V-Ray 3.5 for 3dsMax ChaosGroupウェビナー2月15/16日配信

ChaosGroupは 2月に V-Ray 3.5 for 3dsMax の公式リリースを予定しています。それに伴い、V-Ray 3.5 の新機能デモするウェビナー[英語]を行います。

ChaosGroupのCGスペシャリストがいち早くV-Rayの新機能をデモしますので、興味ある方はぜひ参加ください。

ウェビナーの内容:

  • アダプティブ・ライト
    新しいアダプティブ・ライトアルゴリズムの導入により、大量の光源があるシーンでのレンダリングが高速化(より早くノイズが収束)した事をデモします。
  • レンダリングのレジュームに対応
    レンダリングを停止させた後、また別のセッションで再開させる事に対応した事をデモします。この機能はレンダリングのワークフローを大きく変える可能性がある事を提言します。
  • インタラクティブ・プロダクションレンダリング(IPR)
    V-Ray RTではなく、通常のV-Rayレンダラーを使ってインタラクティブレンダリングを行う様子をデモします。
  • GPUレンダリングの進化
    V-Ray GPU の速度向上、数多くのサポート機能追加などをデモします。
  • ライブVRレンダリング
    V-RayGPUレンダリングをHTC Vive および Oculus Rift 等に直接出力するデモを行います。
  • Glossy Fresnel
    より物理的に正しいフレネル反射モデルを導入しリアリズムが向上した事をデモします。
  • alSurface マテリアル
    Anders Langland氏による人気のオープンソース・マテリアルシェーダー “alSurface” がV-Rayでも利用可能になった事をデモします。
  • MDL マテリアル
    NVIDIA社のマテリアル定義言語(MDL)をV-Rayでもネイティブに利用可能になった事をデモします。
  • インタラクティブなレンズエフェク
    VRay VFBのレンズエフェクトがGPUアクセラレーションに対応し高速化。さらにレンダリング中にも適用する事が可能である事をデモします。

なお、V-Ray 3.5 for 3dsMaxリリースと同時に、オンラインライセンスオプションの提供開始、アップグレードプロモーション、レンタルライセンスの値下げプロモーションもアナウンスされます。

米国向けのウェビナーは日本時間で2017年02月16日(木) 02:00 開始です。
EUとアジア圏向けのウェビナーは日本時間で2017年02月15日(水) 18:00 開始です。
太平洋地区(PACIFIC)圏向けのウェビナーは日本時間で2017年02月15日(水) 15:00 開始です。
(全てのウェビナーは時間帯が異なるだけで内容は同一です。)

ウェビナーの参加はこちらより

V-Ray 3dsMax RT GPUで高速レスポンスを得るTips

ChaosGroupフォーラムのこちらのスレッドにて、
V-Ray3dsMaxの V-Ray RT GPU で高いレスポンスでプレビューを表示するTipsが公開されています。

  • V-Ray RT ActiveShadeレンダラーにセット
  • V-Ray RT CUDAモードにセット
  • progressive RPP を有効
  • Undersampling を有効
  • Low GPU thread priorityを有効 (このオプションは V-Ray 3.50 から搭載)
  • ビューポートを Active Shadeビューにする (VFBをバイパス)

VRayDenoiser for Nuke の公開、V-Ray alHairシェーダーのテスト画像、V-Ray 3.50 RT GPUのレビュー等

VRayDenoiser for Nuke が一般公開されました。

VRayDenoiser for Nukeは無償プラグインで特にライセンス無く動作します。
以下に日本語での解説ページを作成しましたので参考になれば幸いです。(V-Ray3dsMax、V-RayMayaサポートページ内にも同ページを追加しています)
http://oakcorp.jp/chaosgroup/freetools/vraydenoiser_for_nuke

またChaosGroupにて alHair シェーダーのV-Ray移植が進んでいます。[Source]
以下は左が ARNOLDオリジナルレンダリング、右がV-Ray実装テストレンダリングです。(近くパブリックテストが始まるでしょう。)

dabarti氏による V-Ray 3.5 BETA2 の V-Ray RT GPU レビュー。
Adaptive Lights による自動的なサンプル最適化、テクスチャーのオンデマンド・ローディング、プロシージャルバンプやマット&シャドウのサポート等で驚異的な進化をとげているとのレビューです。
http://dabarti.com/vfx/review-of-v-ray-rt-gpu-3-5-based-on-beta-2/

[3ds Max] V-Ray 3.50 ベータ2がリリース。MDLマテリアルサポート、V-Ray GPU強化など

ChaosGroupは V-Ray 3dsMaxの最新バージョン 「V-Ray 3.50」のパブリックベータ2を開始しました。(ベータ1の案内はこちら
V-Ray 3.0 3dMaxユーザー様はどなたでもテストいただけます。ダウンロードはChaosGroup.comのこちらから(ログイン後にクリックしてください)

