[V-Ray用ユーティリティ] Mudbox用 VRMESH 出力プラグイン公開

btitle0027

ChaosGroupは MUDBOX から直接VRayネイティブのメッシュ形式(vrmsh)で書き出せるプラグインを公開しました。
ChaosGroupフォーラムのこちらからダウンロードできます

もしくはこちら http://www.spot3d.com/vray/misc/mudbox2vrmesh.rar

現在の所 MUDBOX 2015 および 2016の Windows版のみに対応しています。 Mudboxフォルダ >> Pluginsフォルダに mudbox2vrmesh[バージョン].mp をコピーしてください。
Mudboxのファイル >> 選択を書き出し からvrmesh形式を選択できます。PTexをセットアップしていれば、頂点カラーとしてカラー情報が出力されます。
またレベル1のメッシュを使ってプレビューメッシュを作成する事もできます。
2015/11/18アップデート。プレビュー用のサブディビジョンレベルを選択できるようになっています。

2015-11-18_123906

 

このプラグインは、ディスプレイスメントマップのUVシーム問題を考える事無く、純粋に 1:1 でmudboxのモデルがV-Rayでレンダリングできる点にあります。非常にシンプルです。
現在の所変形メッシュには使用できませんが、ChaosGroupでは VRMESHでサブディビジョンレベルをサポートする方法を模索中です。(将来的にはVRMESHのプレビューメッシュにリグとスキンを適用して、レンダリングはスカルプトソフトの高解像度がそのまま表示されるようにできるかもしれません。)

vrm

※ChaosGroupによるとZBrush用の同じプラグインを作ろうと試みたが、SDKが提供されていない為断念したそうです。ユーザーから「ZBrushでV-Rayを使いたい!」というリクエストをPixologicに送っていただければ将来使えるようになるかもしれません。リクエストお願いします!
[2015年10月9日追加]DaveWortley氏がZBCにリクエストスレッドを立てています。書込みすると力になるでしょう!
http://www.zbrushcentral.com/showthread.php?196522-Request-ZBrush-gt-VRmesh-Format

V-Ray 3.0 for Softimage SP1 をリリース

si30sp1

ChaosGroupは V-Ray for Softimageの最新アップデート 「3.0 SP1」 をリリースしました。
既存のV-Ray 3.0 for SIユーザー様はChaosGroupのアカウントからいますぐダウンロードいただけます。

V-Ray 3.0 for Softimage Build 3.00.06

(*) FastSSS2 マテリアルのMultiple Scatteringに”Raytraced”を追加
(*) V-RayLight(rectangle)でフリッカーが生じる問題を修正
(*) 非表示のemFluidがレンダリングされる問題を修正
(*) ポイントクラウドのインスタンスでクラッシュする問題を修正
(*) ライトリンクが原因で .vrscene を出力してスタンドアローンでレンダリングする場合にエラーが発生する問題を修正
(*) ExtraTexエレメントにpositionテクスチャーをセットした場合のレンダリング時間を改善

V-Ray for Softimage の製品案内はこちらへ

V-Ray 3.0 for Softiamgeのリリース

V-Ray_3.0_for_Softimage_600x338

ChaosGroupは本日より「V-Ray 3.0 for Softimage」の提供開始しました。
V-Ray 3.0 for Softimage は現在V-Ray for Softimageの商用ライセンスをお持ちのすべてのユーザー様は無償でアップグレードが可能となっております。

こちら既存とは別のライセンスへアップグレードいただくため、ライセンスの更新を行いご利用できるようになります。
更新をご希望のユーザー様は弊社サポートページからご提供しております日本語PDFインストールガイドの「ドングルの再プログラミング」の項目をご確認の上、ご購入時のユーザー情報と併せて「context.wbc」を生成頂き弊社サポートメールアドレス(support@oakcorp.net)まで御連絡下さい。

