V-Ray 3.5 for NUKE リリース。既存ユーザー様無償アップグレードです。

最もパワフルなNUKE用レンダラープラグインがアップグレード!

V-Ray 3.5 ではコンポジティング・ワークフローに強力な新機能を提供します。このアップグレードは既存のV-Ray for NUKEユーザー様に無償アップグレードとして提供されます。

V-Ray 3.5 for NUKE主な新機能

  • V-Ray Volume Grid – Phoenix FD、Houdini、FumeFX等から出力されたボリュームデータを読み込みレンダリングする事ができます。OpenVDB, Field3D, Phoenix FD フォーマットをサポート。
  • Deepレンダリング – Deepの生成方法を刷新。NUKE内部にDeep Dataを直接生成する事に対応し、外部出力が不要になりました。またボリュームオブジェクトのDeep出力をサポート。
  • V-Ray Denoiser – レンダリング後にノイズを除去しクリーンな映像を生成します。Nuke上のVRayDenoiserはレンダーエレメントへの個別デノイズ適用、ノイズマスクの利用、Deepコンポジッド後にデノイズを適用する事ができます。
  • Light Cache GI – V-RayのユニークなGI近似ソリューション「LightCache」を使用して高速にGIを近時する事ができます。さらに3.5で導入された Adaptive Lightsアルゴリズムと組み合わせる事で光源が多数あるシーンのレンダリングを7倍以上高速にレンダリングできます。
  • レンダーエレメント出力 – V-Ray for NUKEとV-Rayスタンドアローンで生成されるレンダーエレメントを区別なく利用できる様になりました。加えて全てのレンダーエレメントとは1回のレンダリングでキャッシュされます。
  • Triplanar テクスチャ – プロシージャル3Dテクスチャーのようにテクスチャーマップを多方向からタイリングマップします。オブジェクトにUVは不要です。
  • V-Ray フォールオフテクスチャ – カメラ座標、ワールド座標、オブジェクト座標等でフォールオフ・グラデーションを生成するテクスチャ。カメラのZ軸視点でフォールオフを適用する事で、サーフェース法線方向にマスクを生成する等に利用できます。NUKEのカーブエディタでフォールオフ・グラデーションを細かくコントロール可能
  • V-Ray Clipper – 板もしくはオブジェクトを使ってレンダリング時にブーリアンエフェクトを生成します。簡単にカットモデルを作成できます。
  • V-Ray Spot Light – テクスチャープロジェクション、バーンドア、ソフトシャドウを持ったスポットライトを作成できます。
  • NUKE 10.5 サポート – V-Ray 3.5 for NUKEは NUKE 8 ~ 10.5 までをサポートしています。

V-Ray NUKE の製品案内はこちらへ