今回リリースは「BETA 2」です。これからおよそ1ヵ月間世界中のユーザーにテストいただき不具合のチェックを行い、修正の上最終リリースを予定しています。次のベータ更新にも次々と新機能が追加される予定です。これから頻繁にアップデートが行われる為、仕事で使われている方は最終リリースを待って更新される事をオススメ致します。

ベータ2の主な新機能は以下です:

新機能:

V-Ray

  • レンダーエレメント(ベイク用エレメント)に “VRayRawDiffuseFilter”、”VRayRawReflectionFilter”、”VRayRawRefractionFilter”を追加
  • 製品版と評価版(デモ版)のインストーラーが同一となり、ライセンスが見つからない場合制限付きのデモモードで動作します。

V-Ray RT

  • 新しい adaptive lights アルゴリズムをサポート

V-Ray GPU

  • VRayColor2Bumpを経由する事で、全てのプロシージャル・マップ(ノイズ等)をバンプとしてレンダリング可能になりました
  • Forest Color texture をサポート
  • 3dsMaxの”グラデーション ランプ”テクスチャーの Mapped(マップ)、Linear(線形)、4 コーナーのグラデーションタイプをサポート
  • CUDAにて新しい adaptive lights アルゴリズムをサポート(プロダクションおよびActiveShadeモードの両方でサポート)
  • VRayClipperのPlanarクリップモードをサポート

VFB

  • Denoiserエレメントが存在する場合、デノイズされた結果にレンズエフェクトが適用されます
  • レンダリング中にレンズエフェクトを適用しチューニングする事に対応

VRayMDLMtl

  • NVIDIA MDL をサポート(VRayMDLMtlを追加)
  • V-Ray RTにてVRayMDLMtlをサポート(実装は初期段階)

VRayScene

  • .vrsceneを読み込みそのまま.vrsceneのジオメトリとマテリアルをレンダリングする事に対応。またVRayの設定を vrscene から引用して上書きする事ができます。(.vrsceneの内容を3dsMax内で編集する事はできません)

VRayToon

  • VRayToonのアウトラインを独立したレンダーエレメント(VRayToonエレメント)として取り出す事ができます

V-Ray Toolbar

  • 選択したオブジェクトをシャドウキャッチャー(Matte On, Matte Shadow On)にする1クリックボタンを追加

その他改良点、不具合の修正多数。詳しくは弊社V-Ray for 3dMax サポートページを参照ください。
(要ログイン。購入時にemailにてログイン情報をご案内しております。)

V-Ray for 3dsMaxの製品案内はこちらへ

[V-Ray] ChaosGroupの Vladimir Koylazov (V-Ray開発者)が 2017年アカデミー賞(科学技術部門)を受賞!

2017のアカデミー賞 (科学・技術部門)の受賞者がアナウンスされ、ChaosGroupの V-Ray 主要開発者である Vladimir Koylazov 氏が受賞しました。

プロダクションで実用となるレベルでレイ・トレーシングとグローバルイルミネーションに対する効率的なアプローチを行った事、多種多様なワークフローへのサポート、そして幅広い業界での受け入れは、映画でのフル・レイトレーシング・レンダリングの普及に大きく貢献した事が評価されています。

アカデミー賞の授賞式は2月26日(米国時間)に米国ハリウッドのドルビーシアターで行われます。
http://www.oscars.org/news/18-scientific-and-technical-achievements-be-honored-academy-awards-0

V-Ray 3.5 ティザービデオとPhoenix FD v3.0 3dsMax チュートリアル

V-Ray 3.5 のティザービデオ。詳細は公式リリースをお待ちください。

Phoenix FD 3.0 にてFlipソルバでビーチウェーブを作成するチュートリアル。プロシージャルマップをWaveフォースとして使い波を発生させます。

V-Ray 3.0 3dsMax と Phoenix FD 3.0 3dsMax の詳細は V-Ray.jp へ

[V-Ray] VRScans レンダーノードライセンスが10ライセンス無償プロモーション

ChaosGroupは VRScan のプロモーションを開始しました。

VRscans プラグイン(Workstation) [設定作業用に必要です。]

  • 1ヶ月: ¥20,250(税別)
  • 1年: ¥37,800(税別)

上記契約に、無償で 10 VRScan レンダーノード分ライセンスが付属します。
(※VRScanを使用したシーンを10台のマシンまでネットワークレンダリングできるライセンスが無償で付属するキャンペーンです)