なおV-Ray for Softimageは本v3.0を持って最終バージョンとし、以降はサービスパックの提供のみとなります。

今回追加された新機能

Progressive Image Sampler:プロダクションレンダーでプログレッシブ・パストレーシングを行えます。この強力なアップグレードによりV-Ray3.0ではシーンセットアップのフィードバックが把握がより高速に行えます。

新しいSkin Shader:V-Ray 3.0のVRaySkinMtlが導入されました。アーティストがコントロールしやすくなったこのVRaySkinMtlは、レイヤーリフレクションとSSSを組み込んだ強力なスキンシェーダーです。

Render Mask:レンダーマスクは選択したオブジェクトもしくは指定したマスク部分のみのレンダリングが可能となります。

Deep Imageのサポート:OpenEXR2.0での出力にてDeep Imageをサポートいたしました。NUKE等のコンポジットソフトでのDeep Compositeが可能になります。

emFluid 5のインテグレート:emFluid 5用のボリュームシェーダーが搭載されました。

V-Ray for Softimageの詳細はこちらを参照ください。

なおこちらの無償アップグレード後もV-Ray 3.0 for Maya/3dsMaxへのクロスグレード権利に付きましては消失いたしません。

V-Ray 1.7 for Softimage アップデートをリリース [2015サポート]

ChaosGroupは V-Ray 1.7 for Softimage をリリースしました。既存ユーザーへ無償アップデートです。
今直ぐChaosGroupのアカウントからダウンロードいただけます。

このバージョンでは Softimage 2015をサポートの他いくつか機能の追加および不具合の修正となっています。

V-Ray Softimage 1.7 新機能

  • Softimage 2015をサポート
  • イメージシーケンスをサポート (scene time source)
  • ICEの頂点カラーおよびウェイトマップをサポート
  • “Color to Scalars”シェーダーを実装
  • Softimage標準ライトの Diffuse および Specularオプションをサポート
  • VRayフォルダの場所をカスタマイズできるように VRaySetHelperFolderLocation SI カスタムコマンドを追加
  • ICE user normals をサポート
  • 領域レンダリングで浮動小数点(32bit)カラーをサポート
  • VRayMtlのReflectionに”Affect channels”オプションを追加
  • V-RayExtraTextureレンダーエレメントをサポート
  • VRaySamplerInfoTex”UV coord”のサンプリングタイプを追加
  • マテリアルインポーターはオリジナルマテリアルの名前を保持するようになりました

改良された機能

  • フレーム毎のvrscene出力を自動的ではなく、Pass Options | Archive で数値を設定できるオプションを追加

その他不具合多数…

V-Ray for Softimageの商品説明ページはこちらへ

V-Ray for Softimage 無償クロスグレードのご案内

オートデスク株式会社は 2014年3月5日に “Softimage の最終リリースについてのお知らせ“を掲載しました。

ChaosGroupでは “V-Ray for Softimage” を販売しておりますが、引き続き Softimage 2015 に対応したサービスパックを提供し、Softimage最終バージョンもサポート致します。

なおChaosGroupでは、この発表を受けてソフトウェア移行をお助けする為に特別なサービスを提供する事を決定致しました。

2014年3月6日以前にV-Ray for Softimage(通常版)を購入されたユーザー様は、無償で V-Ray 3.0 for 3dsMax もしくは V-Ray 3.0 for Maya へクロスグレード頂けます。

内容としては “1x V-RaySoftimage”ライセンスは “1x V-Ray3.0 Workstation” + “5x RenderNode” (1GUI,6RN)ライセンスとしてクロスグレードとなります。V-RaySoftimageのライセンスはクロスグレードから6ヶ月後に自動停止となります。

※移行先として “V-Ray 3.0 for 3dsMax” か “V-Ray 3.0 for Maya” のどちらか1つを選択いただく事になります。なお “V-Ray 3.0 for Maya” は 2014年春のリリースを予定しており。正式リリース後にクロスグレードいただけます。

