ForestPack用 Xfrog植物ライブラリーカタログ

ItooSoftwareは、ForestPack Pro/Lite のライブラリーから Xfrog植物ライブリーを呼び出す事ができるカタログをリリースしました。

こちらから無償でダウンロードいただけます。

なおこちらは単なるカタログデータです。実際に使用するには別途Xfrog植物ライブリー(3dsMaxフォーマット)を購入いただく必要があります。

RailClone Pro/Lite 2.0 発売開始 (3dsMaxプラグイン)

IToo SoftWare社は、3dsMax用パラメトリックモデリング・プラグインの最新バージョン「RailClone Pro/Lite 2.0」をリリースしました。
RailCloneのサブスクリプションが有効なユーザー様は無償で RailClone 2.0をご利用いただけます。(ITooSoftwareのクライアントページよりダウンロード)

RailClone 2 の主な機能:

– ノードベースのグラフィカルなスタイエディタを装備
– カスタマイズ可能なライブラリーブラウザーから簡単にモデルを呼び出したり、オリジナル・モデルライブラリーを構築する事ができます。
– RailClone2にはフェンス、手すり、舗装路、壁、スタンド等 280 を超えるプリセットのモデルライブラリーを収録。買って即座に使えます。
– 1D or 2D の配列では、セグメント毎に異なるターゲットを使用したり、シーケンス配置、ランダム配置等様々なルールで配列を行う事ができます。
– RailClone 2では新しくポイントクラウド表示モードをサポートしました。数十万パーツで構成される超複雑な構造物であっても快適なビューポート操作をサポートします。
– V-Ray および mental ray のネイティブインスタンスをサポート。RailCloneはオン・ザ・フライでインスタンスを作成します。数十万パーツを超えるオブジェクトでもメモリを気にする事なくレンダラに最も最適化された形でレンダリングする事ができます。
– 直線的に作成した構造物を斜めに並べたり曲げる場合無理が生じる事がありますが、RailCloneは高度なアルゴリズムを使用し、傾斜やステップ、コーナー部分のつじつまを自動的に合わせます。
– オペレーターを使って簡単にミラーリング、シーケンス配列、ランダム配列、マテリアルIDのランダム化等を設定できます。
– “パラメーター化”機能を使えば、ノード内の特定のインプットを3dsMaxのモディファイヤパネルに配置する事ができます。これを活用する事で、複雑なノードエディタを開かなくても簡単に目的のパラメーターそ操作する事ができます。例えば、”棚の幅/高さ”,”本棚全体の高さ/幅”などのようなパラメーターをユーザーが作る事ができます。
– 閉じたスプラインを使って生成したジオメトリを切り抜く事ができます。
– RailClone 1.x スタイルと互換性があります。

無償の RailClone Lite 2も提供開始となっています。

RailClone Pro 2の詳細はこちらへ

IToo SoftWare社プラグイン価格変更

先日お伝えしましたように、IToo Software社の販売価格変更に伴い、弊社販売価格も
2013年5月20日より以下のように変更させていただきました。よろしくお願い申し上げます。

Forest Pack Pro 4 [サブスクリプション1年付き]
定価 ¥30,450(税込) → ¥33,600(税込)

Forest Pack Pro 4 [サブスクリプション1年付き]
定価¥43,680(税込) → ¥47,880(税込)

Forest Pack Pro 4 [サブスクリプション1年更新]
定価¥7,350(税込) → ¥7,980(税込)

Forest Pack Pro 4 [サブスクリプション3年更新]
定価¥17,640(税込) → ¥19,320(税込)

RailClone Pro2 [サブスクリプション1年付き]
定価 ¥30,450(税込) → ¥33,600(税込)

RailClone Pro 2 [サブスクリプション3年付き]
定価¥43,680(税込) → ¥47,880(税込)

RailClone Pro 2 [サブスクリプション1年更新]
定価¥7,350(税込) → ¥7,980(税込)

RailClone Pro 2 [サブスクリプション3年更新]
定価¥17,640(税込) → ¥19,320(税込)

RailClone 2 : 新しいポイントクラウド表示

新しい RailClone 2 では新機能としてポイントクラウド表示をサポートしています。ForestPackProでも好評いただいている強力な表示モードです。

RailClone 2でもポイントクラウド表示を活用する事で、ビューポート表示が重すぎて操作がもたつく規模のモデルであっても快適に表示する事ができます。(上記ビデオ参考)

また RailClone は V-Ray と metalray のProxyおよびインスタンスをネイティブサポートしているので、これらのレンダーでは事実上無制限のジオメトリをレンダリングする事が可能です。
(ネイティブインスタンスへの変換は RailCloneが自動的に行うに行うのでユーザーが気にする必要はありません)

RailColnePro 2 は 5月20日に正式リリースです!