なお、期間中は ChaosGroupが提供する VRScanライブラリーも無制限にご利用いただけます。

VRScanプラグインの詳細はこちらを参照ください

【ChaosGroup】価格改定のお知らせ(値下げ)

chaosgrouppricechange

価格改定のお知らせ

平素はV-Rayをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

株式会社オークは10月にプロモーションの実施及びプロモーション終了後は 11月1日から大幅な値下げを行いました。

11月に行われた米国の次期大統領選挙以降は急激な円安が続いておりますが、 下記の通り値下げ後の価格を維持して引き続き販売を行っております。

詳細は下記のとおりでございます。

 新規ライセンス購入
11月1日 以降 (税別)
V-Ray 3.0 Workstation for 3dsMax
¥94,500
V-Ray 3 for Revit
¥63,000
V-Ray 3.0 Workstation for Maya
¥94,500
V-Ray 3.0 Workstation for Nuke
¥94,500
V-Ray 3.0 Workstation Modo
¥63,000
V-Ray 2.0 for SkethUp (無償アップグレード権付き)
¥81,250
V-Ray 2.0 for Rhino (無償アップグレード権付き)
¥96,750
V-Ray 3.0 Render Node
¥31,500
V-Ray 3.4 for C4D
¥111,000
Phoenix FD v 3.0 Workstation for 3ds Max
¥75,500
Phoenix FD v 2.0 for Maya(無償アップグレード権付き)
¥88,250

この機会にぜひV-Rayの導入をご検討ください!

上記以外のV-Rayアップグレード、お得なバンドル、月単位及び年単位のレンタルライセンスオプションもご提供しております。

ChaosGroup製品についてはこちら
お見積りやご購入前のお問合せは弊社セールスまでお願いいたします。

[V-Ray] V-Ray 3.50 新機能 レジューム機能について

resumable_progressive_01

ChaosGroup Labo のこちらの記事の翻訳です。

レジュームレンダリングとは?

簡単にいうと、途中で停止したレンダリングを、後日停止した場所から再開できる機能です。レンダリングはクラッシュや停電等の外的要因で止まった場合、あるいはユーザーが任意に止めた場所からも再開できます。

次期 V-Ray 3.5 サービスパックでは新機能としてレジュームレンダリングを提供します。この機能を使うには VFB設定ロールアウトにある “Resumable Rendering”にチェックを付けるだけです。(VRayStandaloneでは -resume=1 オプションを付けます)
同様にプログレッシブレンダリングを使用する場合、中間ファイルを更新する間隔(時間)をセットする必要があります。

dialogue_01

なおレジュームレンダリング機能はまだ開発中であり、ファイナルリリースでは仕様やUIの位置が変更になる可能性があります。

V-Rayのレジュームレンダリングには2つの種類があります
既にご存知の様に、V-Rayには様々なレンダリング方法(イメージサンプラ)が用意されています。レジューム機能に関して プログレッシブサンプラーとバッケットサンプラーで違いがあります。

バケット(Bucket)サンプラー
バケットレンダリングのレジュームは非常にシンプルです。バケット方式では各バケットが完成する毎にV-Rayはvrimegに出力します。レジュームを再起すると、V-Rayは部分的なvrimgeファイルを読み込み、残ったバケットからレンダリングを再開します。V-Ray 3.5 ではLightCacheも.vrimegに格納されます。従ってレジュームを使う場合V-RayはLightCacheを再計算する必要はありません。
プログレッシブ(Progressive )サンプラー
この場合途中から再開する為に、それまで累積した中間ファイルが必要になります。V-Ray 3.5ではプログレッシブサンプラーでレジュームを使う為に、レンダリング全ての情報を格納する .vrprog ファイルを別途保存します。このファイルにはプログレッシブバッファーの内容に加えて再開時に再計算する必要が無い様にLightCacheの情報もこのファイルに格納されます。
プログレッシブサンプラーでレンダリングを再開すると、V-Rayは .vrprog ファイルを読み込み、レンダリングが中断した場所から再計算を開始するでしょう。

 

バケットサンプラーを途中で停止
resume_bucket_a_01
レジュームで再開
resume_bucket_b_01

 

加えて考慮すべき物
レジュームレンダリングでは .vrimge もしくは .vrprog ファイルが必須なので、レジューム機能を使う場合、最終イメージ出力フォルダにこれらのファイルも合わせて出力されます。
.vrimge/.vrprog ファイルにはレンダリング再開に必要な全てのデータが含まれる為非常にサイズが巨大になる可能性がります。特に経過した情報だけでなく、レンダリングに必要な全ての情報を格納する必要のある .vrprog ファイルは特に巨大になります。
さらにレジュームを再開するにはまだ行われる事があります。これはシーンへのプリプロセスとテクスチャーの読み込みです。LightCacheは.vrimge/.vrprog ファイルに格納されますが、イラディアンスマップは格納されない為、再計算する必要があるでしょう。

