft PhotoScan v1.2.4 マイナーアップデートがリリース

verup

Agisoft社は PhotoScanの最新バージョン Version 1.2.4 アップデートをリリース致しました。

既存ユーザーは無償でアップデートいただけます。ライセンスキーは既存バージョンと共通です。
ダウンロードは弊社サポートサイトもしくはPhotoScanページより、デモ版も更新されています。

Version 1.2.4 build 2399 (18 March 2016)

Standard および Professional 共通の変更

  • カメラモデルの修正
  • キャリブレーションエラーの計算と相関係数の追加
  • 高密度クラウドのコンテキストメニューに“高密度クラウドの圧縮”(compact)を追加
  • 写真ペインのサムネイル表示に“Aligned”インジケータを追加
  • 環境設定ダイアログに、デフォルトビュー選択を追加
  • バグ修正

Professionalのみの変更点

  • 4DMapperへのアップロードをサポート
  • Krovacプロジェクションをサポート
  • Batch Processダイアログでスクリプトの実行コマンドを追加
  • 生成したオルソモザイク画像のコンテキストメニューにオルソ画像の削除コマンドを追加
  • 高密度ポイントクラスリストの拡張

PhotoScanの詳細はこちらへ

[3Dスキャン] Agisoft PhotoScan v1.2.3 マイナーアップデートがリリース

verup

Agisoft社は PhotoScanの最新バージョン Version 1.2.3 アップデートをリリース致しました。

既存ユーザーは無償でアップデートいただけます。ライセンスキーは既存バージョンと共通です。
ダウンロードは弊社サポートサイトもしくはPhotoScanページより、デモ版も更新されています。

Version 1.2.3 build 2331 (19 January 2016)

Standard および Professional 共通の変更点

  • 不具合修正

Professional 版の変更点

  • メッシュに基づいたDEMデータ生成オプションに”推測補完(Extrapolated interpolation)”を無効にするオプションを追加

PhotoScanの詳細はこちらへ

[3Dスキャン] Agisoft PhotoScan v1.2.2 マイナーアップデートがリリース

verup

Agisoft社は PhotoScanの最新バージョン Version 1.2.2 アップデートをリリース致しました。

既存ユーザーは無償でアップデートいただけます。ライセンスキーは既存バージョンと共通です。
ダウンロードは弊社サポートサイトもしくはPhotoScanページより、デモ版も更新されています。

Version 1.2.2 build 2294 (30 December 2015)

Standard および Professional 共通の変更点

  • キャリブレーションデータの読み書きで USGS フォーマットをサポート
  • ポイントクラウドエクスポートの不具合、他を修正

PhotoScanの詳細はこちらへ

1 2 3