ForestPack, RailClone メンテナンスパッチリリース (3ds Max プラグイン)

ItooSoftware社は「ForestPack」および「RailClone」の最新メンテナンスパッチをリリースしました。
Forest Pack5.0.5およびRailClone2.6.0を3ds Max2011/2012 64bit版で使用する際に特定の操作を行うことでプログラムがクラッシュするバグを修正。
32bit版をご利用の場合は必要ありません。

今すぐ Itoo Software社案内ページからパッチをダウンロードいただけます。(※全てのご利用ユーザーが対象です)

Forest Pack Lite/Pro 5.0.5

-Forest Effectsを使用した場合にクラッシュする問題を修正
-Listerを使用した場合にクラッシュする問題を修正

RailClone Lite/Pro 2.6.0

– Style Editorを使用した場合にクラッシュする問題を修正
– Listerを使用した場合にクラッシュする問題を修正

ダウンロードしたパッチを解凍して出来る下記ファイルを3ds Maxのルートフォルダ(標準パス:C:\Program Files\Autodesk\3ds Max <バージョン>)に上書きします。

* 上書きが必要なファイル:
QtCore_Itoo_4.dll, QtGui_Itoo_4.dll, QtSolutions_MFCMigrationFramework-Itoo.dll, QtXml_Itoo_4.dll
ForestPackをインストールしている場合は更に次のファイルを上書きします: ForestQt.dll
RailCloneをインストールしている場合は更に次のファイルを上書きします: RCEdit.dll

– この問題は3ds Max 2011/2012の64bit版のみで発生します。それ以外の3ds Maxバージョンおよび32bit版のプラグインでは発生しません。3ds Maxの32bit版を利用している場合はこのパッチを“適応しない“でください。
– このパッチはシーンを編集するワークステーションマシンでのみ必要です。それ以外の非アクティブなマシン(レンダーマシン等)に適応する必要はありません。
– このパッチはLite版/Pro版の両方に必要です。
ItooSoftwareプラグインの詳細はこちらへ