Phoenix FD 3.04 for 3ds Max and Maya アップデート

ChaosGroupは Maya/3ds Max用の Phoenix FD 最新アップデート “3.04.00” を同時にリリース致しました。
いくつかの新機能と不具合の修正が含まれております。既存Phoenix FD 3 ユーザー様は無償アップデートいただけます。

3ds Max版のダウンロードはこちらから(ChaosGroup.com)
Maya版のダウンロードはこちらから(ChaosGroup.com)

新機能と改良点:

– 3ds Max 2018 をサポート
– 従来の機能制限評価版を廃止し、30日間のフル機能トライアルバージョン形式に対応
– 表面張力(Surface Tension)使用時に、結合力(droplet breakup)と結合力を維持する半径(Droplet Radius)を指定するパラメーターを追加
– Body ForceにSpread Speedオプションを追加。このオプションで均一にボディ内を液体で満たす事ができます
– 海面をビューで見える範囲から数%拡張して生成させるマージンパラメーター”Ocean Off-Screen margin”を追加
– [3ds Max のみ] 頂点カラーおよび頂点カラーマップに基いて出力する機能を追加
– [Maya のみ] シェルフのStart/Clearボタンを右クリックメニューからシミュレーションの継続およびキャッシュの削除を実行する事ができます
– プレビューパーティクルの白さをスピードで調整する機能を追加
– パーティクル RGB チャンネルをプレビュー可能
– [Mayaのみ] プレビューパーティクルの自動リダクション機能を追加
– 64 コア以上をサポート

以下の重要な不具合も修正されています:

– 液体パーティクルを押すジオメトリの移動で大量のパーティクルが消滅する問題を修正
– アニメーションするボディオブジェクトにアダプティブ・グリッドをアタッチすると、ジッタリングを引き起こす問題
– 異なるスレッドマシン環境でバブルとスプラッシュのレンダリングが異なる問題
– [Mayaのみ] VRayDisplacementでOcean texを使用すると正しくマップされない問題

完全なリリースノートは弊社Phoenix FD 3dsMax/Mayaサポートページを参照ください。

Phoenix FD 3dsMax の製品紹介はこちらへ
Phoenix FD Maya の製品紹介はこちらへ

V-Ray SketchUp 3.40.03 アップデートをリリース

ChaosGroupは SketchUp要のV-Ray最新アップデート “3.40.03” をリリースしました。このアップデートでは、ライセンスサーバーの更新、ユーザーインターフェースの改良、ライトの改良等多くの機能改良と不具合の修正が提供されます。

既存V-Ray 3 SketchUpユーザー様は無償でアップデートいただけます。今すぐChaosGroupのアカウントからダウンロードいただけます。

V-Ray SketchUp 3.40.03 主な改良点:

  • 同梱のライセンスサーバーを 4.4 に更新
  • レンダリングイメージの比率をSketchUpビューポートと一致させる機能を追加
  • V-Rayアセットエディタのジオメトリ・リストに種類を示すアイコンを表示します。オブジェクトの種類を簡単に把握する事ができます。
  • V-Rayアセットエディタのライト・リストに種類を示すアイコンを表示します。ライトの種類を簡単に把握する事ができます。またアイコンをクリックする事でライトのOn/Offを行う事ができます。
  • 縦並び(Top-Bottom)形式の立体視出力に対応

V-Ray for SketchUpの製品情報はこちらへ

ChaosGroup V-Ray 3.5 for MODO アップデートをリリース

ChaosGroupは V-Ray MODO の最新アップデート V-Ray 3.5 for MOD をリリース致しました。
このアップデートで MODO 11 を正式サポートしました。
既存VRay 3 MODOユーザー様は無償アップデートです。今すぐChaosGroupのアカウントからダウンロードいただけます。

V-Ray MODO 新規購入 20% OFF プロモーション

V-Ray MODO 新規購入が 2017年6月23日 まで期間限定で 20%オフ !! この機会をお見逃しなく! お見積はお問い合わせフォームより

V-Ray 3.5 は MODO用の最も強靭なレンダリング・ソリューション

CPUとGPUによるハイブリッドエンジンを備えたV-Rayは、ご利用中のハードウェア能力を最大限に生かし、最高のパフォーマンスでレンダリングを行います。世界中から選択されているV-Rayのレンダリング・パフォーマンスをぜひご自身で評価してみてください。30日間無制限評価版を提供中です。

V-Ray 3.5 for MOD 主な新機能:

  • MODO 11 を正式サポート
  • Adaptive Lights
    新しいアダプティブ・ライトアルゴリズムの導入により、大量の光源があるシーンでのレンダリングが高速化(より早くノイズが収束)しました
  • GPUレンダリングの進化
    V-Ray GPU の速度向上、オンデマンド Mip-mapping によるGPUメモリ消費の劇的な縮小など数多くの機能が進化
  • alSurface マテリアル
    Anders Langland氏による人気のオープンソース・マテリアルシェーダー “alSurface” がV-Rayでも利用可能になりました。
  • Glossy Fresnel
    より写実的なフレネル反射を生成する新しいBRDFアルゴリズムを全面的に導入しました
  • 編集テクスチャのみ表示
    インタラクティブ・レンダリング中に編集しているテクスチャーのみを表示させる事ができます。ダートやノイズ等細かなテクスチャーチューニングに大変便利です
  • ズームレンダリング&領域拡張
    インタラクティブレンダリング中に解像度も変更(ズームレンダリング)可能です。指定した領域をズームアップしてレンダリングする事もできます
  • ルックデベロップメント促進ツール
    VFBから直接オブジェクトやマテリアルを選択する事もできるようになり、インタラクティブレンダリングを見ながらのパラメーター変更を迅速に行えます
  • インタラクティブなレンズエフェクト
    VRay VFBのレンズエフェクトがGPUアクセラレーションに対応し高速化。さらにレンダリング中にもインタラクティブに変更・適用する事が可能です。
  • V-RayScnene参照
    V-Ray for MayaやV-Ray for 3dsMax, CINEMA 4D 等から出力された vrscene ファイルをインクルードしてマテリアルやライティングを含めてV-Ray MODO でそのままレンダリングする事ができます。なおシーン自体をコピーして複数配置する事も可能です。
  • Open Shading Language (OSL)サポート
    より手軽にカスタムのテクスチャーやマテリアルを開発する事ができます。ネット上で見つかるOSLシェーダーも活用する事ができます

V-Ray for MODOの製品案内はこちらへ

PDPLayer 1.0.7.32 アップデートをリリース

ChaosGroupは シーケンスRAMプレーヤー “PDPLayer 1.0.7.32″ アップデートをリリース致しました。
既存ユーザー様は無償でアップデートいただけます。
今すぐChaosGroup.comのアカウントからダウンロードいただけます。

PDPLayer 1.0.7.32 の新機能&改良点:

  • メタデータビューワ
    DPXおよびEXRファイルに含まれるメタデータ(カメラFOV,F値,焦点距離等)を表示できます(ホットキー M)
  • マルチレイヤ EXR
    多くのレンダーエレメントを含んだOpenEXRの処理速度がより向上しました
  • OpenEXRサポートの改良
    OpenEXR 2.2.0 をサポートし DWAA および DWAB 圧縮方式もサポートしました
  • サイドバイサイド立体視
    V-Ray等で出力される「サイドバイサイド配置」の立体視イメージをサポートし、PDPLayer内で立体視表示できます
  • マルチコアによる4K再生
    独自の .aivf 中間フォーマットによるマルチコア4K再生をサポート

PDPLayerの製品案内はこちらへ

V-Ray Maya 3.52.02 マイナーアップデートリリース

ChaosGroupは V-Ray Maya 3.52.02 マイナーアップデートをリリース致しました。今すぐ ChaosGroup.comアカウントからダウンロードいただけます。

主な不具合の修正

  • Progressiveサンプラーにてレジュームレンダリングが利用できるようになりました
  • バッチレンダリングでウォーターマークが表示される問題
  • adaptiveライト使用時に不正な Raw shadows/Shadows/Matte shadows レンダーエレメントが出力される問題
  • レジュームレンダリングを有効にすると IPR がスタートしない問題
  • 特定シーンでテクスチャーキャッシュが致命的なエラーを発生させる問題

その他です。詳細は弊社V-RayMayaサポートページ(要ログイン)を参照ください。

V-Ray 3.50 Mayaの新しいビデオが公開されています。

レジュームレンダリングのデモ。アニメーションのプレビュー用には低いサンプルで終了した映像、OKが出たらレジュームレンダリングで高品質化を行う等ワークフローが大きく変化します。

レンダーマスクでMaya標準の”選択項目の分離”メニューをサポート

VFBの右クリックメニューからオブジェクトやマテリアルがピックする事ができます

V-Ray Mayaの商品紹介はこちらへ

V-Ray 3 for Rhino クイックスタート産業デザイナー向け – 導入チュートリアル掲載

V-Ray for Rhino クックスタート : 産業デザイナー向け を掲載しました。

V-Ray 3 for Rhino 評価版でもお試しいただけますので、ぜひ一度お試しください。

Windows 10 Creators Update をインストールすると V-Ray, Phoenix FDのライセンスサーバーが削除されます

2017年4月にリリースされる Microsoft Windows 10 Creators Update をインストールすると、ChaosGroupライセンスサーバー(VRLService)が削除される事が判明しました。

Windows 10 アップデート後にライセンスが動作しない場合は、再度ChaosGroup.comよりライセンスサーバーのインストーラーをダウンロードいただき、再インストールいただければ問題なくアップデート後もChaosGroup製品をご利用いただけます。

ライセンスサーバーインストーラーのダウンロードはこちらより

V-Ray 3 for Rhino リリース。UI を刷新しマテリアルライブラリやV-Ray swarmを搭載

ChaosGroupは V-Ray for Rhino のメジャーバージョンアップ「V-Ray 3 for Rhino」をリリース致しました。
V-Ray 3 for Rhinoは、Rhino用の最も高速で最もスマートなレンダリングツールです。 Rhinoで優れたレンダリングイメージを作成することが、これまで以上に簡単かつ高速になりました。

