Phoenix FD 3.04 for 3ds Max and Maya アップデート

ChaosGroupは Maya/3ds Max用の Phoenix FD 最新アップデート “3.04.00” を同時にリリース致しました。
いくつかの新機能と不具合の修正が含まれております。既存Phoenix FD 3 ユーザー様は無償アップデートいただけます。

3ds Max版のダウンロードはこちらから(ChaosGroup.com)
Maya版のダウンロードはこちらから(ChaosGroup.com)

新機能と改良点:

– 3ds Max 2018 をサポート
– 従来の機能制限評価版を廃止し、30日間のフル機能トライアルバージョン形式に対応
– 表面張力(Surface Tension)使用時に、結合力(droplet breakup)と結合力を維持する半径(Droplet Radius)を指定するパラメーターを追加
– Body ForceにSpread Speedオプションを追加。このオプションで均一にボディ内を液体で満たす事ができます
– 海面をビューで見える範囲から数%拡張して生成させるマージンパラメーター”Ocean Off-Screen margin”を追加
– [3ds Max のみ] 頂点カラーおよび頂点カラーマップに基いて出力する機能を追加
– [Maya のみ] シェルフのStart/Clearボタンを右クリックメニューからシミュレーションの継続およびキャッシュの削除を実行する事ができます
– プレビューパーティクルの白さをスピードで調整する機能を追加
– パーティクル RGB チャンネルをプレビュー可能
– [Mayaのみ] プレビューパーティクルの自動リダクション機能を追加
– 64 コア以上をサポート

以下の重要な不具合も修正されています:

– 液体パーティクルを押すジオメトリの移動で大量のパーティクルが消滅する問題を修正
– アニメーションするボディオブジェクトにアダプティブ・グリッドをアタッチすると、ジッタリングを引き起こす問題
– 異なるスレッドマシン環境でバブルとスプラッシュのレンダリングが異なる問題
– [Mayaのみ] VRayDisplacementでOcean texを使用すると正しくマップされない問題

完全なリリースノートは弊社Phoenix FD 3dsMax/Mayaサポートページを参照ください。

Phoenix FD 3dsMax の製品紹介はこちらへ
Phoenix FD Maya の製品紹介はこちらへ