IToo Software製品 5月20日より価格変更


ITooSoftware社より 2013年5月20日からスペイン本国での販売価格(EUR価格)を変更するという案内がありました。(値上げとなります。)

また、円安の影響もあり弊社でも日本国内での販売価格を2013年5月20日から変更とさせていただく予定です。
(現在の販売価格から定価ベースで10%程度の値上げとなる見込みです。)

詳しい価格が決まりましたらお知らせ致します。

RailClone Pro 2.0.2 betaアップデート

ItooSoftwareは RailClone Pro 2のベータ版をアップデートしました。
RailClonePro 1.0のサブスクリプションユーザー様は、ITooSoftwareのダウンロードページページから今すぐRailClone Pro 2のベータ版をダウンロードしてご利用いただけます。

RailClone Pro 2.0.2 beta リリースノート

– スタジアム・シートライブラリーモデルを追加 (Bleachers カテゴリ) その他のライブラリもRailCone2用に最適化
– Segment->Transform->Translationの Distances(距離)および Fillet Radius(フィレット半径)は均一にグローバルスケールに影響するようになりました。
– 不具合修正: A2S Generator->Y SizeをマイナスにセットするとZ上の配列が反転する問題
– 不具合修正: ライブラリーから”Parameters”が適切に読み込まれない問題
– 不具合修正: リミットパラメーターが適切にアップデートされない問題
– 不具合修正: Generator L1S->Rules->Fillet Radius はパーセンテージではなくシーン単位で働いていた問題
– メモリリークの不具合を修正

RailClonePro 1.0を購入すると、無償でRailClone Pro 2を入手できます。

RailClone 2 ベータ: スタジアムシート

Itoo Softwareは現在 RailClone 2 ベータを絶賛開発中ですが、次のベータ版アップデートに標準ライブラリーモデルとしてスタジアム・シートのモデルを収録します。
シートは全5種類で、パイプ接続と直接取り付け版のバリエーションを含んでいます。モデルはライブラリーから1クリックで使用する事ができます。

RailClone 2では、新しい”Parameters”ロールアウトがあり、スタイルエディタ内で指定した特別なパラメーターを”Parameters”ロールアウトに表示させる事ができます。これらパラメーターの変更はロールアウトからダイレクトに変更可能で、わざわざスタイルエディタを開く必要がありません。

新しいスタジアム・シートのモデルデータはこの”Parameters”ロールアウトに”Y軸のオフセット”、”シート間の距離”、”シートのオープン・クローズ”等のパラメーターを表示するようになっており、簡単に調整する事ができます。なお”Parameters”ロールアウトに表示させたパラメーターは、トラックビューに表示されるので自由にアニメーションを付ける事ができます。

ITooSoftwareプラグインの 3ds Max 2014 対応について

2013年5月03日時点での ITooSoftwareプラグインの 3ds Max 2014 対応について公式なコメントがありました。
http://www.itoosoft.com/forum/index.php?topic=1568.0

Forest Pack
3dsMax 2013版プログラムは3dsMax 2014と互換性があります。純粋にインストーラーで2013 64bit版を選択し、3dsMax 2014のフォルダを選択してインストールしてください。そちらで問題なく動作します。
インストーラーは次回のアップデート時に3dsMax 2014に対応します。

RailClone 2.0 ベータ
Forest Pack同様にRailClone 2.0.1ベータ版の3dsMax 2013 64bitを3dsMax 2014版にインストールしていただければ問題なく動作します。インストーラーは次回のアップデート時に3dsMax 2014に対応します。

RailClone v1.4.x
3dsMax 2013 64bit版を2014にインストールすると、修正パネルからライブラリーブラウザーを呼び出すと3dsMaxがクラッシュする問題を確認しています。(作成パネルからライブラリーブラウザーにアクセスした場合は問題なし)
(この問題は現在ベータテスト中の RailClone 2.0.1で対応済みです。)

Clone / Glue / Color Edge [フリープラグイン]

3dsMax 2013 64bit版を 3dsMax 2014へインストールしていただければ問題なく利用できます。

RailClone 2 で作成した「パラメトリックな本棚」

IToo Softwareが RailClone 2 で作成した「パラメトリックな本棚」のデモビデオを公開しました。
RailClone2では”Parameters”(パラメーター化)と呼ばれるノードを使う事により、特定のパラメーターを「棚の幅・高さ」「本棚の高さ・幅」のようにMaxのモディファイヤパネル上に表示して、後から簡単にチューニングする事ができます。例えばスタイルエディタの複雑な内容を知らなくても、まるで”本棚”というプリミティブを操作するように別のデザイナーが値を簡単に調整する事ができます。

“Parameters”(パラメーター化)ノードは、どのようなノードにもインプットする事ができるので、Arithmeticノード(加算・減算・最大値・最小値などの処理を行うノード)と組合せて便利に使用する事ができるでしょう。

RailClone2は現在ベータテスト中ですが、Railclone 1を購入すると無償で入手する事ができます。

RailClone Pro 2.0.1 ベータ版アップデート

RailClone Pro 2.0.1 Beta

ItooSoftwareは RailClone Pro 2のベータ版をアップデートしました。
RailClonePro 1.0のサブスクリプションユーザー様は、ITooSoftwareのダウンロードページページから今すぐRailClone Pro 2のベータ版をダウンロードしてご利用いただけます。

RailClone Pro 2.0.1 beta リリースノート

– 3ds Max 2014 をサポート
– 3ds Max 2014でライブラリーブラウザーがクラッシュする問題を修正
– ライブラリーアイテムの幾つかを修正
– ポイントクラウドモードにMateril IDオペレーターの結果が反映されるようになりました。
– Y Splineが有効でない場合、その意味を解説するエラーメッセージを表示するようになりました。
– Style->Geometry->Rotation パラメーターを削除
– ArrayジェネレーターでBevelおよびComposeを使用すると不正な結果になる問題を修正
– Bendが無効な場合、ゼロサイズ・セグメントの位置合わせが不正になる問題を修正
– スタイルエディタの各変更でジオメトリが2回生成されていた問題を修正

以下にRailClone Pro 2でビル壁面を2つのスプラインを使って作成するデモンストレーションビデオが公開されています。単純なパーツから非常に複雑な建築物を作成できる事が判ると思います。

RailClonePro 1.0を購入すると、無償でRailClone Pro 2を入手できます。

1 2 3 4 5