新しいクイックプリセットと分かりやすい操作パネルにより、難しいレンダリング設定に悩む事なくデザインに集中できます。 V-Rayのツインエンジンアーキテクチャは、最新のCPUおよびGPUハードウェアをフルに活用します。 V-Rayはレンダリングに関する全ての機能を提供しており、巨大な建築デザインから詳細な商品モデルまであらゆるものをフォトリアルにレンダリングできます。

4月19日近辺にChaosGroupアーティストによるウェビナーがあります。ぜひご参加ください。

V-Ray 3 for Rhino 主な新機能:

  • ユーザーインターフェスを刷新。よりデザイナーに優しく使いやすいインターフェスを目指しています
  • 統合されたマテリアルライブラリ。 500を超えるマテリアルをドラッグ&ドロップするだけで利用いただけます
  • 簡単ディストリビュートレンダリング “V-Ray Swarm”を搭載。PCを追加するだけでレンダリングを増強できるディストリビュートレンダリングを非常に簡単にセットアップしてご利用いたけます
  • VRレンダリングに対応。一般的な VRビューワーで見ることができる立体パノラマ形式でレンダリングを出力
  • V-RayClipper機能を使って、建物や製品の断面図をモデリング加工する事なくレンダリングできます
  • ボリューム効果による空気遠近法(Aerial perspective)で、建築パースにリアルな空気感を追加できます
  • レンダリング後にノイズを除去する”Denoiser(デノイザー)”機能を搭載。ある程度ノイズのある状態でレンダリングを完了できるので、レンダリング時間を大幅に短縮する事ができます
  • V-Ray Fur モデルを使用してリアルな芝生やラグマット、ファーを簡単に生成する事ができます

V-Ray for Rhino の商品案内はこちらへ

ChaosGroup, V-Ray Benchmark を公開

ChaosGroupは V-Rayレンダリングシステムを使用した無償のベンチマークソフト「V-Ray Benchmark」を公開致しました。

V-Ray Benchmarkは CPU および CUDA 対応 GPU の両方を使用して、お使いのシステムがどれくらい早くV-Rayシーンをレダンダリングできるのかを測定するアプリケーションです。

V-Ray Benchmarkは単独で動作するアプリケーションで3DアプリケーションやV-Rayのライセンスは必要としません。またBenchmark自体インストールも不要です。V-Ray Benchmarkに含まれる共通のサンプルシーンを使用してレンダリング時間を測定する事ができます。

測定結果はシステム詳細を含めてChaosGroupのベンチマークサイトに送信し、他のベンチマーク結果と比較する事ができます。このベンチマーク結果を使って、レンダリングマシンをアップグレードする目安をつける事ができます。

  • CPU / GPU[※] のベンチマーク (※CUDA対応GPUのみ)
  • ベンチマーク結果は ChaosGroupのベンチマークサイト https://benchmark.chaosgroup.com/ に送信する事ができます。
  • 世界中からのベンチマーク結果を元に、レンダリングシステムのアップグレードを見積もる事ができます。
  • 現在 Windows (Windows 7, 8, 10)のみのリリースです。 Linux および Mac OS X 用は後日リリースを予定しています。
  • 利用にV-RayのライセンスやV-Rayの別途インストールは不要です。

V-Ray Benchmark のドキュメントはこちらへ

[V-Ray 3dsMax] 20%offアップグレードキャンペーン開始 [5月31日まで!]

V-Ray for 3ds Max アップグレードプロモーション

V-Ray 2.0/V-Ray 1.5 から V-Ray 3.5へのアップグレードが通常の20%オフ + VRScan Workstationのライセンス 12ヵ月分をプレゼント!!

2.x → V-Ray 3.0 WorkStation for 3dsMax UPG ¥30,400 [税別]
2.x → V-Ray 3.0 WorkStation for 3dsMax UPG + 5 RN ¥50,400 [税別]
2.x → V-Ray 3.0 WorkStation for 3dsMax UPG + 10 RN ¥70,600 [税別]
1.5 → V-Ray 3.0 WorkStation for 3dsMax UPG ¥70,600 [税別]
1.5 → V-Ray 3.0 WorkStation for 3dsMax UPG + 5 RN ¥100,800 [税別]
1.5 → V-Ray 3.0 WorkStation for 3dsMax UPG + 10 RN ¥131,200 [税別]

プロモーション開始日: 4月01日
プロモーション終了日: 5月31日

また、V-Ray3.0 WS1ヵ月のレンタル価格が半額に変更されました。
V-Ray 3.0 Workstation for 3ds Max [1GUI+1RN] 1ヶ月 ¥15,250 → 新 ¥7,625/1ライセンス

V-Ray 3.5 for 3dsMaxのアップグレード案内はこちらのページへ

1 2 3 4 5 6 7 30