Phoenix FD 3 for Maya リリース。既存ユーザー様は無償アップグレードで提供。

ChaosGroupは autodesk社 Maya 用のフルイドシミュレーションプラグインのメジャーバージョンアップ「Phoenix FD 3 for Maya」をリリース致しました。

Phoenix FD 3 for Mayaでは、新しいパーティクルベースの液体ソフバ(Flip)を追加し、より液体表現がリアルになりました。炎・煙用ソルバも改良されディテール表現が大幅に向上しています。さらにクイックプリセット機能を追加し、誰でも1クリックでシミュレーションをセットアップする事ができます。Phoenix FD + V-Ray を Mayaに追加して、より高速で柔軟なフルイドエフェクト環境を手に入れてください!

既存の Phoenix FD 2.x for Maya ユーザー様は無償で Phoenix FD 3 for Maya へアップデートいただけます。

Phoenix FD 3 for Mayaの主な新機能:

  • FLIP ソルバ – 高速でよりリアリスティックな液体ソルバを実装
  • 新しいファイヤ&スモークソルバ – ファイヤ&スモークソルバが改良されより繊細なディテールで煙と炎を再現できます。
  • クイックプリセット – プリセットツールバーを標準提供。オブジェクトを選択してアイコンを1クリックするだけで煙・液体をシミュレーションする事ができます。
  • 海洋シミュレーション – プログラム的に地平線まで続く公開な海洋を作成します。海はシミュレーションする事なくプレビューする事ができます。
  • 波のフォース – 波を起こす手続き的なディスプレイスメントマップが液体シミュレーションに影響を加え、非常にリアルな海面のフルイドシミュレーションを生成します。
  • 様々なフォース – 風やメッシュ引力等のフォースを使ってフルイドの動きをアーティスティックにコントロールする事ができます。
  • パスフォロー – スプラインパスにフルイドを沿わせる事ができます。
  • インタラクティブシミュレーション – Mayaビューポート上に最終結果に近いリアルなGPUレンダリングを表示可能で、インタラクティブに細部のディテールをコントロールする事ができます。
  • シミュレーションのリファイン – 低解像度時の全体的な形状や動きをそのままに、解像度を増やしてディテールアップする事ができます。

Phoenix FD 3 for Maya の詳細情報はこちらへ