FumeFX 3.5.5 for 3ds max アップデート

updatemax355

Sitni Sati社は FumeFX 3.5.5 for 3ds max アップデートをリリースしました。
特定環境下で FumeFX メニューバーをClickするとクラッシュする問題を解決しています。

なおこのバージョンより 3dsMax 2012 以前のバージョンの提供が終了しました。予めご了承ください。

What’s new in FumeFX 3.5.5
==========================
+ FIXED: 特定環境下で FumeFX メニューバーをClickするとクラッシュする問題を解決

FumeFX for 3dsMax の製品案内はこちらへ

FumeFX [Maya] Arnold シェーダーのネットワークレダンリング用ライセンス販売開始

Solid Angle社  Arnold [MtoA]にてFumeFX maya ネイティブ・ボリュームレンダリングをサポートするシェーダーのライセンスが販売開始されました。

※FumeFX Arnold [MtoA]シェーダーは、FumeFX [Maya]1ライセンスでローカルのレンダリングのみ無償で利用できます。
Arnoldを使ってFumeFXをネットワークレンダリングしたい場合「FumeFX Arnold ノード」の追加ライセンスを購入する必要があります。

FumeFX Arnoldシェーダーの動作条件:
– FumeFX [maya] 3.5.5 以上
– Arnold 4.2.0.5 + MtoA 1.1.0.3 以上

Arnold用レンダーノードライセンスの価格については価格リストをご参照ください。

FumeFX [Maya] 3.5.5 アップデート

fm355
Sitni Sati社はautodesk社Maya用のフルイドシミュレーション・プラグイン「FumeFX」の最新アップデート[3.5.5]を公開しました。
主に不具合の修正です。弊社 FumeFX for Mayaサポートページより今直ぐダウンロードいただけます。

なおこのバージョンより Maya 2012 以降のサポートとなります。(Maya 2011以下用は提供されません。)

FumeFX[maya] 3.5.5 の変更点
・Maya 2012以上で “Name space” をサポート
・デフォーマが存在しない場合、Render Warpのベイクがクラッシュする問題を修正
・デフォーマ無しでPost処理とベイクを行うと空のキャッシュが生成される問題を修正
・パーティクルコントローラーをON/OFFすると、設定した数値が消滅する問題を修正
・エクスプレッションがセットされている場合、FumeFX Effectorパラメーターが正常に動作しない問題を修正
・FumeFX Object Source および Object Collision nodesに同じオブジェクトを無制限に追加できる問題を修正
・FumeFX Particle Sourceでエクスプレッションを作成する場合、停滞が生じる問題を修正
・パーティクルソースを使ったシーンで稀にクラッシュする問題を修正
・サブステップを使用した場合、Collision および Object Sources で誤った計算が行われる問題を修正
・FumeFX Particle Sourceで無限ループを追加
・キャッシュ名を変更後、シミュレート出来ない問題を修正
・未選択のFumeFXグリッド上でフレーム変更後にキャッシュがロードされない問題を修正
・adaptiveグリッドの保存されたキャッシュのロードに関する問題を修正
・MELはフル・ノード名パスを使用します
・デフォーメーションするポリゴンメッシュからオブジェクトソースを作成するとクラッシュする問題を修正
・FumeFXのabout boxに Arnold shader の認証ボタンを追加
・初回のシミュレーションして、その後にsubstepを変更したシミュレーションで結果が異なる問題を修正
・ステレオカメラ(複数カメラ)を使った mentalray レンダリングの不具合を修正
・境界なしのグリッドが基点からはるかに離れた場所にある場合の不具合を修正
・N-Sim Sync が正常に働かない問題を修正

FumeFX [Maya]の商品詳細はこちらへ

FumeFX Shader for V-Ray 3.0 for Maya (BETA2) 公開

Sitni Satiは FumeFX Shader for V-Ray 3.0 for Maya をリリースしました。
FumeFXをV-Rayでネイティブにレンダリングする FumeFX Shader の V-Ray 3.0 for Maya対応版です。
(なおV-Ray 3.0 for Maya現在パブリックベータテスト中)

弊社FumeFX for Maya サポートページよりダウンロードいただけます。

なお、V-Ray 3.0 for Maya には、新機能で VRayVolumeGrid と呼ばれるボリュームグリッドがあり、FumeFXから書き出したField3D (.f3d)、やHoudini/RealFLowから書きだした OpenVDB を読み込んでレンダリングできます。こちらを使う方が良いケースもあるのでお試しください。FumeFX Shaderのライセンスも必要ありません。

※VRayVolumeGridはPhoenix FDのグリッド機能を V-Ray3.0にバンドルした物です。(フルイドシミュレーション自体はできません。)
※3dsMax では Phoenix FD v2.2 の体験版をインストールする事で VRayVolumeGridと同じ物が使えます。レンダリング制限、機能制限はありません。

FumeFX [Maya] 3.5.4 アップデート (Maya 2015 サポート)

Sitni Sati社はautodesk社Maya用のフルイドシミュレーション・プラグイン「FumeFX」の最新アップデート[3.5.4]を公開しました。
Maya 2015 をサポートしました。
このアップデートは既存ユーザーへ無償で提供されます。弊社 FumeFX for Mayaサポートページより今直ぐダウンロードいただけます。

