[Maya] V-Ray 3.50 for Maya 公式リリース オンラインライセンスをサポート

ChaosGroupは V-Ray 3.5 for Maya を本日リリース致しました。V-Ray 3 Maya ユーザー様に無償アップデートとして提供されます。今すぐChaosGroup.comのアカウントからダウンロードいただけます。

V-Ray 3.5 for Mayaは、レンダリングの高速化、ルックデベロップメントのレスポンス改善、大幅なGPUレンダリングの機能差縮小等、VFX/アニメーション用途に大幅な改良が加えられています。

4月11日近辺にChaosGroupのアーティストがV-Ray 3.5のウェビナーを配信します。ぜひご参加ください。

V-Ray 3.5 for Mayaの主な新機能:

  • アダプティブ・ライト
    新しいアダプティブ・ライトアルゴリズムの導入により、大量の光源があるシーンでのレンダリングが高速化(より早くノイズが収束)
  • インタラクティブ・プロダクションレンダリング(IPR)
    V-Ray RTではなく、通常のV-Rayレンダラーを使ってインタラクティブレンダリングが行えます。マテリアルやライティングの変更もリアルタイムに確認できます
  • レンダリングのレジュームに対応
    レンダリングを停止させた後、また別のセッションで再開させる事に対応しました。この機能はレンダリングのワークフローを大きく変えるパワーがあります。
  • GPUレンダリングの進化
    V-Ray GPU の速度向上、オンデマンドのMip-Map(テクスチャーメモリの大幅な削減)、さらに数多くのプロダクション機能をGPUでサポートしました
  • alSurface マテリアル
    Anders Langland氏による人気のオープンソース・マテリアルシェーダー “alSurface” がV-Rayでも利用可能になりました

また、V-Ray 3.5 for Maya よりオンラインライセンスオプションが提供開始となりました。新規購入時にドングルレスのオンラインライセンスを選択いただけます。

V-Ray 3.5 for Maya の製品案内ページはこちらへ