レジュームが活用される場面

外的要因でレンダリングが停止した場合
ユーザーの操作以外にもレンダリングが停止する多くの理由があります。例えば「停電」「メモリを使い果たした場合」Google Computer Engineの「Preemptible VMでレンダリングした場合」等です。特にPreemptible VMは標準のVMよりも20%安くレンタルする事ができます。レジューム機能がある事でPreemptible VMを直ぐに再開し、バックアップを再生してレンダリングを再開する事ができます。

vms_01

任意に停止させる場面
ユーザーは自由にレンダリングを停止させる事ができます。
例えば現在のレンダリングが長引いてしまい、他に優先順位が高いレンダリングを終わらせる必要がある場合、現在のレンダリング結果を失わずにレンダリングを停止させる事ができます。
また、ある一定のサンプリング時間を決めてレンダーファーム等で数ショットまとめてレンダリングさせます。初期サンプルでGOと判断される場合、レンダリングを再開してファイナル品質で出力します。

増分アニメーションレンダリング

スクリプトが利用できるレンダーマネージャーでは、1フレーム5分でアニメーション全体を計算し、終わったら次の5分をレジュームでレンダリングするスクリプトを書く事ができるでしょう。
これにより、まず5分レンダリングした全フレームのアニメーションのプレショットを得る事ができます。そして時間が経つにつれて累進的にノイズの無いアニメーションを得る事ができます。
ただし、レンダリングをレジュームするには、シーンを再度読み込みテクスチャーを読み込んでレンダリングを再開する準備が必要である事を忘れないでください。したがって30秒等のような短いスパンでレジュームしない事を推奨します。

resumable_progressive_01

まとめ
レジュームレンダリング機能は、上記のようにワークフロースタイルを劇的に変化させる重要な新機能です。また長時間レンダリングの不安を解消する事ができます。
ここでは幾つかの事例を挙げただけですが、レジューム機能は他にも色々活用できる可能性があります。ユーザーの皆様の活用例を聞く事を楽しみにしています!

ChaosGroup

[3ds Max] V-Ray 3dsMax 3.50 BETA 1 をリリース

beta1

ChaosGroupは V-Ray 3dsMaxの最新バージョン 「V-Ray 3.50」のパブリックベータを開始しました。V-Ray 3.0 3dMaxユーザー様はどなたでもテストいただけます。ダウンロードはChaosGroup.comのこちらから(ログイン後にクリックしてください)

今回リリースは「BETA 1」です。これからおよそ2ヵ月間世界中のユーザーにテストいただき不具合のチェックを行い、修正の上最終リリースを予定しています。次のベータ更新にも次々と新機能が追加される予定です。これから頻繁にアップデートが行われる為、仕事で使われている方は最終リリースを待って更新される事をオススメ致します。

ベータ1の主な新機能は以下です:

  • V-Ray Interactive Production Rendering (IPR) – V-Rayプロダクションレンダラーをインタラクティブレンダラーとして使います。RTとは異なりプロダクションレンダラー(CPU)を使っているのでレンダリングに制限がありません。レンダリング結果も最終レンダリングと完全に同じとなります。
  • V-Ray Resumable Rendering – レンダリングを途中で停止して、別のセッションで再開する事ができます。この機能はレンダリングのバックアップや、プログレッシブ・プレビューレンダリングの完成レンダリング等に活用する事ができます。
  • オンライン・ライセンスをサポート – ドングルを使わないオンラインライセンスをサポートしました。なお利用には最低限2週間に一度インターネットに接続する必要があります。なお V-Ray 3.50のインストーラーにはChaosGroupライセンスサーバープログラムが含まれていません。別途ライセンスサーバー専用のインストーラーをダウンロードし、インストールいただく必要があります。
  • alSurfaceマテリアル – Anders Langlands氏によるオープンソースの alSurface マテリアルを同梱。V-Rayネイティブシェーダーとして利用いただけます。
  • V-Ray GPU VRプレビュー – V-Ray RT の出力を Oculus Rift/HTC Vive に直接出力する事ができます。
  • Render elements default/16-bit/32-bit EXR output – VRayExtraTexにて 32-bit EXR 出力をオプションで有効にする事ができます。その他のエレメントでは内容に従って正しい精度で出力されます。(例えば VRayZDepthは精度を保持する為に32bitで出力されます)
  • V-Ray GPU 解像度変更 – ActiveShadeセッション時にインタラクティブにイメージ解像度を変更する事ができます。

また弊社V-Ray 3dsMaxサポートページ内(要ログイン)により詳しい 3.50 ベータ案内を掲載しました。ベータをインストールする前にご一読いただけますと幸いです。
V-Ray 3dsMaxサポートページ内(要ログイン)へのアクセス方法は購入時にemailにてご案内しております。分からない場合はユーザー情報を記載してsupport@oakcorp.netまでご連絡ください。

1 2 3 4 5 6 11