FumeFX[maya] 3.5.4 の変更点

  • Deadline をサポート
  • Maya 2013以降で Viewport 2.0 での表示をサポート (ただしOpenGLのみ!)
  • show in viewportを有効にした場合を除き、シェーダーパラメーターを変更してもプレビューウィンドウのレンダリングが更新されない問題を修正

FumeFX [Maya]の商品詳細はこちらへ

FumeFX, AfterBurn 3dsMax 2015 サポート

Sitni Sati社 FumeFX と AfterBrurn、DreamScape の 3dsMax用プラグインが 3ds Max 2015 をサポートしました。

弊社でご購入いただいたユーザー様は、弊社FumeFX[3dsMax]、AfterBurn サポートページ内より今すぐダウンロードいただけます。
(サポートページのURLはご購入時にメールにてご案内しております。アドレスが不明な場合はご購入時のユーザー情報を添えてsupport@oakcorp.netまでご連絡ください。)

FumeFXの商品紹介ページはこちら

FumeFX for Maya 3.5.3 アップデートが公開


Sitni Sati社は2014年03月15日にautodesk社Maya用のフルイドシミュレーション・プラグイン「FumeFX」の最新アップデート[3.5.3]を公開しました。このアップデートは既存ユーザーへ無償で提供されます。弊社 FumeFX for Mayaサポートページより今直ぐダウンロードいただけます。

2014年3月26日更新

FumeFX [maya] 3.5.3 リリースノート
・MEL/Python によるコントロールをサポート
・V-Ray シェーダーサポート
・mental ray の Camera Depth および 2D Motion Vector Render Pass をサポート

なお、FumeFX V-RayShaderを使用するはV-Ray 2.45 nightliesバージョンという特別バージョンが必要です。(nightliesへのアクセスは弊社サポートまでご相談ください。)

またFumeFX V-RayShaderは別途インストールが必要で、ローカルでのレンダリングは無償でネットワークレンダリング用には別途ライセンスを購入する必要があります。

FumeFX V-RayShader  のレンダリングノードライセンスは販売中です。価格は弊社セールス[sales@oakcorp.net]までお見積りください。

FumeFX [Maya]の商品詳細はこちらへ

FumeFX for 3dsMax 3.5.4 アップデートが公開

Sitni Sati社は2014年03月05日にautodesk社3ds Max用のフルイドシミュレーション・プラグイン「FumeFX」の最新アップデートを公開しました。
このアップデートは既存ユーザーへ無償で提供されます。弊社 FumeFX for 3dsMaxサポートページより今直ぐダウンロードいただけます。

また今回のリリースより 3dsMax 2009 のサポートが終了しました。2010 以降のアップデータのみ公開されています。

FumeFX 3.5.4 for 3dsMax の変更

  • SLモードでRenderWarpのベイクが働かなかった問題を修正
  • Windowsのフォントサイズを大きく設定している場合、FumeFXのUIが崩れる問題を修正
  • mentalrayでレンダリングする場合、シーンスケールが原因で誤ったレンダリング結果になる問題を修正
  • グリッドが空の場合mentralrayがクラッシュする問題を修正

FumeFX for 3dsMax の製品情報はこちらを参照ください

FumeFX for Maya 日本語マニュアル提供開始

お待たせしました、FumeFX for Maya の日本語オンラインマニュアル(リファレンスおよびチュートリアル)が完成しました。
弊社より購入いただいたユーザー様は購入時にお知らせしたFumeFX Mayaサポートページより無償でご覧いただけます。
参考になりましたら幸いです。

FumeFX for Mayaの詳細はこちらへ

FumeFX for 3dsMax 3.5.3 アップデートが公開

Sitni Sati社は2013年10月8日にautodesk社3ds Max用のフルイドシミュレーション・プラグイン「FumeFX」の最新アップデートを公開しました。
このアップデートは既存ユーザーへ無償で提供されます。弊社 FumeFX for 3dsMaxサポートページより今直ぐダウンロードいただけます。

FumeFX 3.5.3 の変更点
==========================
追加: FusionWorks レンダラーにガンマ補正パラメーターを追加
追加: 複数の object/source を選択して有効・無効にする事ができます。
追加: MaxScriptからFumeFXのMXSパスを取得・セットする事ができます。
追加: FumeFX-mr シェーダ – Illumination Map および Multiple Scattering をマルチスレッド化
追加: FumeFX-mr シェーダ – Illumination Map の load/save に対応
追加: プレファレンスに Field3D のzip圧縮オプションを追加
追加: 別売のレンダーマネージャーマネージャー”Deadline”等からFumeFXのシミュレーション状況を取得する事ができます。

修正: ThinkingParticleでパーティクルが消滅するフレームでFumeが一瞬ポップアップする問題を修正
修正: Render Warpのベイク計算中にESCキーを押すと3dsMaxが停止する問題
修正: まれにグリッドが適切に拡大/縮小しないケースを修正
修正: GPUプレビューに関する幾つかの問題を修正
修正: システム単位を変更するとFumeFX-mr シェーダがレンダリングされない問題
修正: 初期状態を使ったシミュレーションでField3Dキャッシュが動作しない問題

FumeFX for 3dsMax の製品情報はこちらを参照ください

1 2 3 4