※V-Ray for Softimage 学生版、教員版、教育期間版 は無償クロスグレードは提供されません。
※2014年3月6日以降に “V-Ray for Softimage” を購入された場合、無償クロスグレードは提供されません。ご注意ください。

V-Ray for Softimageの製品情報はこちらへ

V-Ray RT on Softimageのデモビデオ

ChaosGroupがsoftimage上で動くV-Ray RTのデモ・ビデオを公開しました。(ChaosGroupフォーラムの該当スレッド
なお実装は、初期段階でいつ頃提供されるかはまだ未定です。

V-Ray and NUMAワークステーション

V-Ray開発者のVlado氏が現時点(2013年6月)における、レンダリング・ワークステーションを選択する為のアドバイスをChaosGroupフォーラムに掲載しました

——————————————–
最近(2013年6月現在)、レンダリング用のワークステーションとしてマルチCPU NUMA対応マシンを導入したユーザーの報告を良く見るようになりました。(例えば 2x Xeon[NUMA対応]マシン、4x AMD Opteron[NUMA対応]マシン[48or64コア])

しかしながら、これらのマシンは V-Rayのレンダリングマシンとしてベストな選択では無いという事を知っておいてください。

マルチCPU NUMA対応マシンはウェブサーバーやデータベース処理等、同時に大量のプロセスを効率的に処理しなければならないようなケースでは絶大な威力を発揮します。しかしV-Ray+3dsMaxのような単一のアプリケーションから全てのプロセッサーを経由して大量のデータ(メモリ)に同時にアクセス必要がある場合、NUMAシステムの恩恵を殆ど受ける事ができません。

現在の所 NUMAマシンでは、NUMAノード毎に3dsMaxプロセスを複数同時に実行し、各コピーでフレームを計算させた方が効率的です。(もしくはNUMAノード毎にディストリビュートレンダリングのサーバーを複数起動してDRします。※最新のV-Rayには、1つのパソコン内で複数のDR Spawnerを実行できる機能が追加されています。)

なお上記を行なっても、現在は1台のNUMAマシンよりも、複数のUMAマシン(シングルCore i7マシン)で計算した方が良いという結果が出ています。

現在、マルチCPU NUMA対応マシンでV-Rayのレンダリングベンチマークを取ると、シンプルな Core i7 マシンよりも遅い事が判るかもしれません。しかしながら現状では(前述した事以外)殆どやれる事はありません。

高価なワークステーションを導入する前に、このアドバイスが役にたてば幸いです。

※特に4x AMD Opteron[NUMA対応]マシンは殆ど意味が無いとの事。

V-Ray 1.6 for Softimageアップデートリリース


ChaosGroupは、V-Ray 1.6 for Softimageのリリースを発表しました。

このバージョンは、修正と最適化の多くと同様にいくつかの新機能が含まれています。
改良・追加された機能:
  • 分散(ディストリビュート)レンダリングをサポート
  • プロパティのオーバーライド(上書き)をサポート
  • Alembicメッシュのインポートをサポート
  • Enviroment Fogでのギズモ・オブジェクトのサポート
  • Sphereフェードのサポート
  • 新規ノイズテクスチャの追加
  • ICEのサポートを大幅に改良
  • 各種エクスポーターパフォーマンスの改良
  • マテリアルIDを含むMultimatteマテリアルの改良
  • V-Rayプロキシへのマルチクラスタジオメトリのマッピングを改良
V-Ray 1.5 for Softimageをご利用のお客様はChaosGroup公式サイトからログインし、ダウンロードページから最新ビルド(1.6)をダウンロードすることができます。
これらの追加機能につきましては、先に公開されました日本語ドキュメントページに反映されておりますので、そちらも参考にして頂ければと思います。

V-Ray Softimage 日本語マニュアル提供開始

V-Ray v1.5 for Softimage 日本語ドキュメントページ(オンライン版)を掲載しました。
ユーザー様は弊社V-Ray for Softimageサポートページ内でご覧いただけます。

参考になりましたら幸いです。